日本ミシュランタイヤ株式会社代表取締役社長・須藤元氏(右)、ミシュランガイド事業部 ブランドライセンス事業部 執行役員・本城征二氏(左)

11月30日、『ミシュランガイド東京2022』のセレクション発表会が開催された。昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、発表会は専用のWebサイトでのオンライン配信となった。

アジアで初めてのミシュランガイドとして発行された『ミシュランガイド東京』は、今年で15周年を迎える。発表会に出席した日本ミシュランタイヤ代表取締役社長・須藤 元氏は、「15年間ミシュランガイドを発行し続けることができたのは、世界のトレンドを作り出す東京の活気と飲食業界の皆様のたゆまぬ努力があってこそです」とコメントした。

【注目記事】地元客に愛され坪月商58万円を達成。西荻窪『サイコロ』が貫く“楽しむ”姿勢

2022年から宿泊施設の掲載なし。飲食店432軒を掲載

2022年版で記念すべき15周年を迎えた『ミシュランガイド東京』。例年、飲食店と宿泊施設の紹介が一冊にまとめられてきたが、今年から飲食店のみが掲載されている。宿泊施設の紹介はWebサイトに移行し、検索、閲覧、宿泊予約が一貫してできるようになった。

『ミシュランガイド東京2022』の料理カテゴリーは36種類に及び、総掲載数は432軒。三つ星12軒、二つ星41軒、一つ星150軒、ビブグルマン229軒で、そのうち新規掲載店は55軒。コロナ禍であっても掲載数はこれまでと同様に世界最大を維持し、さらに新規掲載店も多く、東京が進化を続ける美食都市であるということが証明された。こうした結果に須藤氏は、「今年も豊かな食文化を反映した素晴らしいセレクションとなりました」と語った。

さらに、サステナブルガストロノミーに取り組む飲食店を評価するミシュラングリーンスターは、昨年から8軒増加して14軒に。食を通して持続可能性を実現する飲食店が増えていることがうかがえる。

「今年も素晴らしいセレクションとなった」と須藤氏

三つ星は昨年と同じ12軒。3軒が15年連続掲載に

三つ星は「そのために旅行する価値のある卓越した料理」を提供する飲食店に与えられる。それでは、三つ星として掲載された全店を紹介しよう。

■三つ星評価を受けた12軒
『カンテサンス』(フランス料理)
『まき村』(日本料理)
『神楽坂 石かわ』(日本料理)
『虎白』(日本料理)
『鮨 よしたけ』(寿司)
『ロオジエ』(フランス料理)
『龍吟』(日本料理)
『麻布 かどわき』(日本料理)
『かんだ』(日本料理)
『茶禅華』(中国料理)
『レフェルヴェソンス』(フランス料理)
『ジョエル・ロブション』(フランス料理)

三つ星12軒は、すべて昨年から引き続きの掲載。その中で『かんだ』『カンテサンス』『ジョエル・ロブション』の3軒は、2008年版以来15年連続で三つ星掲載となった。この結果について記者からコメントを求められた須藤氏は、「どんなときに行っても料理の一貫性が保たれ、15年間三つ星の評価を維持されているのは、レストラン全体のチーム力なくしては達成できないことだと感じております。チームの皆様には敬意を表したいと思います」と語った。

また、「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」を評価する二つ星は、41軒のうち、フランス料理の『アサヒナ ガストロノーム』と『クローニー』、寿司『日本橋蛎殻町 すぎた』の3軒が一つ星から評価を上げて掲載となった。『クローニー』はリニューアルオープン後、よりサステナビリティを加味したコンセプトに変更しており、ミシュラングリーンスターにも選出されている。

「近くに訪れたら行く価値のある優れた料理」を評価する一つ星は、150軒のうち20軒が新規掲載。日本料理『空花』やフランス料理『ヌー. トウキョウ』をはじめ、コロナ禍に開業しながらもその魅力が評価された飲食店が多数見られた。そのほか、「価格以上の満足感が得られる料理」が評価されるビブグルマンは229軒、うち新規掲載店は35軒だった。

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)

Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)

クレジットソースリンク