高さ300mで日本一高い超高層ビルとなる「あべのハルカス」。建物は全面がガラスで覆われたカーテンウォールで、3段階にセットバックする立体構造になっている

2013年から14年にかけて、日本で活発な動きを見せている米マリオット・インターナショナル。2013年12月3日にホテルラフォーレ東京を改装した「東京マリオットホテル」をオープン。その後、2014年2月7日に「ザ・リッツ・カールトン京都」、3月7日に「大阪マリオット都ホテル」、さらに4月2日には「コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション」とハイペースで新ホテルを開業している。

中でも注目なのが、日本最高層のビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の上層階にある大阪マリオット都ホテル(ただし最上階が展望台のため、ホテル施設の高さは横浜ランドマークタワー内の「横浜ロイヤルパークホテル」が上)。その魅力を最大限に生かすため、ロビーや全客室に床から天井までのワイドビューガラス窓を設置し、「ファイブスタービュー(五ツ星の眺望)」が楽しめるのが特徴だ。

近鉄ホテルシステムズが運営する「都ホテルズ&リゾーツ」とのダブルブランドである点も見逃せない。都ホテルは1890年に創業した京都の老舗ホテルをルーツに持ち、近畿圏を中心に全国で地域に根ざした歴史あるホテルを展開。はたして「日本最高層ビルから見るファイブスタービュー」とはどのようなものか。また世界的ホテルブランドと地域に根差した関西色の強い老舗ホテルブランドは、どのように融合しているのか。実際に宿泊してチェックした。

大阪マリオット都ホテルの特徴のひとつが、アクセスの良さ。鉄道5路線(JR、近鉄、地下鉄御堂筋線、地下鉄谷町線、阪堺上町線)が利用できる大阪屈指のターミナル「あべの・天王寺」の駅に直結しており、関西国際空港、大阪国際空港からも直通で約30分で着く。

高さ約7mという大開口のガラス窓からパノラマが広がるロビーラウンジ。「空」と「宇宙」がデザインのモチーフ

地下鉄直結のエレベーターで19階のロビーに行くと、ガラス張りのエレベーターホールでスタッフが出迎え。ロビーラウンジでは、まずその広さと明るさに驚く。どの席からも眺望が見えるように、仕切りがほとんどないのだ。20階が通天閣とほぼ同じ高さ(103メートル)なので、大きくとられた窓の外にも遮るものが全くない。天空に浮かんでいるような感覚を味わいながら、チェックインの手続きを終えた。ちなみに41階が通天閣の約2倍の高さ(206メートル)だという。

チェックインカウンターでは眺望を眺めながら手続きができるので、多少待たされても苦にならない。カウンター上のオブジェは宇宙のビッグバンをイメージしているという

ロビーラウンジ「ラウンジプラス」は約433平方メートル、90席。仕切りがなく開放的でスタィリッシュな空間。フレッシュハーブティーなどのドリンクや海外でも受賞歴のある赤崎哲朗氏(ペストリー料理長)製作のスイーツを提供。営業時間は10~22時


クレジットソースリンク