大雨エリアは徐々に南下 雨が止んでも油断は禁物 土砂災害に引き続き警戒を

活発な雨をもたらした前線は南下して、15日の大雨のエリアは関東や東海地方の太平洋側に移動しています。東京都を含む関東地方などで警戒レベル4相当の土砂災害警戒情報が発表されました。
記録的な大雨となった九州北部や中国地方では一旦、雨は小康状態となっていますが、引き続き土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒をしてください。



関連リンク


安齊 理沙

日本気象協会 本社気象予報士/防災士/熱中症予防指導員

安齊 理沙

神奈川県出身、千葉県育ち。幼少期より、星や空、自然が大好き。
学生時代は気象予報士学生会の代表として活動。大学院では冬の温帯低気圧の研究をしていました。
現在はtenki.jpチームの…


おすすめ情報




クレジットソースリンク