コロナは一体いつ終息するのか、そんな不安をゴールデンウィーク前までは抱えていたのは記憶に新しいが、ゴールデンウィークがあけると、不思議と世の中はコロナ終息ムードが高まりつつあります。どうやら延長はされたものの、今月末までとされる緊急事態宣言という終わりが見え、更に今月中のどこかで解除される地域もあるようで、このまま一気に終息ムードは加速するようです。


感染者
数がグッとさがるゴールデンウィーク明け

さて、終息ムードが高まる原因の一つとしては、やはり感染者数の落ち着きであります。東京都ではGWに入ると突然、感染者数が2桁台に下がり始め、GW明けには30台を切る状況となっております。

これは、検査数が少ないからである、という意見もあるようですが、世の中ではそのような状況よりも「数が減ってきている」という点だけがフォーカスされ、既成事実として「感染者数が減った」と認識されております。

またメディアでも、この落ち着きは「自粛の効果」として報道され、引き続き気を緩めてはならないとはいいつつも、今月いっぱいまで頑張るという、風潮でもあります。

その影響か、ネットでも多くの人が「終息ムード」となっている現状を実感しているようです。

果たしてこのまま本当に終息していくのか、それともむしろ逆に第二波、第三波がおしよせ、未曾有の事態を引き起こすのか。

転売ヤーの数々の温床となった今回のコロナ騒動

仮に検査数をもし抑えられ、発表された数字で世の中が一喜一憂するのであれば、もはや本当にコロナはアンダーコントロールできるのかもしれません。

画像掲載元:写真AC

『画像が見られない場合はこちら』

コロナ終息したな、GW開けで完全に終息ムード高まる


クレジットソースリンク