世界中のアーケードオーナーがコミュニティを守るために閉店した。― 今では常連客が生き残るための最大の希望となっている。

 新型コロナウイルスの影響は誰もが感じている。我々の生活への本当の脅威は,スケジュールや働き方を大幅に変更することを余儀なくされ,将来の見通しを曇らせていることだ。最悪の影響を受けるのは中小企業の経営者であり,その生計は現在隔離されて生活している人々に依存している。ゲーム業界は大部分がリモートで仕事をできるが,世界中のゲームセンターのオーナーにはそのような贅沢はない。

 これらのレンガとモルタルのビジネスは,最高のときでも大きく利益を上げておらず,長年にわたってゆっくりと衰退してきた。アーケードにあるゲームの大半は家庭用ゲーム機に移植されており,モバイルゲームも急増している。ゲームセンターは荒れ果てた状況にあり,世界的な健康危機によって好奇心旺盛な顧客が遠ざかり,常連客の商売が途絶えてしまうことは,ゲームセンターにとっては避けたいことだった。

 我々は世界各地のゲームセンターのオーナーに話を聞き,この状況が彼らのビジネスにとってどれほど悲惨なものなのか,そして楽観的な見方ができるのかどうかを確認してみた。

イギリス: Heart of Gaming

 イギリスについて言えば,クロイドンのHeart of Gamingよりも良い選択肢はないだろう。
 アーケード時代の見事な一例であり,この国では最後のゲーセンの1つとなった。英国は,最初に危機に群れの免疫応答をターゲットにしていたにもかかわらず,最終的には自宅に滞在するように促して国民に広くアドバイスを発行した。Heart of Gamingのような中小企業は,政府からの財政支援を申請できるが,全国的に孤立しているこの期間中,閉鎖されたままになる。

 「すべてのアーケードは閉じているか,または苦難に苦しんでいるかのどちらかです」とHeart of Gamingの所有者Mark Starkey氏は語る。「何が来るかは明らかだったので,ロックダウンの1週間前に閉店することを選択しました。厳しいですが,ビジネスは常にそういうものです」

「この経験から何かを得て。自分自身を向上させる必要があります」-Mark Starkey氏,Heart of Gaming

 ロックダウンは3月13日に始まったが,英国政府はまだ具体的な終了日を定めておらず,終わりは見えない。これらの異常な状況は,最終的に閉鎖が終了した後の数週間の間に,Starkey氏は顧客の心を安心させることができるような今後の変化を考えることを余儀なくされている。このような状況下では,人々はまだアーケードのような混雑した場所に行くことを躊躇してしまうだろう。

 「アーケードのような混雑した場所に行くのを躊躇している人々がまだいるであろう数週間後,ロックダウンが終了したあとの数週間は,顧客の心を安心させることができるでしょう」と氏は語る。「機械や周辺機器は,開店時間中と開店外の両方で除菌の手順が増えるんです。手指消毒剤は,会場内の至るところに設置されたディスペンサーから入手できます。楽しんでいるときには,安心感を持つことが大切です」

 ゲーム業界全体が苦戦しながらも成長を続けてきたHeart of GamingもCOVID-19の影響で成長は止まってしまったが,これが終われば,改善された部分はあっても,今までどおりの生活が送れると前向きに考えている。

 「前にも言ったように,人生とは発展と適応のことです。この経験から何かを得て,より良いものにしていく必要があります」

パキスタン:Maniax Gaming Hub

アーケード vs COVID-19。コミュニティが中小企業を救う方法

 パキスタンのアーケード産業は決して大規模なものではない。パキスタンでは何時間もの停電に見舞われており,恒常的に電源に依存している業界にとっては天敵となっている。昨年12月にアウトラインの取材に応じた,Maniax Gaming HubアーケードのオーナーであるZammin Abbas氏は,昨年の開業当時のアーケードシーンの悲惨な状況についてこう語っている。

 「人々は私をバカだと言いました」と氏は語る。「私の家族は,息子よ,この愚かさは何だと言っていしたた。今では,アラーに栄光あれ! パキスタン最大のゲーセンになりました」

 ラホールにあるアーケードのオーナーとしてAbbas氏が直面する独特な障壁にもかかわらず,Maniax Gaming Hubは着実にビジネスを成長させていた。しかし,パンデミックの影響で全国的にロックダウンが発動しているため,すでに困難だった繁栄のための苦闘はさらに大きな課題となっている。

 Abbas氏によると,Maniax Gaming Hubは「いつも地獄のような忙しさ」だったという。このアーケードは,EVO 2019の鉄拳7のチャンピオンになったArslan Ash氏など,パキスタンのトッププレイヤーの練習場としてよく知られており,そのような存在として,国の競争シーンの中心となっている。しかし,パキスタンが3月に全国的なロックダウンを課したとき,これは突然停止した。

