【9月11日 CGTN Japanese】新型コロナウイルスのパンデミックが続く中、中国人の海外旅行に対する高い期待が保たれており、中でも、2022年北京冬季オリンピックの開催でウインタースポーツ人口の拡大効果が見込まれる中、コロナ収束後、中国から日本を訪問する観光客の急拡大が期待されていることが分かりました。

 2日から北京で開催中の2021年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)に出展した日本政府観光局(JNTO)北京事務所の齊藤敬一郎所長は当放送局のインタビューで、同事務所が7月に中国SNS大手「Wechat」の公式アカウントを通じて実施したアンケートの結果を紹介してくれました。それによりますと、回答を得た2203人の中、海外旅行が再開したら、すぐに海外に行く(26%)、半年内に行く(26%)、1年以内に行く(24%)と答えた人が合わせて3分の2強の76%に上っています。

クレジットソースリンク