年明け恒例の新日本プロレス東京ドーム大会「WRESTLE KINGDOM」が4、5日に行われる。

両日ともメインは「IWGPヘビー級&インターコンチネンタル選手権」で、4日は王者内藤哲也(38)が昨年10月のG1クライマックスを連覇した飯伏幸太(38)と対戦。激闘の末、飯伏が勝利し、新2冠王者となった。

飯伏は5日にジェイ・ホワイト(28)と防衛戦を戦う。内藤は史上初となる、2日連続での2冠タイトル防衛を狙うも、叶わなかった。

内藤哲也に勝利し、IWGPの2本のチャンピオンベルトを上げる飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也に勝利し、2本のIWGPチャンピオンベルトを手にした飯伏幸太は、挑戦者ジェイ・ホワイト(右)の挑発を受ける(撮影・菅敏)
内藤哲也に勝利し、2本のIWGPチャンピオンベルトを手にした飯伏幸太は、挑戦者ジェイ・ホワイト(右)の挑発を受ける(撮影・菅敏)

第6試合

<IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合>

内藤哲也 × カミゴェ 飯伏幸太

内藤哲也が2度目の防衛に失敗飯伏幸太がIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルの2冠王者に

飯伏が悲願の2冠王者に!3度目カミゴェで内藤破る

2冠王者飯伏「明日ホントの神に」5日の防衛に自信

内藤、王座陥落も「またメインに、トランキーロ」

5日挑戦のホワイトは飯伏挑発「今夜だけは楽しめ」

■飯伏幸太「絶対に明日(ベルトを)守り抜いてみせます。僕は最高のベルト、最強のベルトを持っている。これをキープする。逃げない、負けない、あきらめない。明日、ジェイに勝って本当の神になる」

トップロープに上がった内藤哲也(右)にキックを炸裂させる飯伏幸太(撮影・菅敏)
トップロープに上がった内藤哲也(右)にキックを炸裂させる飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(右)を攻め、断崖式フランケンシュタイナーで場外に落とす飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(右)を攻め、断崖式フランケンシュタイナーで場外に落とす飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(右)にフェニックススプラッシュを仕掛ける飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(右)にフェニックススプラッシュを仕掛ける飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(左)にカミゴェをぶち込む飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(左)にカミゴェをぶち込む飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(左)から2本のIWGPチャンピオンベルトを手渡され、感極まる飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(左)から2本のIWGPチャンピオンベルトを手渡され、感極まる飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(左)から2本のIWGPチャンピオンベルトを手渡され、感極まる飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(左)から2本のIWGPチャンピオンベルトを手渡され、感極まる飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(左)から奪った2本のIWGPチャンピオンベルトを手に指を突き上げる飯伏幸太(撮影・菅敏)
内藤哲也(左)から奪った2本のIWGPチャンピオンベルトを手に指を突き上げる飯伏幸太(撮影・菅敏)

第5試合

<スペシャルシングルマッチ>

オカダ・カズチカ レインメーカー × ウィル・オスプレイ

オカダがオスプレイを35分死闘で倒す 意地の応酬

ウィル・オスプレイ(右)にキックを炸裂させるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
ウィル・オスプレイ(右)にキックを炸裂させるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
場外でウィル・オスプレイ(左)にドロップキックを炸裂させるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
場外でウィル・オスプレイ(左)にドロップキックを炸裂させるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
場外でウィル・オスプレイ(左)にドロップキックを炸裂させるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
場外でウィル・オスプレイ(左)にドロップキックを炸裂させるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
トップロープから襲い掛かるウィル・オスプレイ(左)にドロップキックを炸裂させるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
トップロープから襲い掛かるウィル・オスプレイ(左)にドロップキックを炸裂させるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
ウィル・オスプレイ(左)にとどめのレインメーカーを決めるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
ウィル・オスプレイ(左)にとどめのレインメーカーを決めるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
ウィル・オスプレイ(左から3人目)を破り、ポーズを決めるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)
ウィル・オスプレイ(左から3人目)を破り、ポーズを決めるオカダ・カズチカ(撮影・菅敏)

第4試合

<スペシャルシングルマッチ>

棚橋弘至 ハイフライフロー × グレート-O-カーン

棚橋がカーン下す「まだ彼との戦いは続いていく」

■棚橋弘至「残酷な話、選手としてのピークは過ぎているかもしれない。けど、もう1度っていう思いがあった状況で。もう1回、プロレスを盛り上げます。それが今までプロレスで、たくさん、たくさん、応援してもらった俺の最後の…最後って言いたくないけど、俺の仕事だと思います」

グレート-O-カーン(左)を攻める棚橋弘至(撮影・菅敏)
グレート-O-カーン(左)を攻める棚橋弘至(撮影・菅敏)
グレート-O-カーン(上)にドラゴン・スープレックスを見舞う棚橋弘至(撮影・菅敏)
グレート-O-カーン(上)にドラゴン・スープレックスを見舞う棚橋弘至(撮影・菅敏)
グレート-O-カーン(右)にスリングブレイドを炸裂させる棚橋弘至(撮影・菅敏)
グレート-O-カーン(右)にスリングブレイドを炸裂させる棚橋弘至(撮影・菅敏)
倒れ込んだグレート-O-カーン(右)にハイフライフローを炸裂させる棚橋弘至(撮影・菅敏)
倒れ込んだグレート-O-カーン(右)にハイフライフローを炸裂させる棚橋弘至(撮影・菅敏)

