国内旅行を対象とした『Go Toトラベルキャンペーン』が当初の予定よりも前倒しで2020年7月22日から始まった。

【画像ギャラリー】誰でも簡単にできる!! 一般道、高速道路を安全かつスムーズに運転するコツを伝授

  東京都在住(住民票がある)の人の利用、東京都への観光などが除外されるなど、不公平感や、今前倒しでやることか、など批判の対象にもなっているが、すでにスタートしている。

  高速道路利用などによるクルマを交通手段とした国内旅行も対象となるのか? 対象となるならいつから? などなどについて考察していく。

 文:ベストカーWeb編集部/写真:ベストカー編集部

『Go Toトラベルキャンペーン』は予定より前倒しでスタート

 

  まず前倒しで始まった『Go Toトラベルキャンペーン』の概要についておさらいしておきたい。

 【Go Toトラベルキャンペーン概要】
■対象は国内旅行
■宿泊・日帰り旅行代金の2分の1相当額を支援
■支援金の内訳は7割が旅行代金の割り引き、3割が旅行先で使用できる地域共通クーポンとして付与される(クーポンは9月以降)
■地域クーポン券は1000円単位で支給。旅行先の都道府県+近隣都道府県で旅行期間中に限って使用可能
■1人1泊あたり2万円が上限(日帰り旅行の場合は上限は1万円)
■連泊制限、利用回数制限はなし
■支援が適用されるのは、旅行会社が販売する旅行商品、宿泊施設が直販予約システムで販売する宿泊プラン限定

  何しろバタバタ感、見切り発車感が半端ないので、今後どのように変更になるかわからないが、当面は上記概要をもとに展開される予定だ。

  政府は、『Go Toトラベルキャンペーン』、『Go Toイートキャンペーン』、『Go Toイベントキャンペーン』など『Go Toキャンペーン』を実施するにあたり、令和2年度補正予算として1兆6794億円を計上する力の入れようだ。

高速道路周遊パスがキーポイント

 

 『Go Toトラベルキャンペーン』は、個人で手配する航空券、列車などの交通機関は対象外となっているので、自家用車、レンタカーを使った旅行も対象外となる、と思いがちだが、がっかりするのはまだ早い。

  実は『Go Toトラベルキャンペーン』の日帰り旅行の適用例として、『高速道路周遊パス+体験型アクティビティ』というものが記載されているのだ。

  つまり、個人旅行、団体旅行に限らず、日帰り旅行で高速道路周遊パスを使えば、『Go Toトラベルキャンペーン』の対象となり、高速道路料金の割り引きを受けることができるということなのだ。

  この高速道路周遊パスの存在について知らない人も多いと思われるので、どのようなものなのかを簡単に触れておきたい。

  高速道路周遊パスは、高速道路のお得な定額利用プランで、NEXCO東日本は『ドラ割』、NEXCO中日本は『速旅(はやたび)』、NEXCO西日本は『みち旅』をそれぞれラインナップして販売中だ。

  どの定額利用プランはかなりお得な内容になっていて、高速道路料金が40~50%割り引きとなるほか、周遊エリア内は乗り放題、現地で使用できるドライブクーポン(3000円ぶんなど)がセットになっているもの、宿泊券がセットになったものなどさまざま。

  こちらの定額利用プランはかなりお得なので、『Go Toトラベルキャンペーン』に関係なく利用することをオススメする。

  新型コロナの影響により受け付けを取りやめていたが、かなりの数のプランが予約再開している。

  事前予約が必要だとか、ネット予約限定、タブレット限定、ETC必須など、購入の条件については、各ホームページを要チェック。

 『ドラ割』(NEXCO東日本)
『速旅(はやたび)』(NEXCO中日本)
『みち旅』(NEXCO西日本)

クレジットソースリンク