すでにザ・ビートルズ『Magical Mystery Tour』やザ・ビーチ・ボーイズ『Pet Sounds』といった不朽の名盤たちの意匠をダーティー・プロジェクターズ以降のインディ・マナーで再生する大型新人バンドとして新旧音楽ファンの間で話題を呼びつつあるLAのインディー・コレクティヴ=ハロー・フォーエヴァーの1stアルバム『Whatever It Is』が満を持してRough Tradeより世界リリース決定。同作より新曲「Everything Is So Hard」のMVを公開した。

◆ハロー・フォーエヴァー 関連動画&画像


ポップ、ロック、リズム&ブルース、ソウル、ドゥーワップ、ジャズ、ゴスペル、サイケ……輝かしい60年代の音楽レガシーを無垢に受け継ぐ天才シンガー・ソングライター、サミュエル・ジョセフ率いるハロー・フォーエヴァーはニール・ヤング『After the Gold Rush』やキャプテン・ビーフハート『Trout Mask Replica』が生まれた太平洋を高くから望む牧歌的な土地で有名なカリフォルニア州トパンガを拠点に共同生活を送りながら、レコーディングやMVの制作を行う不定型バンドで、2019年に「Some Faith」、「Anywhere Is Everywhere」、「Color in the Sky」と3曲のシングルを発表し、突如音楽シーンに現れた。

2020年には自主制作盤としてデビュー・アルバム『Whatever It Is』を発表し、ザ・ストロークス、アーケード・ファイア、スーパー・ファーリー・アニマルズらを輩出してきた名門Rough Tradeと契約。ワールドワイド・デビュー作として同作に新曲「Everything Is So Hard」と「I’m Feeling It」を追加収録した新装盤が10月2日に発売となる。

なお、日本盤CDには解説および歌詞対訳が封入され、さらに未発表曲「Young and Undecided」と「Anywhere Is Everywhere」のライヴ音源を追加。世界に先駆け、9月25日(金)に先行リリースされる。

『Whatever It Is』

2020年9月25日(金)リリース
Rough Trade / BEAT RECORDS
国内盤CD RT0176CDJP:¥2,200+tax
国内盤特典:ボーナストラック2曲追加収録/解説・歌詞対訳封入

■TRACKLISTING
01. Some Faith
02. Anywhere Is Everywhere
03. Farm on the Mountaintop
04. Colors in the Sky
05. Created for Your Love
06. Rise
07. Natural
08. Get It Right
09. Yeah Like Whatever
10. I Want To Marry You
11. Her Everything
12. Happening
13. Young and Undecided *Bonus Track for Japan
14. Anywhere Is Everywhere (Live) *Bonus Track for Japan
+ Everything Is So Hard *Single (download)
+ I’m Feeling It *Single (download)

◆BEATINK オフィシャルサイト

クレジットソースリンク