[株式会社MATCHA]

ニセコ片山町長が登壇!

株式会社MATCHA(本社:東京都台東区、代表取締役社長:青木優)は、4月28日(水)に、ニセコ町長 片山健也氏をお招きして、オンラインでのトークセッション「小さな世界都市をつくる − ニセコ片山町長が語る観光まちづくり」を実施します。

「今だからこそできるインバウンド観光対策」Facebookグループ活動の一環として、4月28日(水)にオンラインイベント「小さな世界都市をつくる − ニセコ片山町長が語る観光まちづくり」を実施いたします。本イベントでは、ニセコ町長 片山健也氏にお話をいただきます。

「今だからこそできるインバウンド観光対策」Facebookグループとは、新型コロナウイルスの影響により、インバウンドをはじめとした日本の観光業界には大きな影響が出ている中で、「知恵やリアルな経験を共有することにより、国際観光の中で、日本の競争力を高める」ことを目的に、MATCHAが運営するグループです。

イベント概要

・イベント名:小さな世界都市をつくる − ニセコ片山町長が語る観光まちづくり
・日時:2021年4月28日(水) 20:00~21:30
・参加方法(YouTubeライブ):https://youtu.be/oXF7ny5J_mM
・参加方法(Zoom):https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZcscuqtqjorGNB-8wpd7gce0fcFh_bmGTca
・参加費:無料
・定員:YouTubeライブなし/Zoom100名

登壇者

片山健也氏 − ニセコ町長
1953年、北海道生まれ。東洋大学法学部卒。民間会社を経て、ニセコ町役場入庁。職員時代に札幌大学法学部及び同大学院法学研究科非常勤講師、国土交通省地域振興アドバイザーなどを務める。2009年、ニセコ町長就任。現在、水資源保全全国自治体連絡会副会長、全国首長連携交流会共同代表等。

「今だからこそできるインバウンド観光対策」Facebookグループとは

新型コロナウイルスの影響により、インバウンドをはじめとした日本の観光業界には大きな影響が出ている中で、「知恵やリアルな経験を共有することにより、国際観光の中で、日本の競争力を高める」ことを目的に、これからの観光対策について考えていくFacebookグループです。MATCHAメンバーらが発起人となり2020年5月上旬にスタート。現在2400名以上のメンバーが参加しています。

インバウンドのキーマンを招いたオンラインでのトークセッション開催や、グループメンバー間の情報共有などでノウハウを蓄積しています。昨年末には、「インバウンド観光 再出発のガイドライン」を公開いたしました。参加は承認制となっておりまして、前向きなご参加をいただける方を歓迎しておりますので、ぜひリクエストください。なお、参加リクエストの際には表示される質問全てに回答をお願いいたします。

・Facebookグループ:https://www.facebook.com/groups/inboundfornow
・インバウンド観光 再出発のガイドライン:https://note.com/inboundfornow/n/n956b5c7b3618

MATCHAとは

MATCHAは、世界240以上の国・地域から月間340万人以上が訪れる、日本最大の訪日観光メディアです。観光、グルメ、文化、便利情報など、日本に関する魅力的な記事を10言語で発信。多国籍の編集者がプロの目線で編集し、熱量を持った記事をお届けします。 記事だけでなく、旅マエに嬉しい宿泊、ツアー、Wi-Fiなどの予約から、旅ナカで使えるクーポン券まで完備。訪日観光プラットフォームとして、日本旅行を総合的にサポートします。

・MATCHA:https://matcha-jp.com/
・サービスのご紹介:https://service.matcha-jp.com/

企業プレスリリース詳細へ
(2021/04/19-08:46)

クレジットソースリンク