東京都が主催する「アクセシブル・ツーリズム推進シンポジウム」は、国内外から多様な旅行者を迎えるに当たり、障害者や高齢者等が安心して都内観光を楽しめる「アクセシブル・ツーリズム」の充実に向けた取組みの推進を目的としている。

 4回目となる本シンポジウムは、2月5日(金)にオンラインでの開催が決定。初のオンライン開催となったことでオフィスや自宅にいながら移動時間や交通費をかけずに参加できるため、幅広い層の方々からの来場が期待される。※2月8日(月)からアーカイブ配信を予定。

 基調講演にはパラリンピアンの谷 真海氏をお招きし、「パラスポーツを通して共生社会の実現を考える」と題した講演を行う。自身の経験をもとにパラリンピック、パラスポーツの人々の意識を変える力について説明いただくとともに、誰もが過ごしやすい・行きたいところに行くことができる社会の実現に向けたメッセージをお話しいただく。

 パネルディスカッションでは、「コロナ禍におけるアクセシブル・ツーリズム」をトークテーマに、新型コロナウィルス感染防止のための新しい生活様式がニューノーマルとなる今後を見据え、観光産業におけるアクセシブル・ツーリズム振興上の課題を洗い出し、感染予防とホスピタリティを両立させる取り組みを考える。

 そのほかにも6人の登壇者がそれぞれのテーマで講演いただくミニセミナーや、アクセシブル・ツーリズム推進事業に関連する企業の商品、サービスを紹介するオンライン展示コーナーなどのイベントや、新たにアクセシブル・ツーリズムを事業に取り入れたい企業や、旅行に関するお悩みをお持ちの方に向けたオンライン相談コーナーを設置。

開催概要

日程:令和3年2月5日(金)13:30~(2月8日(月)~アーカイブ配信)

参加費:無料

内容:

●基調講演(13:40~14:10) 

「パラスポーツを通して共生社会の実現を考える」

講師 谷 真海氏(パラリンピアン/サントリーホールディングス株式会社)

●パネルディスカッション(14:10~15:00)

「コロナ禍におけるアクセシブル・ツーリズム」

モデレーター:川内 美彦(アクセシビリティ研究所 主宰/日本トイレ協会 副会長/東洋大学

人間科学総合研究所 客員研究員/工学博士・一級建築士・アクセス

コンサルタント)

パネリスト:高萩 徳宗 (有限会社ベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツ 代表取締役)

渕山 知弘 (株式会社プランニングネットワーク/ユニバーサルツーリズムアドバイザー(office FUCHI ~オフィス・フチ~ 代表))

大日方 邦子(冬季パラリンピック アルペンスキー金メダリスト/株式会社電通

パブリックリレーションズ プロジェクト・マネージャー)

●ミニセミナー(アクセシブル・ツーリズムの最前線で活躍する講師による6コース)

池田 君江(NPO法人ココロのバリアフリー計画 理事長)

三代 達也(車椅子トラベラー)

久保 陽奈(弁護士)

高木 友子(公益財団法人日本ケアフィット共育機構 理事・事務局長)

新津 研一(一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会 代表理事・事務局長)

室井 孝王(NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長)

●オンライン展示コーナー:アクセシブル・ツーリズム推進事業に関連する企業の商品、サービスを紹介するコーナー。

・商業施設内の移動をサポートするサービス

・視聴覚障害間や多言語でのコミュニケーションを支援するサービス

●オンライン相談コーナー(事前予約制):Web会議システムを使ったオンライン相談コーナー。

・公益財団法人 東京観光財団

・NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

来場はコチラ:https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/tourism/accessible-tourism-tokyo/jp/

※情報保障(WEBサイト内:音声読み上げあり、講演:手話通訳、字幕などあり)

※オンライン相談コーナーの事前予約も上記URLよりお申込みいただけます。

お問い合わせ先:アクセシブル・ツーリズム推進シンポジウム事務局 TEL 03-3230-0787

クレジットソースリンク