【独自取材】買収騒動の渦中 関西スーパー創業家の思い – YouTube←動画はこちら

関西スーパーについての独自ニュースです。阪急阪神百貨店を傘下にもつ、エイチツーオー・リテイリングとの経営統合を発表しましたが、 関東のスーパー・オーケーも買収に乗り出し、争奪戦となっています。こうした中、関西スーパー創業者の家族がテレビ大阪の取材に応じ、かつてのオーケーと創業者との関係について明らかにしました。

 関西スーパーは、創業者の故北野祐次氏が1959年に伊丹市で1号店を開き、以来、60年あまりで店舗数64。売上高1300億円に成長しました。なぜ関東のオーケーが買収に乗り出したのでしょうか?

 実はオーケーの買収提案の発表文には、このような一文が書かれています。『過去、関西スーパー創業者である故北野祐次元社長のご厚意により、弊社の社員をお預けし、売り場づくり、生鮮品の鮮度管理などをご指導いただいたご縁がありました。

 オーケーが明記したこの一文について、創業者・北野祐次氏の家族に聞いたところ、およそ50年前、北野氏は、アメリカで学んだ先進的なスーパーの経営手法を取り入れたことで

小売り業界で注目を集めていました。当時、北野氏は、自ら学んだノウハウを業界内でオープンにしていたため、同業他社の従業員も研修などで受け入れ、そうした会社の一つにオーケーも入っていたということです。

 創業者の家族は、過去の『縁』にふれた一文について『社員を受け入れてくれた創業者・北野祐次に対し、オーケーは恩義に思っているのだろう』と話し、その上で家族としては『悪い気はしない』と心中を明らかにしました。

 一方、オーケーは、発表文の中でその後も関西スーパーの経営を参考。関西に進出するならグループ化が望ましいとして2016年に関西スーパーの株7パーセントを取得しました。

 なお、創業者家族は、株主でもあるため、オーケーの買収提案そのものへのコメントは、  控えたいとしています。エイチ・ツー・オーとの統合はすんなり承認されるのか?株主総会は10月29日です。

 

#関西スーパー #経営統合  #エイチツーオーリテイリング #関西スーパー創業者 #スーパーオーケー #買収提案 #TOB #東京証券取引所1部上場 #臨時株主総会 #株式公開買い付け #北野祐次創業者 #やさしいニュース #テレビ大阪 #独自取材 #阪急阪神百貨店

 

チャンネル登録をお願い致します。

「テレビ大阪ニュース」は テレビ大阪の報道・スポーツのYouTubeチャンネルです。

大阪・関西のニュースをやさしく、わかりやすく伝える「やさしいニュース」で放送した

最新ニュースや特集企画をはじめ、日本経済新聞社とのコラボ企画「やさしいニュース解説」など

YouTubeオリジナル企画を配信しています。

地上波では未放送の映像も配信します!

テレビ大阪ニュース – YouTube

 

▼「やさしいニュース」公式Twitter

▽YouTubeの最新情報もすばやく更新してお伝えしています

▽ぜひフォローをお願いします。↓↓↓

やさしいニュース(テレビ大阪) (@tvosaka_news) / Twit


クレジットソースリンク