120年を超える歴史を持つオペル

 2020年2月18日、オペルは日本市場への再参入を発表した。

 再参入というように、オペルは過去何度か日本市場で発売されていたこともあり、2006年の撤退が直近の動向となる。

 そのオペルが、突然15年ぶりとなる再参入を表明したのだ。その背景にはいったい何があったのか。オペルとは、どのようなブランドなのか。また、オペルの日本市場での勝算はあるのだろうか。

2021年に日本上陸予定のBセグメントハッチバック、オペル「コルサ」

 日本では、あまり馴染みのないオペルというブランドだが、欧州ではシェアが高く、その歴史も非常に長い。

 創業はなんと1862年。日本でいえば幕末の文久元年となる。明治維新による明治元年の1868年よりも6年も前だ。カール・ベンツが自動車を発明する1886年よりも24年も前のことになる。

 当初のオペルはミシンを製造していたが、1899年にオペル第一号車「システム・ルッツマン」を世に送りだす。そして第一次世界大戦前までに小型車をヒットさせ、当時のドイツ最大の自動車メーカーに成長していた。

 しかし、1920年代に創業一族の主要メンバーが死去したことを鑑み、オペルは1929年に大きな決断を下す。それがアメリカのGMとの資本提携だ。以降、オペルはGM傘下のブランドとしての歴史を歩むことになる。

 第二次世界大戦によってドイツは荒廃するものの、オペルは戦後わずか1年で生産を再開。GMもすぐに復帰したことで、オペルの戦後復興は順調に進んでいった。

 ちなみに1952年から日本でもオペルが発売されている。

 その後、欧州では小型や中型のファミリーカーとしてオペルは高い評価を得て、販売を伸ばしてゆく。1970年代にはワールドカー構想をもとに、オペルの「ニューカデット」をベースにした兄弟車が世界のあちこちで生まれた。日本では、当時GMと提携していた、いすゞより「ジェミニ」が生まれている。

 一方、日本市場ではオイルショックの影響でオペルの輸入が1980年代前半まで一時中断している。

 そして1993年、日本で大きな動きがあった。それは輸入車販売大手のヤナセが、オペルを扱うようになったのだ。さらに1995年には、エントリーモデルとなる「ヴィータ(欧州名:コルサ)」が日本に上陸。なんと200万円を下回る手ごろな価格で大人気になる。

 当時、輸入車といえばイコール高級車であり、大衆車としてのドイツブランドの登場に、オペルが注目されることになった。ただし、その後のオペルの販売は伸び悩み、結局、2006年に日本から撤退してしまったのだ。

Gallery:どんなクルマが日本で販売される!? オペルのラインナップを見る(26枚)

クレジットソースリンク