ビジネスマナーには、誰もが知っている常識的なものから、「えっ、そんなものがあったの!?」というような驚きのもの、さらには「今どきどうなの?」という時代遅れなものまで、さまざまなマナーが存在する。そこで『プレジデント ウーマン』編集部では、働く男女にアンケートを実施。マナーに対する考え方から具体的な体験談までを詳しくリサーチしたその結果とは――。


写真=iStock.com/Rawpixel

※写真はイメージです


「マナーはあったほうがいい」と考える人が多数


「マナーの話題は炎上しやすい」といわれる。なぜかと考えてみると、それは私たちがマナーのあり方に個人的な見解をそれぞれ持っており、なおかつ生活に密接している事柄だからではないだろうか。また一方で、人によって価値観の違いがあらわれやすいことが、マナー自体を難しくしているのも事実。


そこで、PW編集部で「マナーに関するアンケート」を実施(※)したところ、一般社員から役員クラスに至るまでの幅広いポジションの約3000人の男女から回答が得られた。“ビジネスマナー”に対する関心の高さがうかがい知れる。


※「プレジデント」「プレジデント ウーマン」のメルマガに登録する働く男女へオンラインアンケートを実施(2021年5月:有効回答数2844)


アンケートで「仕事の場面においてマナーは必要ですか?」という質問をしたところ、99.5%が「はい」と回答しており、マナーの存在自体を否定している人は少ないことがわかった(図表1)。マナーが必要な理由を尋ねると、「仕事や人間関係の潤滑油」(マーケティング・40歳)、「自分も周囲も気持ちよく働ける職場であるために絶対不可欠なもの」(企画・51歳)という声が多数だった。


仕事の場面において、マナーは必要だと思いますか?

仕事の場面において、マナーは必要だと思いますか?


誰もが必要不可欠と考えているマナー。しかし、そんな人たちでもビジネスシーンで疑問に思うマナーがあるのだろうか。


まず「ビジネスにおいて疑問に思うマナーはある?」の問いに対し、「大いにある」「まあまあある」と答えた人は全体の66.6%にも上った(図表2)。


ビジネスにおいて疑問に感じるマナーはありますか?

ビジネスにおいて疑問に感じるマナーはありますか?


では、ビジネスパーソンたちはいったいどんなマナーを疑問に感じているのだろうか? 実際の回答に上がった具体的な例を見てみよう。



クレジットソースリンク