10日放送『ワイドナショー』での松本人志と古市憲寿

 ナインティナイン岡村隆史がラジオ番組で「コロナが明けたらかわいい人が性風俗嬢やります」などと発言した問題。すっかり“禊は済んだ”的ムードが漂っている。

 5月14日深夜には、問題の発言があった『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)は相方の矢部浩之もレギュラーに復活し『ナインティナインのオールナイトニッポン』にリニューアル。公共放送で子どもにも大人気であるため岡村の降板を求める署名運動が起きていたNHK『チコちゃんに叱られる!』も15日の放送最後に、岡村の発言について「岡村さんは、自身の発言は不適切なもので、多くの人に不快な思いをさせてしまったと深く反省しています」「私たちも皆様からの声を真摯にうけとめ、これからも心から楽しんでいただける番組をお届けしてまいります」などとテロップとナレーションで放送し、お咎めなしとした。

 たしかに岡村は、4月30日深夜『オールナイトニッポン』で生謝罪したのをはじめ、翌週5月8日の放送でも引き続き謝罪。14日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ)でも謝罪の言葉を述べるなど、この間、繰り返し謝罪の言葉を口にしてきた。

 とはいえ、発言直後に本サイトでも指摘したように、今回の岡村の女性蔑視発言の背景には、岡村自身が根本に持っているミソジニー思想やお笑いの世界に根強い男尊女卑体質がある。回数はともかく岡村自身も吉本をはじめとするお笑い界も、問題の根本に十分向き合っているとは言えず、これで終わりにしていい話ではない。結局、この性搾取を当然視する差別は「テレビでは言っちゃいけないこと」になるだけで、そのまま温存されてしまうだろう。

 実際、そのことをあらためて証明したのが、発言から2週間以上経った5月10日放送の『ワイドナショー 』(フジテレビ)と松本人志の姿勢だ。

『ワイドナショー』はコロナの影響でしばらく収録を休止しており、この日は数週間ぶりの放送だったため、岡村発言を番組で扱うのはこの日が初めてとなった。

 放送終盤近くに「芸能人が気になったニュース」というコーナーのなかでのこと。ゲストコメンテーターの古市憲寿が「まあ、気になったけど、あんま取り上げたくないのは岡村さんのニュースですよね。岡村さんの発言、批判するの、すごい簡単じゃないですか。でも一方で、すごい批判もされていて。法律を犯したわけでもないし、具体的な被害者もいない発言を、過剰にみんなが叩くのもどうかなあと思っていて。難しいニュースだと思うんですけど」と切り出したのだ。

岡村のことは一切批判せずに、批判するほうがおかしいという言い草。しかも、「具体的な被害者がいない」って、古市は個人名を出さなければ「差別」というものが成立しないとでも思っているのか。

 まあ、古市の問題は後で語るとして、唖然としたのはそのあとの松本人志の逃げっぷりだった。

レギュラーMCの東野幸治が「松本さんも昔、ラジオ、深夜ラジオやってましたけれども、テレビでの発言とか、ラジオだからの発言とか、いろいろ使い分けていらっしゃいました。どうですか?」と思いっきり話を矮小化して、松本に話を振る。すると、松本は以下のように語ったのだ。

「ただやっぱりね、こう、いまの時代に2時間を、岡村の場合は1人で2時間でしょ? 2時間のラジオ生放送っていうのは、まあリスキーだね、うん。目の前にいるディレクターたちが笑ってたら、やっぱ調子乗っちゃう部分はあると思うね。俺はまあ、そう、やっぱり、イエローカード以上レッドカード未満くらいかなーとは思うんですけど」

「でも、なんか、もう許してやってくれへんか、っていう、あのー、そんなねー、そこまで悪い奴じゃないやん、ね、ね。あのー、悪いことを言う奴がすべてワルモンじゃないから。うん、なんか、そこは、許してやってほしいなーって俺は思いますねー、うん」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

クレジットソースリンク