10月3日より運行を開始した「etSETOra」。雄大な景色とともにグルメも楽しめます

 行楽の秋、真っ只中。2020年前半は、新型コロナウイルス感染症の影響で旅をあきらめていた人も多いはず。ならば「Go To トラベル」実施中の今、どこかへサクッと短期間でお出かけをしてみてはいかがでしょう。

 例えば、ちょっと都心から遠出をして広島&瀬戸内エリア。10月1日から12月31日までせとうち広島デスティネーションキャンペーン推進協議会とJRグループが「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」として「ミタイケンひろしま」を開催中。未体験のミに「観・味・実・魅」をかけて同エリアの絶景にグルメ、歴史や文化などをフィーチャーしています。

 大きな目玉としてキャンペーンに合わせて新たな観光列車を導入、新造船の高速クルーザーでは瀬戸内の島々をアイランドホッピングするコースが登場しました。陸&海と両方から楽しめるプランがさらに充実し、各旅行会社からもJR利用のツアーが多数組まれており、思い立って即訪れるのはもってこいの状況です。ならば広島&瀬戸内エリアを訪れるしかないでしょう!?

 ということで、現在販売されているJR券と宿泊がセットになった各旅行会社ツアーのハイライト、人気のエリア&オプションをてんこ盛りにアレンジした旅プランを実践してみることにしました。もちろん個人でも可能です。1日目は広島基本のグルメを押さえ、2日目は最新の観光列車とクルーザーで瀬戸内を巡ります。「あ! なんだか、行きたい」と一つでも気になったら、広島&瀬戸内がアナタを呼んでいる証拠。それでは陸と海を巡る1泊2日の旅へ出発!

滞在2日目は「ハローキティ新幹線」や10月デビュー「etSETOra」で三原へ

 2日目は朝一に広島駅を出発し、山陽新幹線で三原駅へと向かいます。その理由は、もちろん三原港からクルーザーに乗り込み瀬戸内の島々を愛でるためです。ホームに入線してきたのは「ハローキティ新幹線」。ピンクのリボンで愛らしくデコレーションされた500系新幹線がやってくると、そのかわいさにテンションが上がります。

 1号車「HELLO! PLAZA」は走行エリアの西日本9県の魅力紹介ご当地グルメ、車内限定アイテムなどを購入できるスペース。10月3日からは沿線各地PRコーナーが前述のキャンペーンに合わせ「広島 ハローキティ」のオリジナルペイントとなっています。お勧めのイベントやスポット紹介に地域特産品も販売中です。

 なお、お土産を家族や友人に直接贈ったり、降車後に購入したくなった場合は「みやげっと in ハローキティ新幹線」の利用が便利。相手に送る場合はギフト購入し、そのあとに表示されるURLをSNSやメールで送信。あとは相手が商品を選ぶだけ。もちろん自分用にも使えます。

 続いては2号車「KAWAII! ROOM」へ。こちらの車両にはフォトスポットを用意。座席のヘッドレストカバーやブラインドもスペシャル仕様でKAWAIIがあふれています。なお、「ハローキティ新幹線 ラッピングバス」も現在運行中。運行スケジュールは秘密とのことなので、広島市内で出会い&乗車できたらラッキー! ぜひ観光の際には観光バスのラッピングにもご注目を。

2号車「KAWAII! ROOM」のフォトスポット。西日本9県と制服姿のハローキティが待ってい ます

ヘッドレストカバーやブラインドにも!

「ハローキティ新幹線 ラッピングバス」も運行中。出会えたらきっと1日中幸せな気持ちに

 三原駅へと向かう手段として、新たに10月3日にデビューした観光列車「etSETOra(エトセトラ)」(広島駅~尾道駅:大人2520円、子供1760円、尾道駅~宮島口駅:大人3680円、子供2690円)もお勧め。広島駅から尾道駅間を月、金、土日祝日に往復し、上りは美しい海岸線、下りは山々の景観を眺めながらご当地スイーツにワクワク、限定カクテルでほろよい気分が楽しめます。名前の由来は広島弁の「えっと=たくさんの。多くの」などの意味があり、ラテン語のエトセトラとかけて、瀬戸内の魅力をたくさん感じてほしいとの思いが込められているそう。ロゴも人や街、食に伝統など想いが一つのレールでつながり合うことをイメージしたデザインになっています。

 車内の内装は1号車が宮島の千畳閣をイメージし、秋を感じるカラーリングで統一。2号車は尾道の石畳と瀬戸内の山々の新緑を感じるフレッシュな色使い。どちらの席を指定するか迷ってしまう優美さです。全席グリーン車指定席で、利用には乗車券のほかに普通列車用指定席グリーン券が必要となります。

 車内のレトロモダン感とともに、もう一つのポイントがご当地スイーツの提供。上りの往路利用(広島発)で乗車3日前までに予約をすれば、車内で「カスターニャ」制作の「瀬戸の小箱~洋~」(2000円)や「旬月 神楽」制作の「瀬戸の小箱~和~」(2000円)を味わえるんです。ともに広島を代表するお店とのコラボレーションで、広島世羅産ナッツや三次産ピオーネ、広島レモンや広島産黄な粉など、地元食材を使った絶品スイーツに仕上がっています。

 ドリンクも珈琲(伊都岐珈琲)、または煎茶(Tea Factory Gen)のどちらかが選べます。下りの復路(尾道発)はシックにトレインバーでカクテルタイムを満喫。「ホテルグランヴィア広島」のメインバー「メイフラワー」監修のオリジナルカクテル「SETOUCHI BLOSSOM」や地酒の飲み比べで、優雅な列車の旅に乾杯しましょう。

「瀬戸の小箱~洋~」はピオーネゼリー、柑橘チーズケーキなど3種類

「瀬戸の小箱~和~」は上生菓子3種にお手作り最中など

復路はトレインバーで限定カクテルを提供


クレジットソースリンク