オタイオーディオ株式会社が運営するOTAIRECORDがELECTRO EXCHANGE 8月30日(日)配信第4弾を開催いたします。
「あなたが世界に向けてどう表現するか?」8月30日(日)、ロンドンと日本をつなぎTakahiko DjTakakiと、渡米してトラックメイクの修行をしメジャー契約を勝ち取ったトラックメイカーの二人に話を聞きます。

【当日の予定】
21:00-22:00【講師:Takahiko DjTakaki氏】

●なぜ日本を離れロンドンを選んだのか?

●Tier 1 Global Talent”を取得するまでの道のり

●どのように海外でDJをするようになったか

●イギリスを中心としたヨーロッパの音楽シーン

・ファシリテーター:OTAIRECORDようすけ管理人(OTAIRECORD CEO)

22:00-23:00【講師:シークレットゲスト】

●渡米してトラックメイクの修行したときの体験談

●日本に戻り大手レーベルやメジャー音楽出版と契約したときの話

●現在のワークについて

*シークレットゲストについては当日発表します。お楽しみに。

・ファシリテーター:青木隆(ELECTRO EXCHANGE)

■Takahiko DjTakaki氏(21-22時)

Takahiko DJ Takakiはロンドンベースの日本人DJ, 音楽プロデューサー。

彼の音楽性と存在は、アンダーグラウンドミュージックの最重要シーンから、世界のトップアートプロジェクトにまで、強い影響を与えている。

2020年、英国文化庁Arts Council Englandによる厳正な審査によってTakahiko DJ Takakiの経歴とポテンシャルが正式に認可され、世界中の限られた極少数の才能豊かなアーティストにのみ発行される特殊英国ビザである、”Tier 1 Global Talent”を取得。これは日本人として史上数例目の取得者となる。また過去には世界最大規模のDJコンテスト「DMC」においても入賞経歴を持つ。

大英帝国勲章(MBE)受賞者のメンバーである音楽プロモーター兼ファッションデザイナーWale Adeyemi氏(Beyonce, Rihanna, Ellie Goulding, Alicia Keys, The Black Eyed Peas,等との仕事でも広く知られる)は、早々に、Takahi DJ Takakiの存在と、音楽性,音楽的世界観、へ非常に高い評価と注目をし、Wale Adeyemi氏は自身が企画したコンピレーションアルバムにTakahiko DJ Takakiの楽曲”f l a s h b a c k”の採用を正式にオファーした。

Takahiko DJ Takakiは2014年FIFA ワールドカップ期間中の公式キャンペーンにも登場した。Panasonic社公式制作による現役ブラジル代表Neymar Jr.選手の公式応援CMである”Neymar Jr. Chant”へ、Takahiko DJ Takakiは映像作品内唯一のパフォーマーとして出演した。このCMの中でTakahiko DJ Takakiは10台のDJターンテーブルを使用したパフォーマンスを披露し、その高いスキルを持ち合わせたDJパフォーマンスが世界中で高く評価された。この映像作品は公開期間中にはYouTube再生回数が130万回を越え、世界中で大きな話題を集めた。またこの映像作品は世界最大級の広告祭、Cannes Lions International Festival of Creativity 2014にエントリーされ、活躍の場をワールドワイドに広げた。

Takahiko DJ Takakiが2017年にロンドンへ移住後に行った初ギグの直後、英国のポピュラーなカルチャー誌の一つ“MyM”は、早々にTakahiko DJ Takakiを特集したインタビュー記事を1ページフル掲載した。

その後、英国の名門雑誌”DJ Mag”が選出した、世界の名門トップナイトクラブランキングである”DJ Mag’s International Top 100 Club Awards”にて34位にランクインされ、同アワードにてBest Large Club賞も獲得した、ロンドンの世界的な老舗巨大ナイトクラブ”Egg Club London”等のロンドンの著名主要クラブでも、唯一日本人DJとしてレジデント枠を獲得しギグを続ける。

後に、ロンドンをベースとしヨーロッパ隣国は元より、欧米やアジア等世界各国で大きな支持を得る世界的著名レコードレーベル”Critical Music”は、Takahiko DJ Takaki氏へ完全公認を託し、本国公認のインバイターとして彼を招聘した。Takahiko DJ Takakiによる総合的なオーガナイズと総合的なディレクションによって、同レーベルと共に日本国内にて初となるジャパンツアーを行った。このツアーは、日英両国の関係者すべての人々から非常に多くの肯定的なフィードバックを受け、各地で満員を収めた。その結果、両国の音楽業界に非常に大きな反響を収めるセンセーショナルなムーブメントとなり、その印象に相応しい大きな成功を収めた。

2019年、英国と世界を代表する博物館である大英博物館 British Museumは、Takahiko DJ Takakiへの直々のパフォーマンスオファーを申し出た。Takahiko DJ Takakiは、大英博物館 British Museum館内17番展示室に展示されている歴史的建造物 Nereid Monument前にて、津軽三味線奏者の一川響氏と共に、David Bowieへの衣装提供でも知られる世界的ファッションデザイナー山本寛斎氏からの衣装提供も受け、パフォーマンスを披露した。DJカルチャーや、エレクトロニック音楽アーティストにフォーカスした視点から、世界を代表する博物館 大英博物館 British Museumが、DJに対し直々にパフォーマンスオファーを出すという事は未だ且つ決して無く、それは世界中で唯一Takahiko DJ Takakiのみに与えられた名誉であり、これは世界のDJ文化的側面から見ても非常に大きな出来事であると言える。

昨今日本国内では世界最大のダンスミュージックの祭典「ULTRA MUSIC FESTIVAL」国内版「ULTRA JAPAN」への出演から、ageHa, WOMB, UNIT, VISION, CONTACT, などの日本国内著名主要クラブへの出演は勿論の事、過去には日本国内最大の野外レイブフェスティバル「METAMORPHOSE」へも出演を果たした。また、日本のクラブシーンを代表する最長のトップパーティーの一つであった”Drum & Bass Sessions”では、Drum & Bass界の伝説的存在の一人であるGOLDIEとも共演を果たし、大きな賞賛を受ける。

また世界的企業”Adobe”社は、製品発表会にてTakahiko DJ Takakiをゲストパフォーマーとして招き、SONY社のノートパソコン”VAIO”協賛のもと、Takahiko DJ Takakiは新製品を使用したオフィシャルプロモーションパフォーマンスを行った。アパレルブランド “LACOSTE L!VE”のLaunch Partyでは、ショーの音楽プロデュース及びメインDJを担当。また世界的なエナジードリンク”Monster Energy”主催による4千人以上を動員したプロモーションイベント”KEN BLOCK’s TOKYO EXPERIENCE”にて、イベントの音楽プロデュース及びメインDJを担当する等、名立たる世界的著名企業からの出演オファーを多数受け、アンダーグラントとオーバーグラウンドの垣根を越えた幅広い活動を行う。

Takahiko DJ Takakiは、他の追随を許さない圧倒的な音楽性や音楽理論、オリジナリティ溢れる音楽世界観と音楽表現、アーティストとしてのvibe、を併有する。そして音楽の理に沿いながら、3台又は4台のデッキ駆使したアートフォームとしてのDJingを行う。厳格且つ上質なアンダーグラウンドミュージックマナーに沿い、Techno, Drum & Bass,を音楽ジャンル表現の主軸とし、2つのジャンル其々で異なる名義での活動を展開する。

絶対的不動の芸術的成果を持ち、名実共に世界の新時代を開拓し、日本を代表するDJ, 音楽プロデューサーである。


クレジットソースリンク