land-casino

日本では統合型リゾート整備推進法が2016年に可決され、近い将来ランドカジノが誕生する事が予定されています。

これまで日本ではギャンブルが禁止されていたので、ランドカジノが誕生するのであれば大きな変化となりますよね。では実際に日本にランドカジノが誕生した場合、どのような変化があるのでしょうか。

この記事ではランドカジノが誕生した際の周辺の変化と日本人への影響について紹介していきます。

カジノが設置された後の周辺の変化

横濱や幕張、お台場など多くの都市が統合型リゾートの設置場所として検討されていますが、実際に統合型リゾートが建設された場合、これらの都市にはどのような変化があるのでしょうか?

まず統合型リゾート建設にあたりでインフラが整備されるでしょう。道路の拡張や各路線の延長、新しい駅の設置など多くの変化があるとされています。

そして、統合型リゾートの周辺には、より多くの観光客を獲得するためにショッピングモールなどのエンターテイメント施設やホテルなどが新しく建設されるようになるでしょう。

総合型リゾートが建設された場合、その経済効果は年間2兆円、6兆円ともいわれており、統合型リゾートが建設された地域では大きな恩恵を受けることができるでしょう。

また、統合型リゾートが建設されれば多くの雇用も生み出されます。そうすることによって、日本全国から多くの人が集まり、統合型リゾート周辺に人口が増えることも予想されています。

また、統合型リゾートは主に外国人観光客向けとして建設されますが、周辺に観光施設が増設されることにより日本全国からも日本人観光客が多く訪れるでしょう。

このように統合型リゾートが建設されれば、周辺にて大きな変化が予想されます。

ただし、統合型リゾートが建設されることによる影響には良いことばかりではありません。まず観光客が増えることにより街が汚染される可能性が考えられます。多くの外国人観光客が来ることにより治安の悪化も予想されています。実際に市民からは「カジノがある地域では子供を育てたくない」という声も上がっており、統合型リゾートの建設に関してネガティブな声も少なくありません。

日本人への影響

では統合型リゾートが建設されたら、日本人にはどのような影響があるのでしょうか?

日本人にとってランドカジノが人気のギャンブルとして定着するのでしょうか?

日本にランドカジノが建設されるということは、日本にとってとても大きな変化であるために国民から大きな反応がありました。

しかし、ランドカジノが設立されたからといって、実際に日本人が利用するかは別の話です。というのもランドカジノは日本人ではなく、外国人観光客をターゲットに設置されるからです。

日本政府としては日本人をギャンブル依存症から保護するために、日本人によるカジノの利用は最小限にとどめたいという考えがあります。そのため、日本人がランドカジノを利用する場合には入場料が発生したり、利用回数に制限があったりなど色々な規定が定められる予定です。

また、ランドカジノは主に富裕層をターゲットに設立される娯楽施設です。ランドカジノでは使用する金額も大きく、ドレスコードもあります。そのため、現在日本で人気を集めているギャンブルや競馬のように気軽に利用できるというわけではないので、現在日本にいるギャンブラー全員がランドカジノに魅力を感じるわけではありません。

そのため、ランドカジノが設立されたからといって日本人の注目が一気にランドカジノに集まるというわけではなさそうです。

しかし、統合型リゾートが建設されれば、その周辺の観光施設は日本人にとっても魅力的となります。そのため、実際にランドカジノを利用するかどうかは別として、日本人にとって新たな観光スポットとして人気を集めることは間違いないでしょう。

オンラインカジノが合法に

ランドカジノが設置されれば、日本でカジノが合法になるということを意味します。そうすると、これまで以上に自由にオンラインカジノも楽しめるようになるでしょう。現在では主にヨーロッパのオペレーターが運営するオンラインカジノのみを使用することができますが、もしギャンブルが合法となれば、日本企業によるオンラインカジノも誕生することが予定されています。そうすればより日本人のニーズに合ったオンラインカジノが誕生し、自由にカジノゲームで遊べるようになります。そのため、今後日本においてはオンラインカジノが主流なギャンブルとして人気を集めるようになるでしょう。

そうするとこれまで以上にパチンコや競馬の人気がなくなり、パソコンやモバイルからプレイすることができるオンラインカジノに人気が集中することが予想されています。

ギャンブルに関して言うのであれば、統合型リゾートが設置されるということよりも、日本でギャンブルが合法になるということのほうが影響力が大きいと言えるかもしれません。