■調査結果概要




・今年の夏休みの旅行予定「行く・行きたい」28.6%、「行かない」24.6%

・Go To トラベル キャンペーン「利用したい」70.5%

・フリーコメントより


【1】今年の夏休み、旅行の予定はありますか?(単一回答)

【2】Go To キャンペーンの利用意向について


・アンケートの際、各キャンペーンについて以下のように補足。

<Go To トラベル キャンペーン>期間内に旅行会社・旅行サイトを通じて旅行予約をすると代金の1/2相当のクーポン券がもらえる

<Go To Eat キャンペーン>期間内に飲食予約サイトで予約・来店すると飲食店で使えるポイントや食事券がもらえる

<Go To Event キャンペーン>期間内にチケットサイトを使ってイベントなどのチケットを購入すると、割引・クーポン券がもらえる

<Go To 商店街 キャンペーン>期間中、商店街などでイベント開催・プロモーションや観光商品開発が行われる

※各キャンペーンの最新情報については、各省庁のHP等をご参照ください

【3】フリーコメントより

主に以下の4パターンの意見が寄せられました。

◆コロナ対策をもっと重視してほしい

・新型コロナが収束しないと、いろんなところへGoToという気持ちにはなれない。感染が怖いです。

・市や町が活性化しそうだが、コロナ対策や薬などができてからのほうが安心できる。

・使うか使わないかわからないキャンペーンよりも、日ごろの生活の支援のほうが消費者にはありがたい。今は旅行や余暇活動などの余裕はない。

◆時期尚早ではないか

・キャンペーンはいいと思うが、時期など考えてほしい。これからまたコロナの感染者が増えてくる可能性もあるので、少し時期尚早なキャンペーンだったのではないかと思う。どの程度混むかも予測できないし、行くとしても不安があると思う。

・実家や義実家が遠いので、お得な企画はぜひ利用したいという気持ちはあるが、今東京在住のため自分たちが無症状感染の可能性も考えられる中、ワクチンもできていない感染症を広げる事になると思うと利用するのは怖い。ワクチンが開発されて、一安心できるようになってからこのようなキャンペーンを企画して頂きたい。

◆キャンペーン内容をより具体的に知りたい

・もっと具体的に内容を知りたい。例えば、各キャンペーンは1人1度の利用のみ?複数回利用できる?など。

・簡単に使いやすいものが良い。手続きがわかりやすく、煩雑でなく、対象がたくさんあると良い。

◆早くしてほしい、制度を利用したい

・夏休みに間に合う用、早く決めてほしいです。範囲は広くお願いしたい。

・子どもの夏休みが短縮になるので、いろいろ出かけるよりも一か所にお金をかけて思い切って出かけたい。

・自分で支援するにはどうしたらいいのか考えたこともあり、なかなか実行に移せないでいたが、このようなキャンペーンがあると気軽に支援できて良いと思います。

・経済活性化のためなら、自分の身を守りながらあちこちに行っても楽しみたい!

・興味関心があるものは利用したい。経済が活性化するように、いろいろな職業の方、職人さんの技能が失われないように守っていかなければと思う。

・利用したいけど、できるだけ人混みは避けたいので、風景を楽しんだりする旅行で、あまり人混みにならないところを探していきたい。

 

 




 今夏の旅行に関しては、 4人に1人がまだ悩んでいるという結果になりました。アンケートを実施した6月後半は、まさに国内の新型コロナウイルス感染者数が徐々に増えてきたタイミング。今は様子見、と思った方も多そうです。とは言え、長引く外出自粛の息抜きに出かけたい・・・そんな時に利用できるGo To トラベル キャンペーンは7割の方が「利用したい」と答えました。今年の夏、旅行に行くとしたら、キャンペーンの活用に加え、感染しない・感染させないための事前準備と対策が、旅行を楽しむ肝となりそうです。

 

■調査概要

調査方法 :インターネットリサーチ(無記名式)

回答者総数:回答者総数353名、それぞれの質問に任意で回答

調査実施日:2020年6月18日~2020年6月26日まで

調査対象者:求人媒体『しゅふJOBパート』登録者

 

  • アンケート詳細は、情報サイト『しゅふJOBナビ』の中でご紹介しています

◆【2020年】今年の夏休みはどうする?
コロナ禍中での夏の旅行・GoToキャンペーンについてアンケート
~しゅふJOBナビ・アンケート調査~
https://part.shufu-job.jp/news/solution/13149/?utm_source=prtimes0715&utm_medium=refferal

 

  • しゅふJOBナビとは?

しゅふJOBナビは、子育てしながらはたらくをハッピーに、今の生活と自分にあった働き方を見つけるための情報サイトです。
https://part.shufu-job.jp/news/?utm_source=prtimes0715&utm_medium=refferal
———————————————–
“今”の自分に近いストーリーを見つけられる、実際に働く主婦のリアルな体験談。

「みんなの体験談」では、生活と働き方に関するタグを多数設置し、“今”の自分に近い働き方の体験談を見つけられるようにしました。年代、子どもの人数、勤務日数、おおよその年収などから、ライフステージが変わる度に、体験談をみつけることができます。
———————————————–
主婦ならではの両立への不安、必要な知識を得られるコンテンツ
体験談以外にも、仕事に関する情報、お金に関する情報、生活に関する情報など、“今”の自分にあった働き方を見つけるヒントを提供します。

———————————————–
 

  • ビースタイル グループとは?

企業理念は~best basic style~時代に合わせた価値を創造する。創業以来、主婦の雇用をのべ13万人以上創出してきた『しゅふJOB』や時短×ハイキャリアの働き方を実現する『スマートキャリア』など人材サービス事業を主軸とし、スーパーフード“モリンガ”のプロデュースや民泊清掃サービスなど、新たに事業領域を広げながら、日本の幸福度向上に全力で取り組んでいるソーシャルカンパニーです。

クレジットソースリンク