近畿日本ツーリストの店舗(写真は開店前、東京都武蔵野市)

希望退職者の募集結果についての発表が連日続いている。今年に入って2カ月余りだが、その数は上場企業だけですでに20社近い。応募者が最多だったのは旅行大手の近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT-CTホールディングスの1376人で、LIXILの965人、オリンパスの844人などが次ぐ。紳士服の青山商事、外食大手のロイヤルホールディングスでは応募人数が募集を5割以上も上回った。

2021年に入り、希望退職者募集の計画を発表した上場企業は17社あり、その大部分が現在募集中。下着訪問販売のシャルレ、映像事業のIMAGI→続きを見る

“>CA GROUPのようにすでに募集を終えたところが2社あるほか、製靴大手のリーガルコーポレーション(募集規模100人)、たばこ・食品のJT(同1150人)などは3月以降に募集を予定する。

KNT-CT、在籍7000人の2割が応募

これとは別に目下、発表が相次いでいるのが昨年中に希望退職者の募集計画を公表し、年明け1月から2月にかけて実施した企業の募集結果(募集期間が昨年末から今年にまたがるケースが一部あり)。3月2日時点で、少なくとも19社(シャルレ、IMAGI→続きを見る

“>CAを含む)を数える。

KNT-CTホールディングスは1月に人数を特に定めず募集したところ、応募者が1376人に上った。傘下の近畿日本ツーリストを中心に35歳以上の従業員(パート社員を含む)を主な対象とした。応募人員は約7000人の在籍人数のほぼ2割にあたる。

KNT-CTの2021年3月期業績予想は売上高が77%減の870億円、営業赤字355億円(前期は16億円の赤字)。新型コロナ禍で悪化した業績の立て直しに向け、会員組織による個人旅行のクラブツーリズム事業、首都圏での法人旅行事業を中核とする一方、個人・団体旅行事業は集約・縮小するなどの構造改革を進めており、希望退職もその一環だ。

1000人規模のLIXIL、オリンパスは予定に届かず

LIXILは1200人、オリンパスは950人の規模で退職者を募ったが、LIXILは約2割、オリンパスは約1割それぞれ想定を下回った。

自動車ランプ大手のスタンレー電気では予定の300人程度に対し、応募が155人と半数だった。ピストンリング大手のリケンも応募は予定の3分の2の103人にとどまった。

5割超過だった青山商事とロイヤルHD

逆に応募が予定数を5割超過したのは「洋服の青山」を展開する青山商事。400人程度の募集に609人が応募した。ビジネスウエアのカジュアル化が進展していたところに、コロナ禍による在宅勤務の広がりでスーツ需要がさらに落ち込んだ。

青山商事が展開する「洋服の青山」(東京・銀座の店舗)

「ロイヤルホスト」や「天丼てんや」などのロイヤルホールディングスでも募集200人程度に対して応募が1.5倍の315人に上った。同社は総合商社の双日に支援を求め、再建を進めることになった。

アパレル大手のTSIホールディングス、スポーツ用品大手のデサント、エレクトロニクス商社の丸文などでも応募が1割以上多かった。

今年に入り、各社が発表した希望退職者の募集結果を集計すると約6100人となる。新型コロナウイルス感染拡大の収束が見通せない中、希望退職者の募集を決断する動きは衰えを見せておらず、雇用情勢への懸念は高まるばかりだ。

◎2021年に入り、希望退職者の募集結果を発表した上場企業


























企業名 応募人数 募集人数
KNT-CTホールディングス 1376 定めず
LIXIL 965 1200
オリンパス 844 950
青山商事 609 400
東芝(東芝デバイス&ストレージ) 452
TSIホールディングス 351 300
ロイヤルホールディングス 315 200
曙ブレーキ工業 233 180
スタンレー電気 155 300
デサント 124 110
丸文 115 100
IMAGI→続きを見る”>CA GROUP 105 100
リケン 103 150
三菱製鋼 98 100
竹田印刷 88 100
カシオ計算機 81 定めず
キーコーヒー 73 100
アマガサ 13 10
シャルレ 8 定めず

文:M&A Online編集部


クレジットソースリンク