2020年 6月11日(木)、京都・烏丸御池の複合施設「新風館」がグランドオープン。新風館内に入った全20店舗の中に、旅するように毎日を過ごすための道具が揃う「TRAVELER’S FACTORY KYOTO(トラベラーズファクトリー 京都)」が含まれている。

「TRAVELER’S FACTORY KYOTO(トラベラーズファクトリー 京都)」は、紙製品を中心としたステーショナリーを展開する株式会社デザインフィルのプロダクトブランド「トラベラーズカンパニー」が展開しているお店。京都店の入口にある看板に描かれたロゴの左側には、同カンパニーの主力プロダクトである「トラベラーズノート」が描かれている。

「トラベラーズファクトリー」の1号店は、2011年10月にオープンした中目黒。2号店は成田空港(2014年7月オープン)、3号店は東京駅(2017年4月オープン)と、関東エリアに店舗を展開してきた。そしてこの夏、4号店を京都にオープン。トラベラーズファクトリーにとって、京都への出店は関西初進出となる記念すべきストアだ。

店内に入ってすぐ、写真の通り数多の商品が目に飛び込む。こんなにたくさん見所があるとは、困ったものだ……(もちろん、とてもいい意味で)。

トラベラーズファクトリー京都は、実際に足を運ぶ前に、「どんなプロダクトがあるのか」「どんな楽しみ方ができるか」ある程度予習をしておく方がよさそうである。

そこで本記事では、トラベラーズノート愛用歴12年目の筆者が実際に店舗に行った上で「2020年夏」だからこそオススメしたい、トラベラーズファクトリー京都を満喫するためのチェックポイントを5つ紹介する。

1:「トラベラーズファクトリー京都オリジナルリフィル」を買う

トラベラーズファクトリー京都に行ったら最優先でチェックすべき要素は「限定プロダクト」で間違いない。とりわけ、トラベラーズファクトリーが展開するプロダクトの中でも中核と言える「トラベラーズノート」の京都限定プロダクトは、買う買わないを考えるのを後回しにして、まずはとにかく手に取ってほしい。

京都限定リフィルは、A4三つ折りの「レギュラーサイズ」で全3種類。

(写真左)トラベラーズノート リフィル KYOTO EDITION アイコン 420円+税

ピンクゴールドの箔押しされた京都らしい絵柄が眩しいリフィル。中紙は、ボールペンやシャープペンなどさまざまな筆記具と好相性なオリジナルの筆記用紙。

(写真中)トラベラーズノート リフィル KYOTO EDITION 奉書風合紙 500円+税

ネイビー表紙×ホワイト絵柄の限定リフィルの中紙は、和紙の一種である奉書紙の風合いを目指して作られたもの。万年筆で心地よく綴るためのノートとしてもおすすめだ。

(写真右)トラベラーズノート リフィル KYOTO EDITION 茶葉漉込紙 600円+税

緑茶の茶殻を紙の原料と一緒に漉き込んで作られた和紙を使用したリフィル。緑がかった中紙の色を引き立てるため、あえて黒のボールペンや鉛筆など王道の筆記具と一緒に使いたい。

2:2020年夏のマストアイテム「コットンバッグ」を購入

2020年7月1日から、全国でプラスチック製買物袋の有料化が始まった。この動きに伴って、老若男女のバッグには「マイバッグ」が必ずといっていいほど入っているることだろう。

トラベラーズファクトリー京都の限定プロダクトにも、マイバッグがあったので紹介する。

(写真左)コットンショルダーバッグ KYOTO EDITION ナチュラル 600円+税

折りたたみやすい柔らかさのコットン素材は、これから暑さが厳しくなる季節に向けて活躍してくれそう。ワンショルダー型なので、斜めがけにしても様になる。

(写真右)コットンバッグ <M> KYOTO EDITION ネイビー 460円+税

2020年らしい紹介をするならば「マスクがちょうどよく収まるサイズ」。他にマスクスプレーや汗拭きシートなどを入れて、夏の衛生対策ポーチとして活用するのがおすすめ。

コットンバッグ <M> を、身長164cmの筆者が持ってみた。サイズ感のご参考までに。

3:「カスタマイズスタンプコーナー」で京都旅の記念を押す

トラベラーズファクトリー全店で楽しめる「カスタマイズスタンプコーナー」は、京都にももちろんある。京都で用意されたスタンプのほぼ全てがインクパッド不要なタイプなので、よりくっきり、かつきれいに押しやすい。

おすすめのスタンプ絵柄はもちろん、京都限定版。舞妓さんや新風館など複数あるので、気になった絵柄はぜひ記念に押しておこう。

先述した京都限定リフィルのトラベラーズノートに押すと、さらに「京都旅行記念」の特別感が増す。写真のリフィルは茶葉漉込紙。

なお、カスタマイズスタンプコーナーには、アルコール消毒液も常設している。スタンプを押す前には必ず、手と指を消毒しよう。


クレジットソースリンク