ニッポンの桜

大阪城公園は、園内に約3000本の桜を擁する関西屈指の「桜の名所」として知られています。中でもソメイヨシノを中心に約300本の桜が植えられた「西の丸庭園」では、夜間のライトアップも行われます。

大阪・大阪城公園

  • 桜の種類:ソメイヨシノ、ヤエザクラ
  • 本数:約3000本
  • 例年の見頃:3月下旬~4月上旬
  • 開園時間:24時間(天守閣9:00~17:00、西の丸庭園9:00~17:00ライトアップ時に延長あり)
  • 料金:入場無料(天守閣600円、西の丸庭園200円)
  • 所在地:大阪市中央区大阪城
  • 公式HPなど:大阪城公園

大阪城は、16世紀末、全国統一を成し遂げた戦国武将・豊臣秀吉が本拠地として築城しました。その後、戦争や自然災害で焼失と再建を繰り返し、20世紀に入り公園として整備され、1931年に市民の寄付により天守閣も復興されました。現在、公園内には13棟の重要文化財を始めとする史跡が多く残されているほか、歴史博物館となった天守閣で、大阪の歴史を伝えるさまざまな展示が行われています。

このスポットについてもっと詳しく

近隣の花見スポット

お花見と一緒に楽しめる観光スポット

写真提供:大阪城パークセンター

さくら名所100選一覧はこちら(随時更新)

観光
ニッポンの桜
大阪


さくら名所100選
花見
関西
大阪市


桜の名所
大阪城

クレジットソースリンク