今回めしについて話をうかがうのは「ジャパニーズバズソー」TAJIRI選手。

www.japanesebuzzsaw.com

 

プロデビューは日本のインディー団体ながら、メキシコ、さらにアメリカに渡り、熱狂的プロレスファンが支持した伝説の団体・ECW(Extreme Championship Wrestling)でバズソーキックとグリーンミストを武器に、たちまち主要レスラーに。

 

 

その後、ECWが崩壊するとWWE(World Wrestling Entertainment、当時WWF=World Wrestling Federation)から声がかかり、世界最高峰の団体で活躍することに。その「怪しい東洋人キャラ」と、たしかなレスリング技術で認知度も高く、WWEが世界100ヶ国以上でテレビ放映されていることから、海外では野茂英雄イチローに負けぬ知名度とも言われるほど。 

 

 

その後、帰国して小川直也高田総統を軸にしたストーリーや、レスラーと芸能人が真っ向から戦う試合がプロレスファンの賛否を招きながらも大ブームを起こしたハッスルに所属。
その後SMASHを立ち上げ、その後WNCWRESTLE-1に所属しながら、新日本プロレスをはじめとした各団体に参戦。現在はフリーとして全日本プロレスを中心に、リング内外で妖しくもハイレベルなプロレスを見せつけています。

 

 

今回のTAJIRI選手インタビューは、2019年2月3日に阿佐ヶ谷ロフトAで書籍版『レスラーめし』発売記念イベントの前に行われたもの。司会にいつもの『メシ通』ライター・大坪ケムタ、それにかつてTAJIRIのコスチュームをインターネット上で本人から買ったというほどのECWマニア・DJ急行を加えて話をうかがいました。

レスラーめし

レスラーめし

  • 作者: 大坪ケムタ
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2019/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

またこの日のトークは、TAJIRI選手曰く「会場に到着する前に3軒飲んできた」というだけあって絶好調。ギリギリどころか完全にアウトな発言だらけ。

イベントだからこそ出来るインタビューになりました。

 

冷蔵庫にあるものを適当に入れたちゃんこ鍋を作ったら……

熊本生まれ、横浜育ちのTAJIRI選手。中学1年生の時、プロレス雑誌『デラックス・プロレス』を読んだのをきっかけにプロレス熱が点火し、本物のレスラーを夢見るように。その第一歩として考えたのは練習、そしてやっぱり「ちゃんこ」でした。

f:id:Meshi2_IB:20190305153135j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:中学のころ、雑誌『ビッグ・レスラー』っていうのを読んでたんですけど、これがもう「こういうのを食えば身体が大きくなる」みたいな、いま思えばウソばっかり書いてあるんですよ! それを信じてインチキなちゃんこ鍋を作って。それで身体がデカくなるんだと思ってましたね。

 

── 「やはりレスラーはちゃんこを食わなきゃ!」と。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:いつも一緒にプロレスごっこをやっていた友達と作って食べてましたよ。作り方がわかんないから、冷蔵庫にあるものをなんでも入れてね。たまたまあった茄子を入れた鍋にしたら、ぜんぶ紫色になっちゃって(笑)。
その後、極真空手とかキックボクシングをやるようになって、プロレスのことは一回忘れちゃうんだけど、大学のときユニバーサルプロレスで浅井さん(ウルティモ・ドラゴン)を見て、やっぱりレスラーになりたい! って思って。その日からまたちゃんこを作りはじめたんですよ。

 

── 形から入るというか、ちゃんこから入るんですね(笑)。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:大学も奨学金をもらってやっと行ってたくらいだから、とにかく金がなかったんですよね。それで、とにかく安い食材でなにかないかってお店を見たら、厚揚げがあって。たんぱく質も摂れるし、1個50円で安い。だから250円出して5個買って、おでんの出汁みたいなもので煮込んで。一緒にビール3本、毎晩飲んでましたね。

 

── ちゃんこっていうか、酒のつまみみたいな気しますけど。じゃあ本物のちゃんこを初めて食べたのは、最初に入団したIWA JAPANですか?

