新型コロナウイルス感染症の影響で、全国に緊急事態宣言が出される事態となり、これまでの生活とは一変してしまいました。緊急事態宣言が解除されたものの、従来の日常には戻っておらず、新規の感染者数もまだ発生しており不安も続いています。長引く影響に心身の不調を感じて、「コロナ疲れ」や「コロナうつ」といった言葉も出てきています。このような状況の下でのストレスやストレスへの対処について見ていきます。

■コロナウイルス禍でのストレス

日本だけではなく世界規模で、新型コロナウイルス感染症という未知の脅威にさらされています。感染拡大を防ぐために、休業や外出の自粛が要請されて、私たちの生活や経済活動は大きな影響を受けました。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだ新型コロナウイルス感染症拡大の恐れがあり、従来の日常は戻っておらず緊張状態が続いていると言えるでしょう。

このようなコロナウイルス禍において、働いている世代にとってのストレスの要因には次のようなものがあるのではないでしょうか。

・感染リスクに関するストレス

外出に際しては、どこかで新型コロナウイルス感染症にうつるのではないかと疑心暗鬼になるかもしれません。また、季節が暑くなっていく中で、外出の際はマスクを着用すること、こまめに除菌を行うことなども負担に感じます。

・生活に関するストレス

自粛要請によって不要不急の外出を避けるように呼びかけられており、店舗や商業施設もあまり営業しておらず、どこにも出かけられないような状況がありました。友人や知り合いとも気軽に会いづらく、ストレスを発散する機会が少なくなりました。小さい子どもがいる家庭では、休校や休園によって子どもが家にいると生活上の負担が増します。

・仕事に関するストレス

感染を予防するために、対面で会うのは避けてテレビ会議や在宅勤務が勧められて、これまでとは仕事の進め方が変わってきました。それをあまり苦に感じない人もいますが、思うように仕事が進められないストレスを感じる人もいるでしょう。管理職であれば、組織のマネジメントの難しさを感じるかもしれません。

・金銭面でのストレス

業種によっては、休業要請や営業自粛、売上減少などで、休業や事業縮小を余儀なくされています。働く人にとっては、会社から休業手当が支給されるが十分ではない、残業代が出なくなり収入が下がっているという問題が起きています。経済的な面で厳しくなり、生活に不安を感じるのは大きなストレスになります。

・将来に向けた不安

今回のコロナの影響がいつ収束するのかまだ先が見えません。第二波、第三波の流行があると、爆発的に感染が広がるのではないかという恐れを感じます。また、収束したとしてもこれまでの生活や社会は戻らないのではいか、といった将来に対する不安があります。

■ストレスに気づくには

従業員50人以上の事業所においては、労働安全衛生法によって、毎年定期的にストレスチェックを行うことが義務化されています。働く人が自分のストレス状態を知ることによって、ストレスをため過ぎないようにしたり、会社側が職場の改善につなげたりして、メンタルヘルス不調を未然に防止するための制度です。ストレスチェックの結果、高ストレスと判断された人から申し出があった場合には、医師による面談指導を行わなければならない、とされています。

ストレスチェックにおいて、どのような調査票を使用するかは決められているわけではありませんが、国ではストレスチェックの項目として「職業性ストレス簡易調査票」の利用を推奨しています。この「職業性ストレス簡易調査票」を用いたストレスチェックは、厚生労働省が運営している「こころの耳」で公開されています。

▶職場のストレスセルフチェック

以下、画像の出典は「こころの耳 5分でできる職場のストレスセルフチェック」より。

自分でチェックできますので、自分の事業所ではストレスチェックが行われない、個人事業主などで仕事をしているという人は、ここでストレスチェックを行うことができます。

質問は全部で57問あり全てに答えると、ストレスチェックの結果が次のように表示されます。現在の自分にとって、どのようなことがストレスの原因になっているか、それが心身にどのように表れているかなどを知ることができます。

