日本GLPは6月15日、大阪府八尾市で延床面積がそれぞれ約5万4000m2と約1万6000m2、合せて総延床面積約7万m2の先進的物流施設「GLP 八尾I・II」の開発を行うと発表した。

<「GLP 八尾 I・II」完成イメージ>

「GLP 八尾I」は、楽天グループが専用施設として1棟全体を利用する。「GLP 八尾II」はシングルテナント向け施設として開発予定。なお、「GLP 八尾I」は2022年2月に着工、2023年2月に竣工、「GLP 八尾 II」は 2022年5月に着工、2023年4月に竣工を予定している。

また、楽天は「GLP 八尾I」に加えて今年2月に着工した「GLP 福岡粕屋」一棟全体も専用施設として利用し、包括的な物流・配送サービスを構築するために両施設を活用する予定。

なお、両施設の運営を含む楽天の物流事業については、2021年7月に日本郵便と楽天が共に出資し共同運営するJP楽天ロジスティクスに承継される予定だ。

「GLP 八尾 I・II」は、東大阪エリアでは希少な賃貸型先進的物流施設で、大阪外環状線に隣接し、近畿自動車道「東大阪南 IC」「八尾 IC」よりそれぞれ約 4km、西名阪自動車道「藤井寺 IC」から約 6km と、大阪市内だけでなく南近畿地域までアクセスが可能で、物流施設として優れた立地にある。

近鉄大阪線「高安駅」からは徒歩圏内で通勤も便利なことに加え、住宅地が隣接するため雇用確保の観点からも好立地と言える。製造業や 3PL企業からの需要も強く、大阪エリアの産業集積地域であるこの地域では、今後も物流施設への堅調な需要が続くとみている。

両棟ともにBTS型として計画し、カスタマーの要望に沿った満足度の高い施設を提供する。「GLP 八尾I」では、高度なマテハン設備の導入をはじめとする倉庫の自動化への対応や、空調設置により就労環境の快適性向上、カフェテリアの設置など従業員の快適性の向上を図る。「GLP 八尾II」でも非常用発電機設置や空調対応など、豊富なオプションの中から要望に合わせてカスタマーが選択し、施設スペックを充実させることが可能。

BCP面では、地震対策として耐震性能の高いブレース材を採用し安全性を確保するほか、浸水や液状化が発生しない地盤への対策を講じ、高い事業継続性を確保している。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「『GLP 八尾 I・II』は大阪内陸部に位置し、西名阪自動車道、大阪外環状線などを利用した大阪市内および奈良や和歌山などの南近畿地域へのエリア・広域配送の物流拠点として極めて優れた立地にある。物流企業からのニーズが旺盛な東大阪市に隣接し、東大阪トラックターミナルへのアクセスも良い、希少な先進的物流施設。その立地の良さや、我々のこれまでの実績を評価いただいたことで、楽天に『GLP 八尾 I』を専用施設として利用してもらうことになった。『GLP 福岡粕屋』と併せて楽天の拡大するEC物流をサポートできることを嬉しく思う」と述べている。

■施設概要
施設名:「GLP 八尾I」
所在地:大阪府八尾市郡川 1 丁目
敷地面積:2万6900m2
延床面積:5万4000m2
構造:地上4階建て、耐震造
着工:2022年2月
竣工:2023年2月
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)

施設名:「GLP 八尾II」
所在地:大阪府八尾市郡川 1 丁目
敷地面積:7700m2
延床面積:1万6000m2
構造:地上4階建て、耐震造
着工:2022年5月
竣工:2023年4月
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)

クレジットソースリンク