世界最大級のオンライン旅行会社エクスペディア・グループは、世界有数のホスピタリティ企業であるアコーホテルズグループの協力の下、国連教育科学文化機関のユネスコ(UNESCO)が推進する『サステイナブルツーリズムの誓約』(以下「誓約」)の取り組みを世界96ヵ国にまで拡大いたします。

このたびの三者間合意により、世界に3,358軒ものホテルを展開するアコーホテルズは、環境持続可能性とサステイナブルツーリズムを世界規模で推進することとなります。エクスペディア・グループとアコーホテルズグループは今後ますます、“責任ある観光”、“地域社会の回復力”、“世界遺産の保護”を推進すると共に、グロバールツーリズムのあり方と影響を変化させることを最終目標とするユネスコの本誓約に基づき、使い捨てプラスチック製品の削減と廃止を支援し、地域経済と文化の促進に努めてまいります。

ユネスコによる本誓約は、2019年10月、エクスペディア・グループとタイ国政府観光局との活動を皮切りに初めて発表されました。翌2020年にタイの特設サイトが開設されて以来、タイ国内の500軒を超えるパートナー宿泊施設様が誓約に署名しました。この度、アコーホテルズも本誓約に署名することとなります。
今回の誓約の拡大の背景には、持続可能な観光への取り組みに対する旅行者の認知度と需要の高まりや、ミレニアル世代とZ世代の環境意識の高さが挙げられます。また、ウェイクフィールド・リサーチ社(Wakefield Research)とエクスペディア・グループが2020年に合同で実施した渡航に関するアンケート調査の結果によると、40歳以下の若年旅行者は他の世代の旅行者に比べ旅先を選ぶ際に環境への影響を考慮することが分かりました。※1

「私たちにはホスピタリティ業界が環境に与える影響を低減させるべく、持続可能かつ具体的な解決策を顧客に提供する責任があります。アコーおよび当グループ傘下のホテルは、お客様へのサービスに使用するすべての使い捨てプラスチック製品を2022年までに撤廃することを目指しています。我々は、エクスペディア・グループと協力関係を結ぶことによりこの取り組みをさらに加速させるべく、本日、『ユネスコのサステイナブルツーリズムの誓約』に参加いたしました。我々は、世界中のどのホテルにおいても上質なホスピタリティをお客様にご提供できるよう、この取り組みを引き続き牽引してまいります。3,358軒のホテルが参加する本契約は、当社が推進している持続可能な開発プログラム「Planet 21 – Acting Here」の延長線上にあるものです。Planet 21プログラムでは、物資の現地調達や多様性の尊重のほか、水、エネルギー、廃棄物の管理に関する具体的かつ定量的な目標が定められています。2011年に発足したPlanet 21プログラムは、“社員に対する働きかけ”、“お客様の関与”、“パートナーと共同で行うイノベーション”、“地域コミュニティとの取り組み”という4 つの戦略的優先事項に基づいており、食品と建物の持続性を主要な課題としています。私たちは、ビジネスパートナーの皆さまと共にこの新たな誓約を推進していくことを楽しみにしています」 (アコーホテルズ、 SVP セールス & ディストリビューション 部門の マーカス・ケラー(Markus Keller )氏のコメント)

「『ユネスコのサステイナブルツーリズムの誓約』は、言葉を行動に移すことを目標としており、環境に配慮した持続可能な観光に対する意識の向上と世界における取り組みの推進のため、ホスピタリティ業界と緊密に連携していくことを明確にするものです。サステイナブルツーリズムを推進し、旅行地の環境を保護するには、すべての人がそれぞれの役割を担う必要があります。アコーとの連携は、旅行業界で排出される廃棄物を最小限に抑えることを目指し、世界規模で取り組みを行うために必要な第一歩と言えます」(エクスペディア・グループ、ストラテジック・アカウント部門の シニア・バイス・プレジデント、ザヘラ・ワシントン(Zuhairah Washington) のコメント)

「パンデミックが観光と文化の分野に大きな打撃を与えたため、集団的努力はますます重要になっています。ドイツ、アコーおよびエクスペディアの取り組みがこのセクターの他の主要な企業や団体に影響を与え、更なる責任ある観光を提供するための投資を奨励するよう願っています」(ユネスコ事務局長、オードレ・アズレイのコメント)

ユネスコは本日、ドイツ連邦経済協力開発省がユネスコの誓約をボスニア ヘルツェゴビナ、カンボジア、ジョージア、インドネシア、ケニア、ナミビア、ベトナムを含む7か国で広める活動を支援するため、200 万ユーロ(約2億6000万円)を寄付したことも発表しました。この取り組みは、新型コロナウイルスの影響から観光事業を力強く回復させ、旅行業界における持続可能な開発の推進を行うユネスコの活動を後押しします。