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:IWAは寮がなかったから、ちゃんこを作らなかったんですよ。普通に実家でめし食ってました。ただ最初に食べたちゃんこは覚えてて、IWAでデビューするちょっと前、山梨県に宮川道場って空手の道場があって、そこでデビュー前に田上泰助、あと水前寺狂四郎と合宿してたんですよ。
当時、荒谷さん(荒谷望誉)がエースだったんですけど、相撲出身だったんで相撲流のちゃんこを作ってくれたんですよ。それが生まれてはじめて食った本物のちゃんこ。おいしかったですね! 「本物はちがうわ~」って。

 

── WRESTLE-1の武藤敬司会長に話を聞いた時も「荒谷のちゃんこはうまかった!」とおっしゃってましたね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:イカスミのちゃんことかも作ってくれたんですよね。これがまた、紫色のスープなんですよ。だけど、オレらが昔作った、茄子で作ったちゃんこと違って(笑)、これが本当においしかったんです。
あとその時は地元のおじさんが来たりして、「マムシ捕ってきたから焼いて食え!」って渡されて、それを食べたりしましたね。これもめちゃうまいんですよ。うん、荒谷さんがいた3日間だけはおいしいものを食べた記憶がありますね。

 

外国人レスラーが集う「ビクターマンション」のスゴい話

f:id:Meshi2_IB:20190305160938j:plain

メキシコでのプロレス学校入門、そして帰国後IWA JAPANでプロレスデビューを果たしたTAJIRI青年。その後、2度目のメキシコ修行を挟んで大日本プロレス入団と、90年代に誕生したインディー団体で下積みを重ねることに。

当時の仲間は、現在でも活躍している選手も多く、非常に濃い人物たちとの出会いがありました。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:IWAに入った時は「プロレスをやる以上は他の仕事はしたくない」って思って、IWAのオフィスでバイトしてたんですよ。チケットに「東側◯◯列」ってスタンプを押したり、宣伝カーに乗って宣伝したり、外国人を空港まで向かえに行ったり……ぜんぶやってました。当時の僕のギャラがぶっちゃけ1試合7,000円だったんですけど、試合は月に10試合もないから1ヵ月の収入は5万円くらいでしたね。

 

── 実家暮らしとはいえ、キツイですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:だけど、ビクター・キニョネス(※90年代、悪役マネージャー/ブッカーとして活躍。多くの日本人レスラーの海外進出に力を貸した)が優しくて、たまに2万円くらい小遣いをくれたりするんです。

 

── 「ビクター・キニョネスいいひと説」はよく聞きますね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:ビクターがいなければ、ぼくはレスラーになれなかったです。いちばんの恩人ですね。ビクターは池袋に「ビクターマンション」っていわれてる部屋を借りてて、よく鍋の中にケチャップとタバスコとトマトを入れて、そこに鶏肉と野菜をぶち込んだ料理を作ってたんですよ。それを作るたびに、いろんなやつに電話するんです。ヘッドハンターズとか、クリプト・キーパーとかアイスマンとか、あの辺の外国人選手が集まってくるんです。

 

── すごい。まさに「怪物マンション」ですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:すっごい狭い路地の奥にあるマンションなんですけど、そこを通って皆やってくるんですよね。そこに集まって、ガツガツめし食って。ビクターは日本に3ヵ月いて1ヵ月帰国するっていうペースで生活してたんですけど、いない間はみんなにマンションの鍵を渡すんですよ。「お前ら、勝手にラブホテルとして使っていいから」って(笑)。おれは使わなかったけど……

 

── いろんな意味で親分的な信頼感があったんですね。

 

グレート小鹿会長の「うめえちゃんこ鍋の食い方」

f:id:Meshi2_IB:20190306111504j:plain

── TAJIRI選手はIWA JAPANの後、大日本プロレスに所属されますよね。そこで初めて道場でちゃんこを食べたり、寮生活といった新弟子らしい生活になるんですか?

