2021年の年明けから続いた緊急事態宣言は解除されたが、新型コロナウイルス感染症によるパンデミック収束の見通しは依然立っていない。むしろ第4波の到来すら予測され、国境をまたぐことはおろか、国内の移動すらもはばかられる空気が漂っている。

たとえ新型コロナウイルス感染症が収束したとしても、次なるウイルスの出現によって、またいつこのような状況に引き戻されるかわからないのが現実だ。はたしてわたしたち人類は、心おきなく旅することなど、もはやできないのだろうか?

人類が突如として移動を止めた2020年代に、「ワンダーラスト=世界を探求したいという強い欲望」のありかと意味を改めて問う特集「WANDERLUST 越境への欲望」を世に投げかけた『WIRED』日本版は、世界に蔓延する諦めと落胆を打ち破り、次なる人類のグレートジャーニーを模索するべく、旅行事業「WIRED WANDERLUST TOURS」を立ち上げる。

この決断の背景には通信技術の進歩も大きくかかわっている。5Gの特長である1ms(1,000分の1秒)以下の超低遅延性によって、ハプティクス(触覚)技術は遅延による影響を受けることなく、高精度な触覚を再現することが可能になるだろう。

これにより、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)に代表されるXR技術とロボット技術を組み合わせ、まるで瞬間移動したかのようなリアルな感覚で遠隔地での作業や観光といったことを体験できるテレイグジスタンス(遠隔存在)の実装が現実味を帯びてきた。

いまやこうした技術の向上により、世界各地の都市や観光地にとどまらず、月や火星といった身近な宇宙や深海底へのヴァーチャルツアーの可能性が世界的に注目されている。こうしたなか『WIRED』日本版では、独自に積み上げてきたサイエンスやテクノロジーのネットワークを駆使することで、人類がこれまで文字通り「足を踏み入れたことがない」新たな秘境を開拓中だ。

すでに国内外の名だたる旅行系スタートアップやウェルビーイング・テックの最高経営責任者(CEO)たちが、「人類の歴史において新たな旅の価値を生み出そうとしている『WIRED』日本版とのアライアンスを視野に入れている」と語るように、パンデミックによって冷え切った旅行業界の起爆剤として注目されている(なお、『WIRED』日本版では引き続き「WANDERLUST TOURS」のパートナーを募集中だ)。

その最初の案件は、分子ロボットの技術を応用することで『ミクロの決死圏』よろしくツアー客自身の体内を巡るツアーだ。予約開始は2080年を予定している。

注意:この記事は4月1日に掲載されたものです。

クレジットソースリンク