エシカルな意識は持ちたいけれど、やはりおいしくて、健康にも良くて、おしゃれな方がいいですよね。そんな欲張りさんの願いをかなえてくれるのが2019年12月、京都の四条河原町に誕生した『GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)』。カフェやレストラン、スパやホテルがあるおしゃれ空間で、一日のんびり過ごすことができますよ。

■おしゃれさん注目の複合型商業施設

画像:anna

四条河原町の交差点から南へ。2019年12月に京都高島屋の南側にオープンしたおしゃれスポット『GOOD NATURE STATION』。
1階はマーケットやレストラン、2階はプレミアム・ガストロノミー、3階は美にまつわるトータル・リジュビネーション・スポット、4階はカフェ・レストランバーとホテルフロント、4~9階まではホテルのゲストルームと、各フロアごとに異なる魅力を持つ複合商業施設。3階は京都高島屋と連絡通路で繋がっているので、行き来をすることができて便利です。

今回はannaアンバサダーの土居さんが『GOOD NATURE STATION』を初体験! さっそくおしゃれな外観に期待が高まります。

■12:00 “美しく満たされる”新メニューでゆったりランチ

4階 Hyssop(ヒソップ)

画像:anna

まずはエレベーターで4階へ。明るく開放的なホテルロビーに到着です。

画像:anna

『Hyssop(ヒソップ)』は、自然光あふれる開放的な中庭を眺めながらヴィーガンメニューやボタニカルドリンク、有機ハーブをふんだんに使った料理とお酒や植物モクテル(ノンアルコールカクテル)が楽しめるカフェ・レストラン&バー。

画像:GOOD NATURE STATION

3月1日(月)からスタートする新ランチは、野菜、ハーブ、漢方、ヴィーガン、花などをふんだんに取り入れた“美しく満たされる”がテーマ。
懐石の八寸からヒントを得て、“森を食べる”をイメージしたハーバル八寸は、全6種の前菜を堪能できます。
見た目はもちろんのこと、自然の素材感や香りも楽しみながら、ハーブと漢方を掛け合わせた新しいお料理が楽しめます。

画像:GOOD NATURE STATION

花やハーブと共に6種類の前菜を盛り込んだ見た目にも癒されるハーバル八寸、温料理、デザート、ドリンクが付くセットや、春野菜の花摘みオープンサンドか香味野菜と豆腐のチキンサンドのどちらかが選べる『Sandwich set』が登場。
天気の良い日は中庭で食事やカフェタイムを楽しむのもおすすめです。

【3月からの新メニュー】
・Herbal Lunch Hyssop(ハーバルランチ ヒソップ) 2,500円
ハーバル八寸/セット料理:ファラフェルのよもぎピタパンサンド・野菜とココナッツのクリーミートマトパスタ・桜エビと芽キャベツのトマトクリームパスタから選択/小さなお茶菓子/和紅茶orコーヒー

・Herbal Lunch Viola(ハーバルランチ ヴィオラ) 3,500円
ハーバル八寸/セット料理:マメなシェフの豆煮込みと十五穀米のリゾット・香味野菜とキノコのほろほろチキン煮込みから選択/デザート/和紅茶orコーヒー

・Sandwich Set(サンドイッチセット) 1,500円
サンドイッチ(フライドポテト付き):春野菜の花摘みオープンサンド・香味野菜と豆腐のチキンサンド から選択/和紅茶orコーヒーorオレンジジュース

<詳細情報>
Hyssop(ヒソップ)
場所:『GOOD NATURE STATION』4階
電話番号:075-352-3728
営業時間:11:30~20:00
定休日:施設に準ずる
予約:https://www.tablecheck.com/ja/shops/hyssop/reserve

■14:00 極上スパで眠っている間に美しく

3階  眠れる森の美女

画像:anna

ゆっくりランチを楽しんだ後は、心と体に活力をチャージする“トータル・リジュビネーション・スポット”の3階へ。
奥へと続く広いフロアにカフェやショップが配されており、どこも気になりますが、まずは予約をしていた『眠れる森の美女』へ向かいます。

画像:anna

こちらは女性のトータルビューティケアをかなえてくれるサロン。ヘッドスパやボディトリートメント、ネイルに加え、助産師によるメンタルケアや、さらには健康的に美しくなるためのトレーニングスタジオまで備えており、体と心をケアしてくれます。