持続可能性と環境への配慮を向上させるためにエクスペディア・グループがアコーホテルズグループと共にが実施している取り組みについては、https://youtu.be/MR4FI2_51Y0よりご覧いただけます。

――――――――――――――――
※1 Wakefield Research が 13 か国、30,000 人の旅行者を対象に 2020 年に 2 つの調査を実施。最初の調査は、新型コロナウイルスの発生による世界的な渡航・移動制限が発令される前の 2020 年 3 月初旬に完了。アンケート調査の対象者 26,000 人 (18 歳以上) のうち、13 か国 (オーストラリア、日本、韓国、フランス、ドイツ、スペイン、南アフリカ、アラブ首長国連邦、イギリス、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、アメリカ)、2,000 人の回答を収集。2 つ目の調査は 2020 年 5 月に実施され、感染拡大を踏まえて最初の結果に基づき調査を拡大。オーストラリア、フランス、ドイツ、日本、メキシコ、スペイン、イギリス、アメリカにおいて、1,000 人ずつ、計 8,000 人を対象にアンケートを実施。

【アコーについて】

アコーは、110 か国に点在する 5,000軒以上の宿泊施設と 10,000軒以上の飲食店を擁する世界屈指のホスピタリティ企業です。高級ブランド、中価格帯・低価格帯の商品、ユニークなライフスタイルコンセプト、エンターテイメント・ナイトスポット、レストラン、バー、ブランドプライベートレジデンス、共同宿泊施設、コンシェルジュサービス、コワーキングスペースなど、業界屈指の多様性と総合力を持つホスピタリティエコシステムを形成しています。アコーはまた、ひときわ異彩を放つブランドポートフォリオと世界約 30 万人の従業員を誇ります。様々な特典やサービスを提供する充実したロイヤルティプログラム「ALL – Accor Live Limitless」には、6,500万人以上の会員が登録しています。また、「Planet 21 – Acting Here」、「Accor Solidarity」、「RiiSE」、「ALL Heartist Fund」などの取り組みを通して、アコーは企業倫理、レスポンシブルツーリズム、環境持続可能性、地域社会への貢献、ダイバーシティ、インクルージョンに関する積極的な活動の推進に注力しています。1967 年に設立し、フランスに本拠地を置くAccor SA は、ユーロネクスト (ISIN コード : FR0000120404)と米国のOTC 市場 (ティッカー : ACRFY)に上場しています。詳細についてはgroup.accor.comをご覧になるか、Twitter や Facebookでアコーをフォローしてください。

【ユネスコについて】

ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の使命は、教育、科学、文化、コミュニケーション、情報における独自の機能を駆使して、平和の構築、貧困の撲滅、持続可能な発展、異文化間の対話の推進に貢献することにあります。ユネスコは、共通の価値観の重視に基づき、さまざまな文明、文化、人々の対話を推進する状況を創出するために活動してきました。この対話を通じて、世界は人権の遵守、相互尊重、貧困の緩和を含む、持続可能な開発のグローバルなビジョンを達成することが可能となり、これらすべてがユネスコの使命と活動の中心となっています。

【エクスペディア・グループ について】

エクスペディア・グループはグローバルプラットフォームを通じて、世界中のすべての人々が旅をより楽しく、実現可能に、そして身近なものにすることを目指しています。私たちは旅行は人々に活力を与えるという基本的な信念に基づき、人々が新しい方法で世界を体験し、永続的なつながりを築くための旅行サービスを提供しています。また、お客様に思い出に残る体験をご提供すると共に、パートナー企業の成長と成功を促進する業界をリードするテクノロジーソリューションを提供しています。Expedia Group 傘下の旅行ブランドには、Expedia®, Hotels.com®, Expedia® Partner Solutions, Vrbo®, Egencia®, trivago®, Orbitz®, Travelocity®, Hotwire®, Wotif®, ebookers®, CheapTickets®, Expedia Group™ Media Solutions, Expedia Local Expert®, CarRentals.com™, and Expedia Cruises™ が含まれます。
© 2021 Expedia, Inc., an Expedia Group company. All rights reserved. Expedia および Expedia Group のロゴは、Expedia, Inc. の商標です。CST: 2029030-50

<本リリースに関する問い合わせ先>

エクスペディア広報事務局 (アビアレップス内)
TEL:03-3225-0008 / FAX:03-5363-1118
E-mail:[email protected] 担当:水谷玲子


クレジットソースリンク