日本からスイスに自由に入国できるようになるのは、しばらく先のことになりそうだ

(Keystone / Salvatore Di Nolfi)

スイスは今月から新型コロナウイルスに伴う国境制限を一部緩和し、他国に住む家族の呼び寄せなどが再び可能になった。ただ日本を含むシェンゲン協定圏外の国からの入国は依然として厳しく制限されている。どんな場合なら日本人でもスイスに入れるのか。

誰が入国できる?

スイスは3月以降、新型コロナウイルスの封じ込めのため、シェンゲン協定他のサイトへ域内(現在は一部緩和)、同域外からの入国を制限している。日本を含め他国から来る人は、主に以下の条件に該当する場合は入国できる。

・スイス国籍を持つ人

・有効な滞在許可証がある人

・商用目的の品物を輸送していて、配達の注文をすでに受けている人

・スイスを経由して、その他の国へ渡航する人

・ヘルスケア部門の専門家で、重要な仕事があり入国する人

・その他緊急と認められる場合

(引用:連邦司法警察省移民局他のサイトへ

インフォボックス終わり

いずれの場合も、滞在許可証など公的な証明が必要になる。

スイスに駐在する日本人配偶者を訪ねることはできる?

スイスに仕事で単身赴任している配偶者を訪ねたいー。お互いが日本人の場合、家族に会いたいという理由であっても入国は拒否される。例外的に認められるのは、例えばスイスにいる配偶者が死亡した、また危篤状態など緊急性があると判断された場合だけだ。

入国が認められる緊急性とは、主に以下のようなケースだ。

・スイスにいる近親者(配偶者、事実婚のパートナー、親、兄弟、子供、孫、義理の兄弟)が死亡した、または危篤状態にある

・必須の医療的措置(スイスか国外ですでに開始されたもの)を受ける

・スイス人の外国人配偶者と未成年の子供が、避難などを目的に、現在の居住地からスイス人と一緒に帰国を希望している

・民法上認められた子供への面会権を行使する

・病気の家族を看護する

・延期できない、当人の出席が必要な裁判、あるいは仕事上の約束がある

※いずれの場合も、それを証明する公的文書が必要

引用:連邦司法警察省移民局他のサイトへ

インフォボックス終わり

未婚のスイス人パートナーに、会いに行くことはできる?

これも日本人の場合(日本からの渡航)は入国できない。ただ2人の間に未成年の子供がいれば、スイスへの入国は可能だ。

片方がスイスに住んでいて、相手がオーストリア・ドイツのどちらかに住んでいるカップルはハードルがぐっと下がる。この3カ国については国境制限が緩和され、未婚のパートナーのほか、親(義理の親も含む)や子供、孫に会うために国境を行き来することができるようになった。



COVID-19
スイスの新型コロナ情報 規制を徐々に解除

スイスは新型コロナウイルスに伴うロックダウン(都市封鎖)解除の第2弾に入った。学校の休校が解除され、全商業店・飲食店は感染予防対策を講じた上で営業を再開。新規感染者数は依然減少傾向にある。




スイス人と結婚してスイスに住んでいる。日本にいる家族の呼び寄せはできる?

11日のロックダウン(都市封鎖)第2弾緩和で、スイス人は外国人家族の呼び寄せが可能になった。ただ対象となるのは本人の外国人配偶者と未成年の子供で、スイス人と日本人の夫婦の場合、義理の関係に当たる日本人側の家族を呼び寄せることはできない。

欧州連合(EU)、欧州自由貿易連合(EFTA)出身のスイス在住者と日本人配偶者の夫婦も同様のルールだ。

スイスに滞在している日本人が、日本から自分の家族を呼び寄せることは、一部の例外を除き認められていない。

ちなみに「呼び寄せ」とは永住を目的した入国で、夏休みを一緒に過ごすといった一時的な滞在のことではない。

スイスの会社に入社が決まっている。いつ滞在許可がもらえそう?

日本を含む第三国出身者の就労許可申請は、3月18日より前に届け出があった分については手続きが再開した。それ以降のものは停止中だ。

また新型コロナウイルスの影響で現在も閉鎖が命じられている事業・団体で働く予定の人は、まだ入国が認められない。

詳しくは採用先の企業か州の移民局に問い合わせを。各州の移民局のリストはこちら他のサイトへへ。

スイスの大学に秋から留学する予定だが、本当に入国できる?

連邦司法警察省移民局によると、留学目的の滞在申請手続きは現在ストップしている。ただ夏・秋学期の入学に向け、6月15日からこの制限が緩和される見込みだ。

大学、職業訓練校、高校の対面授業は、6月8日のロックダウン緩和第3弾で解禁される予定。

最新の情報は入学先の学校、または州の移民局に問い合わせてほしい。

スイスに観光に行けるのはいつから?

現在は観光目的の入国は禁止されている。スイスのカリン・ケラー・ズッター司法相は国境封鎖の緩和について「まずはシェンゲン域内を優先し、第三国はその後」と明言している。スイスはすでに、状況が許せば隣国ドイツ、オーストリア、フランスとの国境を6月15日までに開放する方針を発表した。それ以外の緩和については5月27日の閣議で協議する予定だ。



新型コロナウイルス
スイス、6月中旬から隣国との国境開放

スイスは、新型コロナウイルスに伴うロックダウン緩和の一環で、ドイツ、フランス、オーストリアとの国境を再び開放することを計画している。


このコンテンツは2020/05/14 14:37に配信されました




日本から自由にスイスへ渡航できるようになるのは、まだ先のことになりそうだ。

直行便が復活

スイスー日本の直行便を運航しているスイスインターナショナルエアラインズ他のサイトへは、6月1日から成田―チューリヒの直行便を週2回に制限して再開する。関西空港―チューリヒ便の再開は未定。スイスインターナショナルエアラインズは、感染予防のため搭乗客にマスク着用を呼び掛けている(8月31日まで)。

スイスは渡航者への隔離は設けていない。滞在中に高熱や咳、筋肉痛などの症状が現れた場合は医療機関へ連絡し、指示を仰ぐ(連絡先は保健庁のこちらのページ他のサイトへを参照)。新型コロナウイルス検査が陰性の場合でも、最初に症状が出た日から最低10日間の自己隔離が必要だ(詳しくは保健庁のサイト他のサイトへを参照)。

インフォボックス終わり


Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform mountain

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル


デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

クレジットソースリンク