4回途中9安打6失点で今季2敗目「なんとか作っていくための配球だったりとか、工夫が必要」

■アストロズ 10ー5 エンゼルス(日本時間11日・ヒューストン)

【動画】第1打席から強烈な一撃! 大谷翔平がライナーで運んだ44号本塁打

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地・アストロズ戦で「2番・投手」で出場したが、4回途中9安打6失点で今季2敗目を喫した。初回の第1打席で先制の右越え44号ソロ。本塁打王争いではブルージェイズ・ゲレーロJr.、ロイヤルズ・ペレスに2本差をつけたが、渡米後ワーストの被安打9と打ち込まれた。メジャー4年目で初の10勝目、両リーグでは1918年ベーブ・ルース以来103年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」はお預けとなった。

――相手打者の空振りが少なかった。相手が上手だったか自分の問題か。
「全体的にスライダーとかカット狙いのケアが多かったと思うので。それを修正する前にというか、試す前にランナーが溜まってしまった感じかなと思いますね」

――前回登板で自己最多117球を投げた影響は。
「多少張りとか残っているものはあると思いますけど。もうシーズンもあと少しなので最後まで。まずは健康に投げきりたいなと思っています」

――4回途中で交代となった。
「内容自体もそんな良くはなかったですし、打ち取っているような打球でも抜けたりちょっとついていないなと思ったので。あそこら辺が代え時なのかなと個人的にも思います」

――両リーグ最多44号を打った。シーズン最後に本塁打王になる意味は。
「もちろん取りたいなっていう気持ちもありますし、取りたいなってだけでも取れるものはないので。良い打席を毎日毎日続けて行けたらなと思うので。基本に忠実に毎日1打席大事にしながら打ちたいなと思います」

――いつも本塁打を打った後に出迎えてくれていたイグレシアスが移籍でいないことについて寂しさや物足りなさは。
「そうですね。いっぱいコミュニケーションもとって良い関係だったと思いますし。彼だけじゃなくて今年ケガとか離脱者も多いですし。なかなか思うように全員がというシーズンではないですけど、その中でもあと少しみんなで頑張りたいなと思います」

――スライダーを狙ってくる中で修正しようとしてたこととは。
「そのままスライダーを投げてもいいんですけど、キレ自体もスピード自体もそんなに出てなかった。調子が悪いなという感じがしましたけど。その中でもなんとか作っていくための配球だったりとか、工夫が必要かなと思います」

4試合ぶり44号でキング死守「1打席1打席、冷静に打てれば、必ずいい結果が残るかなと思います」


クレジット
ソースリンク