ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.19 08:28

18日、東京お台場にある日本最大のコンベンションセンター「東京ビッグサイト」。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による緊急事態宣言期間中にも関わらず、日本最大の観光展示会「インバウンドマーケットEXPO2021」が開かれた。日本に来る外国人観光客を呼び込もうと、今回の展示会に590社が参加して1515カ所のブースを構えた。4日間の日程で開かれるこのイベントに、この日一日だけで5000人近い人々が集まった。

主宰側である日本能率協会が40年以上別々に開いていた行事を、2018年から1つにまとめたから可能なことだった。国際ホテル・レストラン・ショー、地域産品展、フード・ケータリングショー、パッケージ×デザイン展などが統合対象だった。今年7月に予定された東京オリンピック(五輪)雰囲気を盛り上げようとする趣旨だった。

だが、前日でさえ新型コロナによって今回の行事が延期になるのではないかという予想が多かった。1月に予定された日本旅行協会(JATA)と政府観光国主催の大規模な博覧会も日本政府の緊急事態宣言の影響で中止になった。

この日も緊急事態宣言中だった。先月8日から東京都など10都府県が適用対象となり実施されている。新型コロナの一日感染者は減っているが、依然として1000人を越えている。新型コロナワクチンの接種が始まった前日も1447人の感染者が確認されて累積感染者が42万人を超えた。拡大傾向が弱まれば緊急事態を早期に解除する場合もあるとしている日本政府も「少なくとも今週は緊急事態の早期解除は検討しない」としながら緊張が緩めないでいる。

このような状況で日本最大の観光展示会が予定通りに開催された。新型コロナを理由に東京五輪を中止あるいは延期するべきだという世論が高まっていることに対応し、日本政府と旅行業界が何とかして五輪を予定通り行わなければならないという雰囲気を作ろうとする狙いがあると解釈できる。各種懸念はあったものの、会場には制限人員を満たすほど多くの参加者が集まった。日本政府は緊急事態の中でも人員を5000人に制限すれば大規模イベントを開けるように許容している。

日本能率協会広報担当の田辺愛子氏は、外国人の観光が再開されると予想される来年は、海外参加者を招待してもっと大きな規模で開く」と話した。

今年の博覧会の共通点は非対面、非接触、サブスクリプション方式だった。新型コロナ以降のニューノーマルと脱石炭時代の観光産業を先取りして見せたという評価だ。新型コロナの直撃を受けた観光業界の資金負担を減らし、慢性的な人材不足を解決する代案を提示したことも特徴だった。

予約する時にパスポートの写真さえ登録すれば投宿期間に職員とほぼ触れることがないホテルや利用者がいない時を確認して一人で楽しめる温泉、人工知能(AI)が計算する食堂なども紹介された。

クレジットソースリンク