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:寮っていうか、ただ皆で雑魚寝してるだけなんですけど。狭い部屋にまとめて14人くらい住んでたかな? とにかくプライベートのスペースが欲しいっていうんで、紐をかけて、そこにポスターを吊るして敷居を作ったんですよ。
部屋中にポスターを100枚くらい吊るしたんじゃないかな。でも小鹿さん(グレート小鹿。現・大日本プロレス会長)の顔がいっぱい写ってるポスターだったから、それがホントに嫌で(笑)。表の方を自分以外に向けあったりしてね。

 

── ワハハハ! 大日本ではちゃんこを食べてたんですか。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:大日本の道場で最初にちゃんこを食った日はよく覚えてますね。ちゃんこの時間になったら、小鹿さんがいて(小鹿会長のモノマネで)「タズリ! オメエちゃんこ食ったことねえんだろ? ウメえちゃんこの食い方、教えてやっから!」って言われて。それで「山川(山川竜司)! メシ注げ!」って言って、山川が持ってきたご飯の上にちゃんこをどぼどぼーってかけて。それがなんかもう、猫のエサみたいなビジュアルで……。

 

── もう、びちゃびちゃのご飯を

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:もともと子供のころから、ごはんを汚して食うのが大っ嫌いだったんですよ。そういうの気にすると、めしがうまくないじゃないですか。だからご飯があんまり好きじゃなかったくらい。

 

── その性格で「ちゃんこかけめし」はキツイですねえ。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:そうなんです。「うわ、気持ちわるい!」って思ったけど、小鹿さんから「これがウメエんだ、この野郎! 食え!」って言われて。そんなの早く済ませて、ちゃんとしたちゃんこが食いたいじゃないですか。しかもまわりを見たら、オレしか食ってないんですよ(笑)。みんなご飯とちゃんこを分けて食ってるし。やっとそれを食い終わって、これでまともなご飯が食える……と思ってたら、小鹿さんが「おぉ、いいね! もういっぱい行くがァ?」って(笑)。もう、ガッカリでしたね。

 

── そのちゃんこはおいしかったんですか?

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:小鹿さんが作ったちゃんこだったので、まあ……そこそこな感じでした(笑)。ちゃんこを作るのが上手かったのは、アブドーラ小林。とにかく手際がいいんですよ。それに、量もすっごい食べる。道場の近くに牛丼屋さんがあって、めんどくさいときはそこで食べてたんですけど、そこで洗面器みたいな器に牛丼を入れて「10分以内に食べたら無料、食べられなかったら5,000円」みたいなことをやってたんですよ。それでぼくと小林、あと本間朋晃と行ったんです。

 

── プロレスラーとしては負けられないですよね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:小林は卵を8つ頼んで、それをバババッと入れてグッチャグチャにかき混ぜて、スプーンでかきこんで5分くらいで食べちゃったんですよ。ただ本間が食べきれなくて、最後あとふた口くらいのところでウワーッと吐いちゃって(笑)。でも「これ食べないと5,000円ですよ」って言われたら、それ全部飲んじゃったという。

 

── うえええ……でも、どっちも凄いです(笑)。

 

メキシコでの修行時代、1試合のギャラが300円だったことも

f:id:Meshi2_IB:20190306111539j:plain

TAJIRI選手にとってメキシコはいろんなターニングポイントになった国です。プロレスを最初に学んだ地であり、ECWから声がかかったのもメキシコでの試合参戦中でした。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:メキシコに最初に行ったのは19歳から20歳の大学2年生の春休みのとき。60万円貯金して、プロレスラーになる下地を作るために行ったんです。

 

── これまでのレスラーめしインタビューでも、いろんな選手からメキシコ話は出てくるんですけど、TAJIRI選手が行った頃はどんな雰囲気でした?