第3試合

<IWGP USヘビー級王座挑戦権利証争奪戦>

KENTA go 2 sleep × 小島聡

KENTAがUSヘビー級王座挑戦権利証の防衛に成功

KENTAが小島を膝蹴り葬、USヘビー挑戦権守る

小島聡「かけがえない時間」急きょ参戦敗れるも充実

■KENTA「年齢感じさせないくらい頑張ったじゃねえかよ。でもオレのレベルじゃねえんだよ」

■小島聡(KENTAを窮地に追い込むも)「そんなに甘くない」

小島(左)に串刺しドロップキックを炸裂させるKENTA(撮影・菅敏)
小島(左)に串刺しドロップキックを炸裂させるKENTA(撮影・菅敏)
コーナーに倒れ込んだ小島聡(右)に串刺しドロップキックを炸裂させるKENTA(撮影・菅敏)
コーナーに倒れ込んだ小島聡(右)に串刺しドロップキックを炸裂させるKENTA(撮影・菅敏)
go 2 sleepで小島を蹴り上げマットに沈めるKENTA(撮影・菅敏)
go 2 sleepで小島を蹴り上げマットに沈めるKENTA(撮影・菅敏)

第2試合

<IWGPタッグ選手権試合>

ザック・セイバーJr.、タイチ × エイプシット タンガ・ロア、タマ・トンガ

ザック&タイチ組が3度目防衛に失敗タンガ・ロア&タマ・トンガが新王者に

ザック&タイチが王座陥落!“忘れ形見”逆襲で撃沈

王者陥落のタイチ&セイバーJr.組「リマッチを」

■ザック・セイバーJr.「タッグベルトをこの東京ドームで失うなんて、ありえない事態。すぐにでも再戦だ」

タイチ(左)にアイアン・フィンガー・フロム・ヘルで襲い掛かるトンガ(撮影・菅敏)
タイチ(左)にアイアン・フィンガー・フロム・ヘルで襲い掛かるトンガ(撮影・菅敏)
タイチ(下)をマットにたたきつけるトンガ(撮影・菅敏)
タイチ(下)をマットにたたきつけるトンガ(撮影・菅敏)

第1試合

<「BEST OF THE SUPER Jr. 27」優勝者vs「SUPER J-CUP 2020」優勝者スペシャルシングルマッチ>

高橋ヒロム ウラカン・ラナ × エル・ファンタズモ

高橋ヒロムが王者石森に挑戦「キレイさっぱり発散」

ファンタズモ逆上「仕掛け一切ない!」ヒロム指摘に

■高橋ヒロム「この戦い、全くフェアじゃなかったぞ。明日は、俺がチャンピオンになる」

トップロープから場外のエル・ファンタズモ(下)に襲い掛かる高橋ヒロム(撮影・菅敏)
トップロープから場外のエル・ファンタズモ(下)に襲い掛かる高橋ヒロム(撮影・菅敏)
トップロープからエル・ファンタズモ(下)を攻める高橋ヒロム(撮影・菅敏)
トップロープからエル・ファンタズモ(下)を攻める高橋ヒロム(撮影・菅敏)
エル・ファンタズモ(左)の指をかむ高橋ヒロム(撮影・菅敏)
エル・ファンタズモ(左)の指をかむ高橋ヒロム(撮影・菅敏)

オープニングでドン・キナシと長州力が登場!

長州力さん&ドン・キナシが東京ドーム大会開会宣言

新日本プロレス「WRESTLEKINGDOM」のオープニングセレモニーに登場した長州力(左)と木梨憲武ことドン・キナシ(撮影・菅敏)
新日本プロレス「WRESTLEKINGDOM」のオープニングセレモニーに登場した長州力(左)と木梨憲武ことドン・キナシ(撮影・菅敏)

第0試合

<「KOPW 2021」進出権争奪ニュージャパンランボー>

チェーズ・オーエンズ   オーバーザトップロープ   バッドラック・ファレ
BUSHI   オーバーザトップロープ   矢野通

※チェーズ・オーエンズ、バッドラック・ファレ、BUSHI、矢野通の4選手が最後まで残り、2021年1月5日の東京ドーム大会で行われる「KOPW 2021」決定戦4WAYマッチ進出権を獲得

※出場選手(退場順):永田裕志、鈴木みのる、トーア・ヘナーレ、後藤洋央紀、YOSHI-HASHI、真壁刀義、DOUKI、高橋裕二郎、石井智宏、本間朋晃、天山広吉、ロッキー・ロメロ、SHO、タイガーマスク、ゲイブリエル・キッド、辻陽太、上村優也

BUSHI「参加しないこと」時間差バトルロイヤル

■BUSHI「俺はリングサイドにいただけ。必勝法を思い付いたよ。それは参加しないことだ。今年、幸先いいね。楽しみだ!」

■バッドラック・ファレ(矢野に)「ろくにリングに上がらず、ずる賢いことしやがって!」

■矢野通「私はこの激闘を勝ち抜き、明日はさらなる激闘を勝ち抜くであろう!さようなら!」

バトルロイヤルに出場し、リングから落ち敗退した永田裕志(左)と鈴木みのるは、場外で乱闘する(撮影・菅敏)
バトルロイヤルに出場し、リングから落ち敗退した永田裕志(左)と鈴木みのるは、場外で乱闘する(撮影・菅敏)
バトルロイヤルに出場し、リングから落ち敗退した永田裕志(左)と鈴木みのるは、場外で乱闘する(撮影・菅敏)
バトルロイヤルに出場し、リングから落ち敗退した永田裕志(左)と鈴木みのるは、場外で乱闘する(撮影・菅敏)

※シングルマッチからスタートして1分毎に1選手が登場してくる時間差バトルロイヤル。敗れた選手から退場していき、最後の4選手になった時点で決着。

新日1・4、5東京ドーム大会 社長語るコロナ禍運営

「しびれた」収入大打撃、非興行領域に活路/連載1

過去最大ドーム大会、三位一体で最高演出を/連載2


クレジットソースリンク