McLaren 620R

マクラーレン 620R

 

 

570S GT4直系のロードリーガルマシン

 

マクラーレン・オートモーティブは、2020年7月31日に限定モデル「620R」を日本で初公開した。競技専用に開発された「570S GT4」をベースにしたロードモデルで、“公道走行も可能なGT4マシン”といえる1台。

 

570S GT4はカスタマー・レーシングの世界で数々の好成績を刻んできたレーシングカー。620Rは開発初期の段階から、このGT4マシンに共通する性能を実現するべく鍛え上げられてきた。

 

マクラーレン オートモーティブは、2020年7月31 日に幕張メッセで開幕した「オートモビルカウンシル 2020」で620Rを日本初公開。GT4マシン直系の公道モデルは350台の限定生産となる。

 

スポーツシリーズ最強の620psを発揮

 

シングルピースのカーボンファイバー製「モノセルIIシャシー」に、GT4と同じ「M838TE」3.8リッターV8ツインターボユニットを搭載。レースのレギュレーションに縛られることがないため、ECUやターボチャージャーを改良することで最高出力を620psまで高めている。これは現行スポーツシリーズ最強の数字だ。

 

最大トルクも620Nmを記録しており、0-100km/h加速はわずか2.9秒。最高速度は322km/hに達する。トランスミッションは7速DCT(SSG=シームレス シフト ギヤボックス)を組み合わせた。

 

マクラーレン 620Rのホイールイメージ

32段階にクリック調整できるダンパーやカーボン セラミックのブレーキディスクなど、サーキット走行を念頭に置いて武装した620R。タイヤはフロント19インチ、リヤに20インチを組み合わせる。

 

ダンパーは32段階に調整可能

 

アルミ製ウィッシュボーンを採用した足まわりには、サーキットのコンディションに合わせて32段階のクリック調整が可能な2ウェイ・アジャスタブル・コイルオーバー・モータースポーツダンパーを採用。フレキシブルな調整幅に加え、通常のスポーツシリーズのサスペンションユニット比で6kg以上軽いというメリットもある。

 

ブレーキはフロント390mm、リヤ380mm径のカーボンセラミックディスクに、鍛造アルミニウムキャリパーを装備。サーキット走行を念頭に置き、耐フェード性を重視した構成としている。

 

マクラーレン 620Rのコクピットイメージ

軽量化を重視した620Rのキャビンには、フロアマットはもとより、グローブボックスの類も見当たらない。一方、サーキット走行に不可欠なデータロガーは“標準装備”である。

 

軽量化を徹底し乾燥重量1282kgを実現

 

マクラーレンの流儀に則り、「軽量」と「空力」にも徹底してこだわっている。3段階で調整可能なカーボンファイバー製リヤウイングは、最も立ち上げた状態で最大185kgのダウンフォースを発揮。同じくカーボンファイバー製のボンネットには、2基のノストラル(鼻孔)型エアアウトレットを設置し、ボディ上部の気流を整えるとともに、ダウンフォース量を増やしている。

 

キャビン内でも、シフトパドルやステアリングホイールスポーク、センターコンソールなどをカーボンファイバー仕上げとし、フロアカーペットやグローブボックスも非搭載。公道モデルでありながら、乾燥重量1282kgを実現した。ちなみにエアコンやナビゲーション、オーディオといった快適装備は無償オプションとして用意している。

 

マクラーレン 620Rのボンネットイメージ

エアロブレードやスプリッター、角度調整式リヤウイングなど、空力向上のためのパーツをボディ各部に備える。ボンネット上の空気孔も、ダウンフォース獲得やボディ回りの気流を整えるのに重要な任務を果たす。

 

データロガーも標準装備のひとつ

 

また、サーキット走行の各種データを確認できる「マクラーレン トラック テレメトリー(MTT)」も標準装備。英国での販売価格は25万ポンド(約3462万円)と発表されているが、プロドライバーによるレッスン「ピュア マクラーレン トラック デイ」の参加費もこの中に含まれているという(欧州及びアメリカの顧客向け)。

 

マクラーレン 620Rのリヤイメージ

620Rのボディカラーはオレンジ、ホワイト、ブラックの3色が標準設定。もちろんMSOによるスペシャルカラーを選ぶこともできる。セナ GTRにインスパイアされたデカールカラーリングなども選択可能という。

 

公道へと解き放たれたサーキット直系のマシン、620R。その迫力溢れる勇姿は、2020年8月2日まで幕張メッセで開催中の「オートモビル カウンシル2020」のマクラーレンブースで見ることがでできる。

 

 

PHOTO/平塚直樹(Naoki HIRATSUKA)

 

 

【関連記事】

・マクラーレン 620R デビュー! レーシングマシン 570S GT4の完全公道仕様


クレジットソースリンク