BBソフトサービス(株)が販売しているセキュリティWi-Fi ルーター「SECURIE」の技術・ビジネスパートナーであるBitdefender社がこのほど、新型コロナウイルスにまつわるサイバー攻撃が全世界で増加していると、注意喚起のレポートを発表した。日本でも3月から4月にかけては15倍に増加。驚異の数は減少傾向にあるが、一層の警戒を呼びかけている。

3月から4月にかけて激増

 それによると、去年までのサイバー攻撃は、ランサムウエアやバンキング型トロイの木馬が主流だったが、今年は世界的なパンデミックとなった新型コロナウイルスによるパニックや恐怖心、情報操作を利用したサイバー犯罪が急増している。

 全世界では新型コロナウイルスの感染・影響は 3月上旬にピークに達した。それに伴い、犯罪者は、マルウエアの高度化に重点を置くのではなく、パンデミックを悪用して、特定の地域や国を狙ってマルウエアを仕掛ける作戦を計画したと考えられる。3月から4月上旬にかけてのコロナウイルス関連の脅威を見ると、攻撃者が当時のパンデミックの中心となっていた地域を狙っていたことが分かるという。

3月14日10件→4月18日153件に

 日本では、コロナウイルスに伴う攻撃が3月14日は10件だったが、4月18日には153件と15倍に増加していた。その後に報告される驚異の数は減少傾向にあるというが、これで終わったわけではなく、サイバー犯罪者は再度攻撃の機会を狙っている可能性がある。架空の健康関連製品を使った不正なキャンペーンや、新しい治療法の提供を約束するスパムメールなどに注意が必要だと訴えている。

 コロナウイルス関連のスパムは過去半年の傾向であり、ウイルス流行への恐怖心がマルウエアとスパムの拡散にも影響を及ぼしている。2020年前半を通して、コロナウイルス関連のメールの10件に4件はスパムと判定されたという。

旅行・休暇分野狙うスパムにご用心

 パンデミックの間は旅行や交通サービスがストップしていたが、政府によるロックダウンが徐々に解除され、旅行の制限も緩和され始めている。こうした状況を受け、5月下旬ごろから、旅行や休暇をターゲットにした攻撃が観測されている。

 5月31日をピークに、スキャンされたすべてのスパムメールのうち、10件中3件程度が旅行をテーマにしたものだった。6月7日に再びピークに達し、その日にスキャンされた10件中4件のスパムメールが旅行関連のものと判定された。

 パンデミックが落ち着き、旅行の制限が解除されたことで、制限後の休暇を楽しみたいという人々の欲求を、攻撃者が悪用しようと考えたことが要因だと考えられる。BBソフトサービスは、日本でも「Go to travel」など旅行を促す施策が行われており、攻撃が行われる可能性がある。劇的な治療法や、ウイルスや流行に関する極秘の情報を利用する攻撃があることも想定され、引き続き注意が必要だと促している。

※この続きは、通販通信ECMO(エクモ)会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

通販通信ECMO(エクモ)会員登録はこちら

旧「通販通信」サイトの会員情報及び「資料掲載企業アカウント」の会員情報では「通販通信ECMO(エクモ)会員」としてログインできません。
旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)」につきましては、そのまま「通販通信ECMO(エクモ)会員」としてご利用いただけます。

クレジットソースリンク