様々な業種で展開されるサブスクリプションサービス(サブスク)に注目が集まる中、トヨタが展開するクルマのサブスク「KINTO」が高い人気を集めています。発表によればKINTOは昨年6月以降、1か月で1000台を超える契約数を連続して獲得。クルマという高額商品ではこの実績は異例のことです。そんな中でKINTOは、新サービスとしてオンラインプラットフォーム「モビリティマーケット」(モビマ)を2021年4月より立ち上げることを発表しました。その狙いはどこにあるのでしょうか。

↑KINTOが4月より提供するオンラインプラットフォーム「モビリティマーケット」(モビマ)

 

目的は「移動のよろこび」を感じてもらえること

モビマはコロナ禍で移動が制限されている昨今、人間が本来より持っている「どこかに行く」というニーズに応えることを目的として提供されるもの。近い時期にコロナ禍が落ち着き、移動が自由になる時に向けて「移動のよろこび」を感じてもらえるサービスを目指します。

 

利用は日本国内の在住者・滞在者なら誰でも可能ですが、KINTO契約者には特別な特典も用意。契約期間中1台を選ぶ「KINTO ONE」では3万円相当、契約期間中複数台を選ぶ「KINTO FLEX」では6万円相当の優待や様々な特典が予定されているのです。つまり、単に「クルマ」に乗る楽しみ方を与えるだけでなく、出かけた時に感じる「移動のよろこび」までもコミコミで提供するのがモビマ最大の特徴と言えるでしょう。

↑モビマはクルマだけだったサブスクが「移動のよろこび」までもコミコミとなる

 

その実現のために用意したカテゴリは以下の5つ。それぞれ目的にマッチしたアクティビティを用意しています。

↑モビマが用意するカテゴリー

 

【新しい生活の扉を開こう】

キャンピングカーを利用したワーケーションや、シェアサイクルで巡る旅、ドライブインシアターなど、ニューノーマル時代の新たな移動体験を提供。

 

【心踊るスペシャルな体験を】

海外でのKINTOブランドのカーシェアや、モータースポーツの観戦・体験、クルマでしか行けないようなローカルでの食事と体験など、クルマを使った非日常体験を提供。

 

【クルマ時間をとことん楽しもう】

カーコーティングや、レジャー時の駐車場予約、クルマの中で流す音楽やお出かけを楽しくするカメラなど、快適なクルマ時間を演出するサービスを提供。

 

【もっと気持ちよく、軽やかに】

クルマ・電車・バス・船をはじめ複数の移動手段を組合わせたMaaSや、リムジンによる自宅から空港への送迎など、シームレスでストレスフリーな移動サービスを提供。

 

【やさしく移動を応援】

ドライビングレッスンや、移動する日をピンポイントでカバーする保険、クルマの中の除菌など、移動の安心安全をサポートするサービスを提供。

 

これらアクティビティの活用範囲は広く、このサービスを実現するにはトヨタだけで提供することはできません。そこで国内事業者と提携し、現時点で20社が確定。さらに30社前後と協議中だということです。その中にはJTBや近畿日本ツーリストなどの旅行会社も含まれますが、ここで提案されているのは一般的な旅行商品ではなくKINTO向けにクルマ移動を前提とした旅プランです。これを踏まえ、他の提携先ともKINTOに最適化したサービス内容になるよう詰めていくとのことです。

↑4月からスタートするモビマで提携する会社は20社。小寺社長は「今後100社、200社と増やしていきたい」とする

 

加えて、コロナ禍が落ち着いて海外へ出かけられるようになった頃には、トヨタが海外16か国で展開するカーシェアサービス「KINTO SHARE」も利用できるようにする計画とのことでした。海外でもシェアできるようになれば、海外での移動のハードルがいっそう下がることが期待されます。

↑KINTO契約者は、サービスを展開している16の国と地域でカーシェアも受けられる準備も進めている

 

提携サービスを将来は100社、200社と増やしていく

モビマを提供する狙いについてKINTOの小寺信也社長は次のように説明しました。「クルマの利用だけでなく、クルマをもっと楽しんでいただくためにモビマを展開することにした。サービスが点在している中で、モビマを開くことで、ここに来るだけで(それらに)アクセスできるようにしたい」。そのために提携事業者も「現在の20社を、将来は100社、200社と増やしていきたい」(小寺社長)と、今後サービスの拡大に意欲を示しました。

↑新たなサービス「モビリティマーケット」について説明するKINTO小寺信也社長

 

KINTOではこのサービスに先行して2020年末にスタートアップキャンペーンを実施しており、そこではキャンピングカーと車中泊スポットをセットにしたワーケーション体験や、シェアサイクルを組み合わせた旅行プラン、レンタカーとドライブシアターをセットにしたエンタメ体験など“移動の喜び”を感じられるサービスを用意しました。その結果は「参加者の満足度は70%を超えており、サービス展開への手応えを感じた」と小寺社長が話すほど好評だったそうです。

↑移動そのものに対して様々なサービスを提供するため、パートナー作りにも積極的だ

 

また、質問でモビマへの出店料について聞かれた小寺社長は、「パートナー企業からいただく費用は必要最低限としていて、出店料で利益をあげることを目的にしてはいない。あくまでユーザーに対して様々なサービスを提供し、クルマで移動する楽しみを体験できるコンテンツを利用していただくことが第一の目標」と回答。モビマでのサービスをまずは充実させていく考えを示しました。また、4月の正式なオープン前の2月~3月にプレオープンの体験キャンペーンも予定しているとのことでした。

↑4月から本サービスがスタートする前の2月〜3月にはプレオープンのキャンペーンも実施する

 

■資料:提携予定企業一覧

※()内は提供ブランド名

 

KINTOは契約件数で月間1000件以上を連続して獲得

KINTOは2019年3月にサービスを開始し、発表によれば20年12月までの累計で契約件数は1万2300件に達したということです。特に契約数が増えたのは、車種の拡充や認知度を高めるテレビCMなどを本格化させた20年6月以降で、毎月1000件を超える契約が順調に獲得できるようになりました。KINTOは法人契約もできますが、リース契約とは違って特に個人ユーザーが全体の8割を超えているのも大きな特徴です。ただ、「(経営的には)今は限りなく黒字に近いところまで来たという段階」(小寺社長)であり、KINTOとしてはモビマのようなサブスクらしい独自企画を提案し、認知度を高めていく計画です。

↑取扱車府を増やし、昨年の6月よりTV-CMの放映以降、毎月1000件を超える契約数を獲得し続けている

 

↑新車購入者全体よりもKINTOでは20〜30代の比率が高いことがわかる。保険料を込みとした内容が評価されているとみる

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 


クレジットソースリンク