WIRED CONFERENCE 2020 登壇者第3弾発表!
未来を「リブート」するための3-DAY(12/2〜4)オンラインカンファレンス

元パタゴニア日本支社長の辻井隆行、サントリー学芸賞受賞の伊藤亜紗をはじめ、ケヴィン・ケリー、豊田啓介、宮坂学、劉慈欣、大童澄瞳、市川紗椰、なみちえ、ドミニク・チェンなど世界中のイノヴェイターが登場し、3日間のセッションが幕を開ける!

無料トライアル付きの『WIRED』日本版会員サーヴィス「SZメンバーシップ」では40%OFFの優待価格でチケット購入が可能です。

>>カンファレンスの参加申し込みはこちらから

先週のSZメンバーシップでは、来るカンファレンス Day2のテーマとなる「WELL-BEING for the EARTH」に連動した記事をお届けした。ついでに言えば、毎週「旬のロングリード」をお届けする金曜日のWeekly Dispatchに登場したオードリー・タン(ちょうど新著の邦訳が発売されたばかりだ)のインタヴューも最後にタオイズムを彼女が引用していて、それはまさに地球のウェルビーイングという視点から「信頼のあり方」について語る、滋味深い読み口となっている。

今週の記事:オードリー・タン:台湾のデジタル担当大臣は、いかにパンデミック対策を成功させたか(後篇)

雑誌『WIRED』日本版ではリブート以降、『DIGITAL WELL-BEING』と『DEEP TECH FOR THE EARTH』というふたつの特集をしてきて、それらが接続された今回のWIREDカンファレンス Day2のテーマ「WELL-BEING for the EARTH(地球のためのウェルビーイング)」は、ご想像の通りその問題意識を接続したものだ(あるいは、もともと不可分だったと言ってもいい)。気候危機やパンデミックへの人類のアクションが求められる2021年への展望において、欠かすことができない視座──自律分散、協生、ケア──が語られるDay2の見どころをご紹介しよう。

◎Keynote 辻井隆行
リジェネラティヴ・アクション 〜ビジネスは地球のウェルビーイングに貢献できるか

元パタゴニア日本支社長である辻井隆行さんによるキーノートは、地球環境のリジェネラティヴな回復と再生のアクションプランを提示するものになるだろう。資本主義のあり方そのものが根底から問われる現在、「ビジネスによって地球環境をよくする」ことを世界に先駆けて実践してきたパタゴニアを日本で率いた辻井さんがいま注目するのは、自律分散型な「コモン(共)」の復権だ。

蛇足ながら、辻井さんとはもともと鎌倉ローカルなつながりがあり、このパンデミックもきっかけとなって、月に一度、環境と社会、テクノロジー、そしてウェルビーイングをめぐる勉強会(という名のZoom飲み)を、気象学者の江守正多さんなど数人でオンラインで続けてきた。『地球に住めなくなる日』『ノヴァセン』『人新世の「資本論」』といった“課題図書”によってさらにブラッシュアップされた辻井さんのヴィジョンがいまから楽しみでならない。

関連記事:
いまこそ気候崩壊の避けられない真実を語ろう:デイビッド・ウォレス・ウェルズ『地球に住めなくなる日』先行公開
生命は情報となり、地球[ガイア]が更新される:ジェームズ・ラヴロック『ノヴァセン』あとがき

Discussion 津田篤太郎 × 伊藤亜紗
身体に「ふれる」ということ 〜自分を、他者を、「ケア」する技法

このセッションは、物理的な「身体」のレヴェルから、ウェルビーイングの技法に迫るものだ。東京工業大学で「未来の人類研究センター」のセンター長も務める伊藤亜紗さんは、このたび『記憶する体』を始めとする一連の著書に対してサントリー学芸賞(社会・風俗部門)を受賞されたばかり。奇しくも三密回避が叫ばれる時代にあって新著『手の倫理』では人が人に触る/触れることの意味を問い、触覚が生み出す人間の関係性に真正面から取り組んでいる。