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:今はだいぶ綺麗になってますけど、その頃は衛生面でもなんでも酷かったです。食べもので下痢しちゃって、日本に帰らないと治らないなんてこともあったし。タクシーに乗ったら、床に30センチ四方くらいの大穴が空いてて「落ちるなよ!」って言われながら乗ったりすることも普通でしたよ。

 

── メキシコで食べるものといえばタコス、ってイメージですけど。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:はい、やっぱりタコスしかないんですよ。日本食のレストランなんて、高かったですからね。だからタコスを食うしかなかったです。5個くらい入ってるタコスが1ドル(※当時で100円ぐらい)で、毎日そればっかり食べてました。最初はビジャノ1号が教えているジムに通ったんですけど、そこで死ぬほど稽古させられて、練習に耐えてクッタクタになって家に戻ってきて、「今日は自分にご褒美だ!」ってタコスを40個くらい買って食べてました。

 

── いいものを食べるんじゃなくて、量が多いだけという。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:あとは「トルタ」っていうメキシコのサンドイッチがあってね。豚肉を揚げたやつとか、エビとかをパンに挟んだやつ。それをよく買って会場入りしてましたね。これがチーズだけ挟んだのが100円で、いろいろ入っているのが300円くらい。

 

── ちなみにメキシコの試合のギャラってどんなもんなんですか?

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:メキシコで試合して一番良かったギャラは1万円。「パラシオ・デ・ロス・デポルテス」っていうメキシコの日本武道館みたいなところで、相手はネグロ・カサススコルピオJr.、ぼくがマグナムTOKYOと組んで、 テレビ中継もされるようなすごい興行だったんだけど、それで1万円。ただ、それからどんどんメキシコの景気が悪くなっていって、毎週水曜日に試合をやっているサーカス小屋があったんですけど、最後にやった試合はそこでアトランティスウルトラマンJr.、あとフィッシュマンと戦ってギャラが300円。アトランティスでも800円くらいしかもらってませんでしたね。

 

── そのメンバーで300円!

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:しかも地下鉄で会場まで行くんだけど、安いっていっても往復100円かかるから、手もとには200円くらいしか残らないんですよ。それでもう貯金が3万円しか残ってなくて、住んでたアパートの家賃が2万2千円。日本から持ってきた食料も食いつぶして、本当にこれはもう、来月からどうしようか……って思ってたところにECWから「ウチで試合しないか?」って声がかかったんです。

 

── 絶好のタイミングですね!

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:それでアメリカに行ってECWで試合をしたら、1試合だけでメキシコの3ヵ月か4ヵ月分のギャラをもらったんですよ。それにビックリしちゃって、メキシコに戻ってきてからは日本食屋で食いまくりましたね(笑)。ざるそばを3つ食いましたよ、ひとつ800円くらいのやつを。そのときは「これからのオレは違うぞ!」って気分でしたね。

 

ECWでスタートしたアメリカ生活で、自由を謳歌した

f:id:Meshi2_IB:20190306112026j:plain

ECWをきっかけにアメリカのプロレス界の階段を上がっていくTAJIRI選手。

その第一歩となるECWはハードコアマッチをはじめジャパニーズスタイル、ルチャリブレ、なんでもありのプロレス団体。とにかく個性の塊のような選手が揃っていました。

そこでのメキシコからの盟友スペル・クレイジー選手との抗争をきっかけに、TAJIRI選手はアメリカで大ブレイクします。

 

── メキシコでの主食はタコスでしたけど、やっぱりアメリカでの食生活は変わりましたか。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:フィラデルフィアに住み始めたんですけど、とにかくいろんな食い物があるんです。スーパーに行ったら牛肉からなにから、もうなんでも売ってる。メキシコとは大違いですよ。

 

── やはり豊かさが段違いですか。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:ECW時代はスペル・クレイジーとふたりで住んでたんですけど、 クレイジーが全然めしを作らないんです(笑)。よく朝にパンを買ってきて、ふたつに切ってスライスチーズをのっけて、レタスのっけて、目玉焼きと焼いた牛肉をのせたサンドイッチみたいなのを作って食べてましたね。あとクレイジーも日本での生活が長かったから、「カレー食いたい」って言いだして。近くの韓国食材店に行って、そこで買ってきた材料でカレーを作ったりしてね。

 

── 食材があると張り切って料理するようになるもんですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:あとアメリカってテールが安いんですよ。でっかいパックに10個ぐらい入って、驚くぐらい安い。当時FMWとECWが提携していて、田中さん(田中将斗)と金村さん(金村キンタロー)と邪道さん・外道さんが来たんですよ。それで金村さんって料理がすげー上手いんですけど、スーパーでテールを見たら興奮しちゃって。彼に作ってもらったテールスープがめちゃめちゃうまかったのを覚えてますね。みんなが帰ったあとも、しばらく真似て作ってました。

 

── アメリカではお酒は飲んでたんですか?

