都立駒場が東京実業の猛追を振り切り2回戦に進出!

2点目となるゴールを決めた都立駒場のFW藤木速人

 4月11日、令和3年度関東高校サッカー大会東京予選が開幕。1回戦で都立駒場と東京実業が対戦した。

 都立駒場は、都立校ながら全国大会出場経験や関東大会優勝経験がある強豪校。対する東京実業も昨年度の選手権大会東京Bブロックベスト4の実力校だけに好ゲームが予想された。

 都立駒場はGK1権東春薫(3年)、DF2北岡大知(2年)、DF3肥田野寛太(3年)、DF4原康成(3年)、DF6高橋翔太郎(2年)、MF5中西大河(3年)、MF7小林建広(3年)、MF8牧元英多(3年)、MF11後藤英太(3年)、FW9菅野峻平(3年)、FW10藤木速人(3年)というスターティングメンバー。対する東京実業はGK1古橋麻太(3年)、DF3岩野隆斗(2年)、DF4漆畑龍空(3年)、DF5丸橋陽(3年)、DF7小林俊介(2年)、MF6須田透真(2年)、MF佐藤星南(2年)、MF14上村凜空(3年)、MF中野大輝(3年)、FW9野口光太郎(3年)、FW11阿部晃暉(3年)がスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合は立ち上がりから都立駒場が主導権を握る。開始早々から再三攻め込み、CKを獲得するも東京実業DFがクリア。すると逆に東京実業のカウンターを受けFW野口にシュートを打たれてしまう。ゴールにはならなかったものの、お互い一進一退の時間帯が続く。

 試合が動いたのは17分。都立駒場はまたもCKのチャンスを得ると、DF原が頭で合わせ先制に成功する。ここから都立駒場は当たり負けにない屈強なFW菅野の突破やFW藤木のサイドアタックなどを重ね、たびたび東京実業ゴールを脅かす。すると左サイドから仕掛けたFW藤木がペナルティエリア内で倒されPKを獲得する。ここは藤木が自らキッカーとなりシュートを放つも東京実業GK古橋にセーブされゴールならず。「お前が自分で獲ったPKだ。気にするな、切り替えろ!」という仲間からの檄が飛ぶ。

都立駒場 vs東京実業

 前半を1-0と都立駒場リードで迎えた後半も、流れを掴んだのは都立駒場。FW菅野のドリブル突破やDF丸橋のシュートなど畳み掛ける攻めを見せると、FW藤木が2点目となるゴールを決め、東京実業を突き放す。

 もう失点は許されない東京実業もここから反撃。CKからDF漆畑が合わせるも枠を捉えられず。さらに攻める東京実業は、途中交代でピッチに入ったFW高橋尚輝(3年)のゴールにより1点差に迫る。

 なんとしても追い付きたい東京実業は怒涛の攻撃を見せ、試合終了直前までCKやFKから攻め続けるも、都立駒場は気迫のディフェンスで1点を守り抜き試合終了。勝った都立駒場は2回戦で東京成徳を破った国士舘と対戦する。

▽令和3年度関東高校サッカー大会東京予選
令和3年度関東高校サッカー大会東京予選


クレジットソースリンク