任天堂は、有料サービス「Nintendo Switch Online」の加入者が利用できる『ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン Nintendo Switch Online』にて、5月20日(水)に4つのゲームタイトルを追加すると発表した。

 『ファミリーコンピュータ&スーパーファミコンNintendo Switch Online』は、ファミリーコンピュータやスーパーファミコンのタイトルをいつでもどこでも遊ぶことができる「Nintendo Switch Online」の加入者特典のひとつである。今回、スーパーファミコン向けのタイトルには『スーパーパンチアウト!!』(1998)と『パネルでポン』(1995)が追加された。

 『スーパーパンチアウト!!』は、任天堂およびコンビニエンスストア大手のローソンが過去に実施していたゲームソフトの書き換えサービス「ニンテンドウパワー」用ソフトとして発売されたボクシングゲームだ。パンチやダッキング、スウェーなど、本格的なボクシングアクションを手軽に楽しめるほか、強烈な威力のスペシャルパンチも発動可能。
 相手の特徴や動きのクセを見極めながら個性豊かな強豪たちを倒し、チャンピオンを目指す作品となっている。

 もうひとつの『パネルでポン』は、隣り合うふたつのパネルを入れ替え、縦か横に3つ以上並べて消していくアクションパズルゲームだ。パネルが消えていく間もほかのパネルを入れ替えられるので、次々とつなげる「アクティブ連鎖」を生み出せるのが特徴。「アクティブ連鎖」を応用すれば「スコアアタック」モードで高得点を狙ったり、コンピューターやプレイヤーとの対戦で大きな「おじゃまパネル」を押し付けることもできる。

(画像は任天堂公式サイト トピックスより)
(画像は任天堂公式サイト トピックスより)

 一方のファミリーコンピュータ向けタイトルでは、テクモ(現在のコーエーテクモゲームス)が開発したアクションゲーム『アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃』(1987)が追加される。円盤状の武器「ディスカーマー」を手に戦う本作では、敵を倒していくことで攻撃力や体力が成長するRPGの要素も含まれている。

 もう一方の『ラフワールド』(1990)は『アトランチスの謎』で知られるサンソフトの横スクロールアクションゲーム。主人公「ジェイ」は、亡き父のかたき討ちとコロニー開発計画「シリウス・プロジェクト」を成功させるために敵地へと乗り込む。

 はじめはハンドガンしか所持していないが、ステージを進めていくことでショットガンやマシンガンなどの武器を入手可能。ただし、ハンドガン以外の武器は「武器エネルギー」を消費してしまうので、敵や状況に合わせた使い分けが必要だ。

(画像は任天堂公式サイト トピックスより)
(画像は任天堂公式サイト トピックスより)

 今回の追加タイトルも遊びごたえのある作品が揃っている。5月20日(水)に追加された際には、ぜひスクリーンショットや動画キャプチャーの機能を利用して感想や体験をTwitter上でシェアしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。

クレジットソースリンク