また、政府が新型コロナウイルス対策の各種支援策をまとめたサイトを設けています。

▶新型コロナウイルス感染症対策

この中で、こころのストレス度チェックを行うことができるページがあります。

▶こころのストレス度チェック

8つの質問に答えると、次のような結果が表示されます。

こちらは大まかにストレス度をはかるものですが、簡単にチェックできますので自分のストレス状態を知るのに活用してみるとよいでしょう。

■ストレスへの対応

ストレスをため込まないようにするには、日頃からのストレスケアが大切です。コロナウイルス禍でストレスを受けやすい要因が多いようなときには、心の健康を守るようなセルフケアをしていきましょう。

ストレスケアには「3つのR」が重要と言われます。

・レスト(Rest)

休息、休養、睡眠などを取ることです。これらをしっかり取ることで身体や心の免疫力の向上につながります。在宅勤務ではオンとオフの切り替えがしづらくなります。自覚してなくても疲れが溜まっているかもしれませんので、意識して短い休憩を取るのがよいでしょう。また、運動不足になって眠れないという声も聞きます。家の中でもできるだけ体を動かすようにして、生活リズムを整えるようにします。

・レクリエーション(Recreation)

趣味を楽しんだり、運動をしたり、旅行に行ったりすることです。気分転換になり、気持ちを前向きに切り替えられます。日常生活の中では、家の中でもできることを見つけてストレスを発散できるとよいでしょう。たとえば、読書、映画、ゲーム、料理、ヨガ、筋トレなど。ストレスの要因から離れて、気持ちを集中できる時間を設けられるとよいでしょう。

・リラックス(Relax)

ストレッチや音楽などのリラクセーションです。心理的に緊張状態にある日々が続いておりますので、気持ちを安定させて落ち着かせる時間を設けましょう。家族や友人と会話する時間もリラックスになります。

また、ストレスチェックで高いストレス状態にあるとき、不安な気持ちが大きくなってきたようなときには、ひとりで抱え込まず相談することをお勧めします。自分の気持ちを誰かに話すだけでも、気持ちが軽くなるものです。身近に相談できる人がいれば頼って話してみましょう。周りに相談する人がいない、話してみたけどあまり受け入れてくれなかったというような場合は、次のような相談先があります。

▶こころの健康相談統一ダイヤルなどの電話相談窓口

 

SNS(LINEなど)による相談ができる窓口もあります。

▶厚生労働省HP SNS相談等を行っている団体一覧

コロナウイルスの影響がどうなるか先の見通しがしづらい状況はまだ続くでしょう。このような状況では、ストレスや不安が大きくなりやすいものです。ストレスチェックを行いながら、自分のストレスに気を付けて、予防や早めの対処を心がけて心の健康を維持していきましょう。

(関連記事)

・新型コロナ対応で拡充「雇用調整助成金」の申請方法

・新型コロナの影響を乗り越えるための販路開拓を支援する「小規模事業者持続化補助金」の申請方法

・中小企業の設備投資を支援する「ものづくり補助金」(コロナ対応の特別枠)の申請方法

・コロナで歩みを止めないために!テレワーク環境整備やITツールの導入に活用できる「IT導入補助金」(特別枠)の申請方法


最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

【メルマガを購読する】


 

ビジョナリーマインド代表/中小企業診断士

ベンチャー・中小企業の困りごとを解決する経営サポーター。日本オラクル(株)にてITコンサルタントとして従事した後、KLab(株)にて経営企画室・管理部門の責任者として上場準備を担当。「ベンチャー・中小企業の経営を伴走して支える」「働く人の悩みに寄り添い成長を支援する」を理念に、2010年に経営コンサルタント・心理カウンセラーとして独立。

創業からの成長ステージに合わせて、事業計画策定、資金調達、内部体制の整備、システム構築、IPO支援など、さまざまな課題の解決を支援している。また、マネジメントやメンタルヘルスに関する研修、経営者や従業員へのコーチング・カウンセリングも行っている。

著書「なぜ部下は思い通りに動かないのか」(労働調査会)

■経営支援と人材支援のビジョナリーマインド

http://3cos.jp


クレジットソースリンク