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:メキシコって洋酒が高くて、なかなか買えないんですよ。アメリカに行ったら安くて珍しいもんだから、クレイジーと「飲もうぜ!」って、ある時ウォッカを買ってきたんです。ウォッカって「飲み過ぎると膝が抜ける」って噂を聞いたんです。それで「本当かどうかやってみようぜ!」ってふたりでウォッカのデカいのを買ってきて一本空けたら、本当に立ち上がった瞬間、カクンカクンと膝が抜けましたね(笑)。

 

── クレイジーとは試合以外でもウマが合ったんですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:そうですねえ。アメリカに入ったばっかりで嬉しくて、メキシコじゃ出来ないこといろいろやろうとしたんですよ。アメリカの薬局って睡眠薬を売ってるんですよね。時差ボケ対策にそれを買ってきて、1個飲んだんだけど効かなくて「効かねーじゃねーか! もっと飲もうぜ!」ってもう1個飲んでみたけど、やっぱりぜんぜん効かない。それで5個ぐらいまとめて飲んだら急に効いちゃって、3日間くらい起きられなくなったこともありましたね(笑)。

 

── あとECWで酒……というかビールといえば、試合中も飲んでいるサンドマン選手。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:本当にあのまんまで、ず~っと酒飲んでましたね。 

 

 

かつての「茄子鍋」や「厚揚げ鍋」がWWEで「アンコウ鍋」に

f:id:Meshi2_IB:20190306111607j:plain

ECWは最初東海岸のみのTV放送だったのが全米放送となるなど大成功を収めますが、徐々に給料の遅配などが起こりだし、ついには活動停止の日を迎えることになります。

愛着ある団体の最後を見届けたあと、TAJIRI選手は以前から招かれていたWWEへと入団を決意します。

 

── ECWの崩壊からWWEに入団して、アメリカのプロレスの世界にどっぷり浸かっていくわけですが、これまでアメリカで試合した選手がみんな閉口してるのが「本当にアメリカは肉ばっかりで飽きる」ってことなんですよね。TAJIRI選手は約7年近くアメリカで試合をし続けたわけですけど、正直めしは飽きなかったですか?

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:だから僕はWWE時代は醤油とワサビを常に持ち歩いてましたね。そしたらよくアメリカ人から「くれ」って言われました。特にクリス・ベノワさんとジャイアント・バーナード

 

── 特にクリス・ベノワは日本生活が長いですからね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:べノワさんなんて、自分が日本に帰るっていうと、よく 「ついでにふりかけ買ってきて!」って頼んできましたね(笑)。ベノワさんは本当に日本の味が好きでしたよ。地方に行った時とか、日本料理の店があるよって言うとすぐ「行こう!」って言ってきました。

 

── メキシコ時代に比べると、ちょっといい食事にもすぐ行けるようになった。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:でも、アメリカって行ったことある人はわかると思うんですけど、どこの町に行っても同じファーストフード店しかないから、そこで食うしかないんですよ。だから食に関してはぜんぜん面白くない。
しかもWWEの選手は節制しているから、赤身肉しか食わないんですよ。だからみんなアウトバック(ステーキハウス)ばっかり入ってる。「1日3食アウトバックステーキ」なんてのもありましたよ。それかワッフルハウスで T ボーンステーキを食べたり……。食に関して、あまり選択肢がないんですね。

 

── ステーキかハンバーガーか、って感じですか。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:アメリカって薄切りの肉が売ってないから、中邑選手(中邑真輔)が肉を薄切りにできる機械を日本から取り寄せて、それでしゃぶしゃぶを作ってましたよ。嬉しそうに「TAJIRIさんこれ見て!」って、その写真を見せてきてね(笑)。

 

── 日本だと普通のスーパーで売ってるようなしゃぶしゃぶ肉で喜んじゃうと。でも、メキシコの時みたいにお金がなくて困ることはなさそうですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:そうですね。だって、試合しようとしまいと……(以下、しばらくWWEのリアルなギャラ話)。

 

── いやー、そんなにもらえるなら「来ない?」って言われたらシッポ振って行きますよね(笑)。でも、そうなると金銭感覚がちょっと変わってくるんじゃないですか?

