23歳まで待つと、離婚する可能性は低くなる

Getty Images

ノースカロライナ大学グリーンズボロ校の2014年の調査では、18歳で同居または結婚するアメリカ人女性の離婚率は60%。23歳まで待った女性の離婚率は約30%だった。

「夫婦がその最初の決断をするまでの時間が長ければ長いほど、成功の可能性が高くなる」とアトランティック誌は報じている。

恋愛感情は1年しか続かない

恋愛感情は1年しか続かない

Klaus Vedfelt/Getty

ハネムーンは永遠には続かない。イタリアのパビア大学が2005年に行った研究によると、恋愛の寿命は約1年。その後、強烈な恋愛感情をもたらす化学物質の濃度が下がり始める。

心理学者で人間関係の専門家であるヘレン・フィッシャー(Helen Fisher)氏は「恋愛」という感情が具体的にいつ薄れ始めるのかは不明だが「進化上の理由から」そうなると述べた。

「1人の人に集中するのは、非常に高くつくことがある」

2人が似ている場合もあるし、そうでない場合もある

2人が似ている場合もそうでない場合もある

‘The Break-up’/Universal Studios

1950年から60年にかけて、カナダの心理学者エリック・バーン(Eric Berne)氏は、個人のアイデンティティを理解するために自我状態モデルを使った。それは我々一人一人が三つの「自我状態」を持っているとするものだ。

  • 親としての自我:教えられたことについて考える
  • 子どもとしての自我:感じたことについて考える
  • 大人としての自我:学んだことについて考える

パートナーとの関係性では次のようなことだ。

  • 親としての自我:世界について同じような価値観や信念を持っているか。
  • 子どもとしての自我:一緒に楽しいか。一緒に旅行するのが好きか。
  • 大人としての自我:相手を利口だと思うか。一緒に問題を解決するのが得意か。

人々はしばしば、この「バランスを取る」ように交際する。例えば、カップルの一人は学習好きで、もう一人は遊び好きであるように。

一番幸せな結婚は親友同士の結婚だ

ミラ・クニス(Mila Kunis)と夫のアシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)がNBAレイカーズの試合を観戦。

ミラ・クニス(Mila Kunis)と夫のアシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)がNBAレイカーズの試合を観戦。

Stephen Dunn/Getty

2014年のアメリカ経済調査局の調査で、結婚生活は友情のおかげで幸福度が向上することがわかった。この調査では、結婚は幸福の向上につながると結論付けられた。友情は結婚と人生満足度の因果関係を説明する重要な要素だという。

年齢が近いほど、離婚する可能性は低くなる

年齢が近いほど、離婚する可能性は低くなる

naveebird/Getty Images

アメリカの3000人に対する研究で、年齢の差と離婚率に相関関係があることがわかった。

アトランティック誌の記事ではこう記されている。

「カップルの年齢が1歳違うと、同じ年齢のカップルと比較して離婚する可能性が3%高くなる。5歳の差があると18%、10歳の違うと39%に可能性が高まる」

パートナーのよい知らせの喜びを分かち合えば、よりよい関係を築くことができる

パートナーのよい知らせの喜びを分かち合えば、よりよい関係を築くことができる

Alex Brandon/AP

複数の研究で、よい知らせを積極的に祝ったカップルの方が、そうしなかったカップルよりも、幸福度が高いという結果が出ている。

たとえば、妻がパートナーの家に帰ってきて成果を分かち合うとする。カリフォルニア大学バークレー校の社会心理学者アミー・ゴードン(Amie Gordon)氏によると、「積極的建設的反応」が最もよいという。

  • パートナーから積極的で建設的な反応は熱烈な支持になる:「それはすごい!君ならできると思っていたよ。よくがんばったね」
  • 消極的で建設的な対応は、控えめな支持になる:温かい笑顔とシンプルな「それはいい知らせだね」
  • 積極的で破壊的な応答は、そのイベントを傷つけることになる:「あなたは今より長い時間働くことになるけど、本当にできるの?」
  • 最後に、消極的で破壊な反応は朗報を無視するものだ:「そうなんだ。さあ、今日の帰り道で私に何が起こったか、わかる?」

一緒に家事に取り組まないカップルは、すぐに怒りを募らせる

一緒に家事に取り組まないカップルは、すぐに怒りを募らせる

Rawpixel/Getty Images

ある世論調査によると、アメリカ人の60%以上が、家事を一緒にすることが結婚を成功させる上で重要な役割を果たしていると述べている。

『It’s Not You, It’s the Dishes』の共著者、ポーラ・スズチマン(Paula Szuchman)氏は、各人が得意な家事を分担するシステムを推奨している。「義理の両親に電話することを覚えているよりも、本当に料理が得意なら、それがあなたの仕事になるだろう」と彼女は書いている。

「彼よりも時間がかからないし、お母さんとおしゃべりしたとしても、彼がするよりも時間の節約になる」

我々はこれまでにないほど結婚に対して高い基準を持っている

我々はこれまでにないほど結婚に対して高い基準を持っている

Wikimedia Commons

ノースウェスタン大学の心理学者エリ・フィンケル(Eli Finkel)氏は、アメリカでは結婚生活に3つの段階があったことを発見した。

  • 制度的な結婚(建国から1850年まで)
  • 一緒にいる結婚(1851年から1965年まで)
  • 自己表現としての結婚(1965年以降)

1850年以前には、食べ物や住居の保護のために結婚していました。その後、産業革命に伴い、人々はより多くの余暇時間を持つようになったため、我々はパートナーを仲間として求めるようになった」 とフィンケル氏は言う。60年代以降は、人間関係を通じた自己実現への欲求があり、現在もそれを目指している。

