参照元:KYOTO TACHIBANA FC

本文は画像の下から始まります↓

▶ライブ配信代行のご依頼はこちら(グリーンカードモデル)

インタビューに答えてくれた人

米澤 一成 監督

中野 晃弥キャプテン(MF)

県大会を振り返って

米澤 一成 監督

今年の選手権予選も5試合させてもらいました。
その中で多くの選手を起用出来たことが今年の状況を考えると1番の収穫です。
色々な状況で試合をさせてもらい、試合中で考える事が多くあったので大きく成長できたと思います。

中野 晃弥キャプテン(MF)

京都府予選では、自分たちの良さを出せた部分もあるのですが、課題も多く見つかりました。
試合を重ねるにつれチームが成長し、よりチームが1つにまとまっていきました。

全国への抱負

米澤 一成 監督

なんとか京都府の予選を勝たせてもらいました。
京都の代表として、恥ずかしくないように頑張りたいと思います。
今年は多くのものを失った年になりましたが、最後には何かを得られるような大会にしたいと思います。

中野 晃弥キャプテン(MF)

京都代表が5年連続初戦敗退という結果が続いているので、まずは初戦に集中しチーム一丸となって全国優勝目指します。

これから当高校サッカー部を志望する人たちへ(こんな人たちが欲しい)

米澤 一成 監督

京都橘でプレーがしたいと熱望してくれる選手がありがたいです。
選手としては、ストロングポイントがしっかりとある選手をスカウトさせてもらっている事が多いです。

進路指導について(Jリーグ、大学サッカー部、海外サッカー留学へのサポートなど)

米澤 一成 監督

スカウトしていただいて、プロへと進む選手もいます。
しかし、ほとんどは大学への進学になります。
関西の強豪大学や関東の強豪大学を始め、各エリアでの1部リーグや2部リーグの大学に進学させてもらっています。
スポーツ推薦で進学する選手が3分の2くらいで、指定校推薦制度を利用しての大学進学が3分の1くらいになります。
また海外の大学やチームにチャレンジする選手も近年増えて来ています。

勝ち上がりの軌跡

優勝:京都橘 (2年連続9回目)
準優勝:東山
第3位:福知山成美・龍谷大平安 

<決勝>
京都橘 2-1  東山

<準決勝>
京都橘 6-0  福知山成美

<準々決勝>
京都橘 6-1 城陽

<4回戦>
京都橘 6-0 立命館宇治

<3回戦>
京都橘 12-0 洛東

優秀選手掲載!2020年度 第99回全国高校サッカー選手権大会京都大会 兼 京都高校サッカー選手権大会 京都橘が2年連続9回目の優勝!

関連記事

スポンサー募り部費無料化を目指す「選手を取り巻く環境を向上させたい」京都橘高校サッカー部の新たなる挑戦【米澤一成監督インタビュー】

なぜ静岡の企業が京都橘をスポンサードするのか。介護施設が考える「組織と個、そして家族」株式会社ル・グラン 小池正三氏インタビュー

【青森山田セレクション情報追加!】今年はどうなる?セレクションや練習会の予定を聞いてみた!【明秀日立・筑陽・専大北上・尚志・青森山田】

【インタビュー・取材記事 一覧!】ひとつでも多く、熱いメッセージを届けたい!インタビュー記事・取材記事は全てこちらにまとめました!

 


クレジットソースリンク