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:変わるやつもいれば変わらない奴もいる。ジョン・シナとは仲良くて、よく一緒に移動してたけど、その辺がすごくまともな奴で、ずっとブリトーばかり食ってましたからね。彼、3ドルのブリトーが大好きで(笑)。人気者になってからもぜんぜん変わらなくてね。
フィラデルフィア には「チーズステーク」って名物があって、パンに薄い牛肉とチーズ、あと玉ねぎが乗っかっただけのやつなんですけど、それがうまくて! 有名な店にジノスってところがあって、WWEがフィラデルフィアに行ってからジョンと行きましたね。

 

── そういう店に行っちゃうのがジョン・シナ。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:そこが、店に来た有名人の写真をいっぱい飾ってあるような店なんですけど、ふたりで行ったら「ジョン・シナが来た!」って大騒ぎになって。でも俺は「横に変なやつがいるぞ?」って扱いで(笑)。今でもジョンが大きく写って、横に俺の膝だけちょこんと写ってる写真が店に飾ってあるはずだよ。

 

── TAJIRI選手がそんな扱いなんて……。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:ほんと食事には楽しみがないから、買いものに走るやつが多いですね。女子レスラーは巡業に使うガラガラのカバン(スーツケース)を次々と変えていったり。それに週に2日しか帰れないから、家での楽しみもないですし。

 

── 自分のなかで娯楽を見つけないとストレスが溜まりそうですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:だから、食の楽しみも見つけなきゃなって思って、WWEに移ってからは家をロサンゼルスに移したんです。そこで日本人の友達がいっぱい出来たので、家に帰ったらスーパーでアンコウを買ってきて、アンコウ鍋を作ったりしてましたね。

 

── かつての茄子鍋とか厚揚げ鍋が、小鹿さんの鍋を経てアンコウ鍋まで行ったのだから、頂点を極めた感ありますね(笑)。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:でも2〜3年前にひさびさにロスに行ったとき、当時よく行ってたスーパーを見つけて、「懐かしいな~」なんて感じで魚コーナーを見に行ったら、魚の目が腐ってて(笑)。「ああ俺たち、昔はこれで喜んでたんだな」って思いましたよ。

 

プロレスが下手でも、可愛ければ売れるんですよ

f:id:Meshi2_IB:20190306111758j:plain

2005年にWWEを退団したTAJIRI選手は日本を新たな戦いの場にすることに。

国内ほとんどの大手団体からオファーが来るなか、団体のプロデュースも含めて認めてくれた唯一の団体が、ハッスルでした。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:ハッスルはバブルな団体でしたね。PRIDEが母体だったから、金があり余ってたんでしょう。週に1回、誰かから「今からみんなで飲むから来い! タクシーでいいから来い!」って電話があって、それを経費で払ってくれるような、そういうどうしようもない団体でしたね(笑)。

 

── 当時のPRIDEの勢いは凄かったですからね。しかも高田総統(高田延彦)に天龍源一郎、川田利明と、お酒が強そうなメンツ揃いです。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:いちどハッスルが浜松で開催されて、台風で帰りの新幹線が動かなくなったことがあったんですよ。そしたら高田さんが「酒持ってこい!」って言いだしてね。それで新幹線の車内販売のお酒をぜんぶ飲み尽くしちゃったこともありましたね。

 

── さすが総統!

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:新幹線が静岡駅に止まって、KUSHIDAバンザイチエに「お前ら、金やるからキヨスクの酒、全部買ってこい」って言って、買ってきた酒をまた全部飲んじゃったりして。結局深夜3時頃に品川着いたんですけど、そのころ坂田さん(坂田亘)が「わたる」って店をやってたから、そこに行ってまた5時まで飲んだり……ホント、ハッスルは酒びたりでした! でも楽しかった!