 「ロックダウンのせいで仕事がありません」とAbbas氏は語る。

 困った状況にもかかわらず,Abbas氏は自分の店の将来に前向きで,「この期間が終われば,人々の心には何も残りません」と冗談を言った。「この期間さえ終われば,人々は狂犬のように戻ってくるでしょう」

アメリカ: Arcade UFO

 アーケードの少ない州から豊富な州までいろいろあるアメリカ。ここには,2 種類のアーケードがある:このパンデミックの罰金から出てくる可能性が高いDave & Bustersのような巨大な全国的なビジネスの店,地元の人々 と熱心な常連の小さな消費者ベースに依存している小さな地域のアーケードだ。

 テキサス州オースティンのArcade UFOは,これらの中小企業の1つであり,オーナーのMatt Laux氏は,政府の給与保護プログラムに希望をつないでいる。このプログラムは国内の多くの人にとって命綱であり,企業が労働者の給料と電気を維持することを可能にしている。

「我々は忠実なファン層を持っており,正直なところ,我々は他のどこでも得ることができないあなただけの経験を提供しています」-Mark Laux氏, Arcade UFO

 「アメリカ政府の給与保護計画を申請したので,誰も解雇する必要はありません」と氏は語る。「間違いなく今の状況を乗り切れると思っています」

 しかし,この給料保護融資は先着順で行われていたため,アーケードUFOは金銭的なトラブルからは無事だったが,誰もがそうとは限らない。アメリカではアーケードはゆっくりと,しかし確実に閉鎖されている。昨年9月には,カリフォルニアと全国の多くの人々に愛されていた Super Arcadeが閉鎖された。

 Heart of GamingやManiax Gaming Hubのように,Arcade UFOにもそれに依存している常連のコアな消費者ベースがある。その常連の健康が危険にさらされているため,公式なロックダウンがコミュニティ内での検疫のアイデアを促進するために配置された前に,Laux氏は店を閉じている。常連客がいる限り,MattはArcade UFOが心配することは何もないと確信している。

 「我々には忠実なファンがいて,正直言って,他では得られない体験を提供しています」と氏は語る。「ここのコミュニティは家族のようなもので,何かがそれを奪うようなことはないと思っています」

日本:ゲームニュートン

 パンデミックの影響を受けてアーケードがどれほどきついことになっているのかを知るために最後に見るべき場所があるとすれば,それは日本だ。日本には大小さまざまなアーケードの膨大なコレクションがあり,世界の他のアーケードがそのルーツとなっている。ここで私が発見したのは,日本政府の怠慢な対応の結果,中小企業の経営者が苦しんでいるということだ。

 日本のロックダウンは要求ではなく,要請である。つまり,ここでは多くの企業がリスクにもかかわらず営業を続けているということだ。中小企業向けの融資は5月8日から利用できるようになったが,3月に入ってから収入がない人たちにとっては遅すぎた。中小企業の経営者は,収入を維持するか,社員や顧客の健康を維持するかの選択を迫られている。

 ゲームニュートンを2店舗運営し,人材派遣事業を行いつつ,全国でゲームイベントを多数開催しているユニバーサルグラビティーの松田泰明氏に話を聞いてみた。

 「ほぼすべての事業が経済的に大きな影響を受けています」と松田氏は語る。「ゲームセンター2店舗が単独で閉店しました。イベントやスタッフの派遣については,要請された仕事はすべてキャンセルまたは6月末まで延期しています」

 ユニバーサルグラビティーのすべての仕事が保留になっている中,松田氏はゲームニュートンのTwitchチャンネルを通じてコミュニティに支援を求めている。このルートは日本の多くのゲームセンターが採用しているもので,ゲームセンターミカドやビッグワンなどがオンラインでファンに支援を呼びかけている。松田氏にとっては,国内外からの支援がゲームニュートンが直面しているプレッシャーを和らげてくれたという。

 「まだ支援を求めているところですが,大きな反響と協力をいただき,とても嬉しく思っています」と松田氏は語る。「ゲームニュートンとユニバーサルグラビティーは間違いなく存在し続けますので,皆様のご支援に感謝しています」

 これらのアーケードには共通して何があるのだろうか? 1つには,公式のロックダウンが発令される前に,それぞれの所有者が,それぞれの周りに形成されたコミュニティの健康を危険にさらすことを不本意に思い,彼らのビジネスを閉鎖したことだ。これらの忠実な常連客は,彼らのビジネスの将来についての楽観論の源となっている。

 ゲームセンター業界は時間の経過とともに縮小しており,今後数年の間に消滅し続けるだろう。しかし,新型コロナウイルスがそれを殺すことはないだろう。それらの周りに構築されたコミュニティが存在する限り,そうはならない。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら)


クレジット
ソースリンク