一方の津田篤太郎さんはNTT東日本関東病院の医師でありながら著書『未来の漢方』などを通じ、西洋医学と東洋医学の両方を生かす医療を目指している。果たして身体に深く潜航した先にいかなる理(ことわり)が見えてくるのか? 身体やあらゆるものがデータ化・外在化され、〈わたし〉自身の存在と実感が揺らぐ時代にあって、自分や他者をケアすることの意味を問う貴重な対話となるはずだ。

関連記事:「目が見えないこと」にぼくらが学ぶこと:身体研究者・伊藤亜紗

◎Discussion 舩橋真俊 × 永田暁彦 × 松田法子
協生農法 × ディープテック × 生環境構築
〜生き延びるためのイノヴェイション、あるいは「幸福な絶滅」について

Day2の締めくくりとなるセッションは、タイトルにあるように、それぞれが文明論的なスケールでのクリティカルな視座を提示する3人による、知的異種格闘技戦になるだろう。そこに共通するグラウンドがあるとすれば、特集『DEEP TECH FOR THE EARTH』の問題意識にもあるように、人類と自然(地球)との関係が、螺旋状に進化していくという視座だ。

たとえばソニーコンピューターサイエンス研究所の舩橋真俊さんの「協生農法」は、単に自然に戻った農法ではなく、そこには人間が介在した「拡張生態系」の創造がある。京都府立大学准教授の松田法子さんによる「生環境構築」も同じく、人類による生存環境構築のサイクルを定式化した壮大な文明論だ。そして日本最大級の技術系VC「リアルテックファンド」の代表を務める永田暁彦さんは、その実装を最前線で見据えるからこそ、「人類の生存」を思索し続けている。

関連記事:ディープテックが見据える地球の未来:リアルテックファンド代表・永田暁彦インタヴュー

このセッションは、日本(のみならず世界)に向けて、地球と人類のウェルビーイングについての、一段大きな視座からの文脈とビッグピクチャーを提示するはずだ。それは、2020年を経てもう一度、わたしたちが未来をリブートするための重要な提言になると、いまから確信している。WIREDカンファレンス Day2も、SZメンバーは40%OFFの優待価格が設定されているので、この機会にぜひご参加いただきたい。

今週はカンファレンスのDay3に連動して「Sci-Fiプロトタイピング」をテーマに「あの」名作SF映画についてのSZ記事をお届けする。週末のレターはもちろん、3日目の見どころ解説の予定だ。毎週開催するSZメンバー向け「Thursday Editor’s Lounge」も、引き続きぜひお楽しみに!

【告知:11/26夜に開催! Thursday Editor’s Lounge】

FinTechの現在位置、そしてこれから
〜ゲストは北澤 直(Coinbase日本法人 代表取締役)〜

フィンテックは「金融を民主化した」といわれる。技術力、資本力、専門性をもたない一般ユーザーに、高度な「金融サーヴィス」へアクセスする機会をもたらしたからだ。しかし、こと日本では、FinTechの本命でもある暗号資産への不信感がまだまだ拭い去れないばかりか、そもそも「お金の話題」をすること自体がタブー視されがちだ(「資産運用どうしよう」「保険をどうしよう」「お前の給料いくら? 」といった話を、友達や同僚とするだろうか?)。本当は気になるお金の話を、『誰がFinTechを制するのか』の著者・北澤 直に訊く!

日時:
2020年11月26日(木)
18:30〜20:00
対談:1時間、Q&A:30分
※延長する場合もございます。

場所:
ヴィデオ会議アプリケーション「Zoom」を利用して開催。
※詳細は当日までにメールにてご案内いたします。

参加費:
無料

参加について:
2020年11月25日(水)正午までに『WIRED』日本版の「SZメンバーシップ」に会員登録されている方を対象としたイヴェントになります。ご関心のある方はぜひこの機会にご活用ください。
▶︎視聴要件となるWIRED「SZメンバーシップ」へのご登録はこちらから◀︎

モデレーター:『WIRED』日本版 副編集長 小谷知也

クレジットソースリンク