 

── そしてそのハッスルからデビューしたTAJIRI選手の愛弟子が、KUSHIDA選手。先日、新日本プロレスを退団し、アメリカでのメジャー参戦が噂されています。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:クッシー(KUSHIDA)はねえ、すごいんですよ! 新人のころからそうなんですけど、飲みに行っても絶対に金を出さない! 財布を出すそぶりすらしないんですよ、クッシーは。

 

── なにがすごいかと思ったら(笑)。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:まあクッシーとはよく飲みましたよ、五反田で。新日本を退団する前も一緒に飲んだんですけど、「KUSHIDAさん、もしよかったらWWEでカバン持ちいらないですか? お茶くみもしますよ」って言ったら、「まあ考えとくよ」とか本気で言ってきてね。バカだなーって(笑)。

 

── でも、その師弟タッグ、見たいですよ! 正直、TAJIRI選手からみて弟子のKUSHIDA選手はアメリカで成功すると思いますか?

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:うーん、うーん……クッシーは顔が憎たらしいからな! でもアイツ、なんだかんだ自分のやりたいことを全部叶えてるから、多分うまくいくと思うんですよね。成功するのに、プロレスのスタイルとか関係ないですよ。結局、「個人が可愛いか、キャラが可愛いかどうか」ですよ。それだけ! プロレスって。

 

── 「可愛いかどうか」ですか。

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:可愛ければ売れます。可愛くなければ売れません。ファンからも裏方からもみんなから好かれれば売れます。プロレスの上手い下手、な〜んにも関係ないです。プロレスが下手でも、可愛ければ売れるんですよ。

── なるほど(笑)。

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:結局キャラクタービジネスですから。でも、可愛いキャラを作るのは本当に難しい。日本のプロレス界にキティちゃんみたいな、世界に通用する可愛いキャラがいますか? ……でもね、俺は可愛いから売れたんですよ! ヒヒヒヒ!

 

── TAJIRI選手のアメリカでの成功の理由は「可愛いから」! これは新説いただきました!

 

f:id:Meshi2_IB:20190305153355p:plainTAJIRI:だってステファニー・マクマホンから「You are cute」って言われたことありますからね。その時はエヘヘへって猿みたいに笑ったけどさ。僕ちゃんが一番、可愛いんですよ!

 

f:id:Meshi2_IB:20190306111739j:plain

トークのキレは最後まで衰えないどころか、自ら「もっと話そうよ!」と延長戦まで及んだTAJIRI選手公開インタビュー。ここで書けなかった話は、会場に来たお客さんだけの秘密ということで……。

 

しかし、最後に出た「レスラーは可愛ければ売れる」という言葉には納得させられます。やはり世界の頂点を見てきた男の言葉には説得力があります。

たしかにデビュー時はゴツいイメージだったレスラーが、ある日突然可愛く見えてきて、そこからブレイクするということがよくあります。

そして、このTAJIRI選手がなんだか可愛く見えてくる感じ……もしかしたら知らないうちに私たちも、彼の「毒霧」にヤラれてるのかもしれません(?)。

 

インタビュー撮影:渡邊浩行

 

TAJIRI選手の
オリジナルプロマイドプレゼント!

f:id:Meshi2_IB:20190305152336j:plain

TAJIRI選手のオリジナルプロマイドを、抽選で5名様へプレゼントいたします!

プレゼント内容

  • オリジナルプロマイド:5名様

応募方法

  1. 『メシ通』公式Twitterアカウント(@mesitsu)をフォローする(すでにフォローしている場合も対象)
  2. 指定ツイート(下記参照)をRTする

応募期間

4月9日(火)~4月12日(金)23:59まで

指定ツイート

※キャンペーンについてその他詳細はこちらをご確認ください。

書いた人:大坪ケムタ

大坪ケムタ

アイドル・グルメ・芸能etcよろず請け負うフリーライター。メシ通での好評連載『レスラーめし』(ワニブックス・刊)が書籍版のみの追加エピソード、小林邦昭☓獣神サンダー・ライガー対談も特別掲載して絶賛発売中!

過去記事も読む


クレジットソースリンク