3人がハット達成の國學院久我山が14発大勝!本郷は試合後半に一矢報いるも…

國學院久我山 vs 本郷

 4月11日、令和3年度関東高校サッカー大会東京予選が開幕。1回戦で國學院久我山と本郷が対戦した。

 選手権やインターハイなどで数々の戦績を誇る全国区の強豪、國學院久我山が相手だけに、本郷としては少しでも失点を抑え、ロースコアの対戦に持ち込みたいところ。

 國學院久我山はGK1村田新直(3年)、DF2飯野広陽(3年)、DF3木下泰輝(3年)、DF4永澤昂大(3年)、DF7岡井陶歩(2年)、MF6飯塚弘大(3年)、MF13高橋作和(2年)、MF14森次結哉(3年)、FW12植木己太郎(3年)、FW15中山織斗(3年)、FW18塩貝健人(2年)というスターティングメンバー。対する本郷はGK1小坂大樹(3年)、DF2斎藤寛太(2年)、DF3戸田隆凱(3年)、DF5両角将輝(3年)、DF8安川蒼眞(3年)、MF6小柳俊登(3年)、MF7高田凌成(3年)、MF9頼潤之介(2年)、、FW10神山崚(3年)、FW22服部雄輝(2年)がスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合は立ち上がりから國學院久我山が本郷ゴール前に襲いかかると、6分にFW塩貝が先制ゴールをあげる。するとその直後にFW中山が追加点。さらにその後、FW塩貝がペナルティエリア内で倒されPKを獲得すると自らキッカーとなり3点目のゴールを奪う。

 点を返したい本郷は、FKのチャンスを得るとDF安川が直接狙うも國學院久我山GK村田が直接キャッチ。なかなか点を奪うことができない。

國學院久我山 vs 本郷

 國學院久我山はその後も攻撃の手を緩めず、MF森次が4点目、FW中山が5点目、MF高橋が6点目、FW中山が7点目のゴールを挙げ、前半を終了。この時点でFW中山はハットトリックを達成した。

 後半に入っても國學院久我山の猛攻は続く。後半立ち上がりこそGK小坂のファインセーブなどでなんとか失点を防いでいた本郷だったが、MF高橋のゴールを皮切りに、次々と失点を許してしまう。

 苦しい展開となった本郷は、MF高田が1点を奪い一矢報いるも万事休す。終わってみれば國學院久我山はFW中山が4得点、MF高橋が4得点、FW塩貝が3得点と、3人がハットトリックを達成するなど14点を奪い大勝。14-1と勝利し、2回戦で日大三との対戦が決定した。

▽令和3年度関東高校サッカー大会東京予選
令和3年度関東高校サッカー大会東京予選


クレジットソースリンク