二人の関係を試そうとしているなら、それは自信がないということ

二人の関係を試そうとしているなら、それは自信がないということ

Getty Images

デンバー大学の研究者による2009年の研究によると、ほとんどのカップルは、結婚前に同棲するのは関係を試す以外の理由だった。

しかし、関係をテストしたと報告したカップルは、多くの否定的な感情を経験する可能性が高かった。例えば、男性には抑うつと不安の数値が高く、女性は放棄される不安の値が高かった。そして両方とも関係に自信がなかった。

2016年のPsychology Todayのコラムで、この研究の著者の一人が次のように説明している。

「同棲によって二人の関係をテストしようと考えている人の多くは、結果がどうなるか、わかっている。時間の経過とともによくなることを期待しているのだ」

配偶者に経済的に依存していると、浮気をする可能性が高くなる

配偶者に経済的に依存していると、浮気をする可能性が高くなる

Getty Images

世間一般で信じられているのとは異なり、高額所得のカップルだから不倫が多いということはない。所得と不貞の関係はそれよりもっと微妙だ。

コネチカット大学の研究によると、経済的に配偶者に依存している人は不誠実である可能性が高く、特に金銭的に女性に依存している男性で顕著だという。

興味深いことに、女性が一家の稼ぎ手である場合、不正を働く可能性は低くなります。男性が稼ぎ手である場合、彼らは不正をする可能性が高い。

我々は自分のパートナー以外は皆、不貞を働いていると考える

我々は自分のパートナー以外は皆、不貞を働いていると考える

Shutterstock/Ana Blazic Pavlovic

自分のパートナー以外は誰も信用できない?

カルガリー大学の2015年の研究によると、異性愛者の学生は、異性のメンバーがパートナーをだましている可能性は約40%と考えている。しかし、その同じ学生が、自分のパートナーが不正行為をする可能性は5%しかないと答えた。実際にパートナーを裏切ったことがあると参加者が答えた割合は9%だ。

お互いに感謝しているカップルは長続きする

お互いに感謝しているカップルは長続きする

Getty Images

Business Insiderが報じているように、感謝は永続的な関係の鍵になるかもしれない。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究では、被験者にプライベートな日誌をつけてもらい、パートナーが自分にしてくれたことやどう感じたかを記録してもらった。結果的に、お互いにより感謝しているカップルは、その関係がより強いと感じていることが分かった。

一方、カリフォルニア大学バークレー校の研究者による一連の研究では、感謝しているカップルほど、9カ月後も一緒にいる確率が高いことがわかった。

自分は一人ではないことに気付く

自分は一人ではないことに気付く5b4af9091ada1ebaa4

Frazer Harrison/Getty Images

一緒に暮らし始めてみると、自分には異なる優先順位と許容範囲があることに気付くかもしれない。例えば、混乱を引き起こすものは何で、そうではないものは何かなど。

「別々の人間だという現実を受け入れなければならない」とカップル・セラピストのエリン・バーダー(Ellyn Bader)氏は言う。

「パートナーはあなたが思っていた人や望んでいた人とは違い、二人は異なる考え、異なる感情、異なる興味を持っている」

ストレスが多いけれど、必要な進歩だ。

セックスに関しては、量よりも質

セックスに関しては、量よりも質

Vasiliy Koval / Shutterstock

Business Insiderでは、セックスの頻度と幸福度の関係についてのカーネギーメロンの研究を報じた。

研究者は、異性カップルのカップルを2つのグループに分けた。90日間、半分は通常のセックススケジュールを継続し、半分は2倍の頻度でセックスをした。実験が終わって研究者が各グループの感想をまとめると、頻度を倍にしたグループは少し幸福度が低かった。

この研究の主任研究者がニューヨークタイムズに語ったように、幸せになりたいのであれば、量より質だ。

幸せなカップルは、世間体や家族のためではなく、愛のために結婚する

最も幸せなカップルは、世間体や家族のためではなく、愛のために結婚する

Getty Images

結婚情報サイトeHarmonyが、2019年に2000人を対象に実施した調査によると、愛を理由に結婚したカップルの幸福度は、平均よりはるかに高かった。回答者の半数以上が、結婚すれば二人の関係がより幸せになるとも述べた。

また、幸せな夫婦は政治的に同意見で、同じようなレベルの教育を受け、開かれたコミュニケーションを信じている傾向があることが分かった。

人の意見や行動は変わるので、適応する準備をしておく

人の意見や行動は変わるので、適応する準備をしておく

Shutterstock

結婚して15年になるフィル・アッツィ(Phil Azzi)氏は、結婚の秘密を尋ねられ、「あなたは、配偶者が毎日変わるのと同じように変わっている」と答えた。

「あなたの配偶者があなたの人生と対立するような変化をしたとき、影響を受けるのはあなたの人生であり、あなたの人生は変えることができる」とアッツィ氏は付け加えた。

「適応する準備ができているか、同じ議論を何度も繰り返すか。配偶者があなたの変化に毎日順応していることは、ほぼ確実であることを忘れないで」

SNSの利用の仕方について話し合っておく

結婚の前にSNSの習慣について話し合っておく

Tim Robberts/Getty Images

ニューヨーク市で恋愛関係の専門家で結婚カウンセラーを務めるレイチェル・サスマン(Rachel Sussman)氏は以前、Business Insiderに対し、パートナーのソーシャルメディア利用をめぐって争うカップルの数が最近急増していると述べていた。

これらのカップルはパートナーがソーシャルメディアを閲覧したり、投稿したりするのに時間に費やすと腹を立てる。同氏によると、愛する人がインスタグラムなどのプラットフォームを利用して、元恋人と連絡を取り合えば、彼らは怒りを覚えるという。

クレジットソースリンク