画像:anna

施術は、各室それぞれインテリアのテーマが異なるホテルのような VIP個室。中でも、ゆっくり呼吸を整え本来の身体のリズムに戻してくれる“今井式ヘッドスパ”がおすすめ。
実際に体験した土居さんも、セラピストのゴッドハンドにいつの間にか眠っていたそうで、その施術の素晴らしさに驚きが隠せない様子。

<詳細情報>
眠れる森の美女
場所:『GOOD NATURE STATION』3階
電話番号:075-352-3727
営業時間:11:00~20:00(最終受付19:30)
定休日:火曜、元旦
詳細:https://goodnaturestation.com/beauty/salon/

■15:00 美術品のようなスイーツを味わう

3階 RAU (ラウ)

画像:anna ※上記画像は撮影時の様子(現在は感染症予防対策のため透明ガードを設置中)

極上トリートメントでスッキリした後は、スイーツラボ・ブランド『RAU(ラウ)』のスイーツが楽しめる3階のカフェスペースへ。

画像:anna

こちらのスイーツ『デセール(ケーキ)』は全てパティシエ自らデザインし、石膏とシリコンで型までも作成した完全オリジナル。その見た目はもはや現代美術のような美しさです。

画像:anna

土居さんが選んだのは『Bin 赤』(1,485円)とスパイスが効いた『RAU コーラ/ボンボンショコラ付き』(990円)。

画像:anna

『Bin 赤』はアールグレイのムースをホワイトチョコでコーティングし、ベリーのソースをかけた逸品。カットすると中からもベリーのピュレが出てきます。デセールは人気のため15時頃には全て売り切れてしまうことが多いそうですが、テイクアウトは1階のパティスリーで購入できます。

<詳細情報>
RAU(ラウ)
場所:『GOOD NATURE STATION』1階・3階
電話番号:075-352-3724
営業時間:1階 11:00~20:00/3階 11:00〜19 :00
定休日:施設に準ずる
詳細:https://www.instagram.com/rau_kyoto

■16:00 上質な雑貨ショッピングとオーガニックコスメ体験

3階 KA SO KE KI(カソケキ)・NEMOHAMO(ネモハモ)

画像:anna

美味しいスイーツをいただいた後は、先ほど気になっていたショップでお買い物。
日本のクラフト&ホリスティックウェアを扱う『KA SO KE KI(カソケキ)』は、日常使いからプレゼントにしたくなる器やアクセサリー、革製品など“日本のいいもの”や、ベビー用品や肌ざわりのいいランジェリーなど、かわいいだけでなく女性らしさやトキメキを感じる商品が揃います。

画像:anna

そのお隣は京都発のオリジナルオーガニックコスメ『NEMOHAMO(ネモハモ)』。
こちらは国産有機栽培のオタネニンジンをベースにクロモジやコメヌカなどの植物エキスを低温真空で時間をかけて抽出し、水は一滴も使わず天然成分のみで精製したコスメブランド。
洗顔ソープやブースターなどのスキンケア、シャンプーやボディソープなどのトイレタリーなど様々なアイテムを展開しています。

画像:anna

こちらの店舗ではクレンジングオイル、洗顔ソープ、ブースターオイル、ローションのフルスキンケアを手で体験することが可能です。
商品はオンラインでも購入することができます。

<詳細情報>
KA SO KE KI(カソケキ)・NEMOHAMO(ネモハモ)
場所:『GOOD NATURE STATION』3階
営業時間:11:00~19:30
定休日:施設に準ずる
詳細:KA SO KE KI(カソケキ)https://goodnaturestation.com/shop/kasokeki/
NEMOHAMO(ネモハモ)https://nemohamo.com/

■17:00 美味しくて身体にも良い食材をお買い物

1階 MARKET(マーケット)・KITCHEN(キッチン)

画像:anna

3 階のフロアを楽しんだ後は、1階の『MARKET(マーケット)』でショッピング。
こちらでは京都の農家などから届く新鮮な有機野菜やオーガニック認証を取得した農産物、加工食品、ワインなどが販売されています。

画像:anna

中でもオリジナルブランドの『SIZEN TO OZEN』は必見。具材を加えて煮込むだけで、おもてなし料理にもなる立派な一皿ができてしまう『ごちそうソース』(864円)シリーズや料理にプラスするだけで本格的なビストロの味になる『ビストロの隠し味』(1,080円)など、手軽さとラインナップの充実ぶりに土居さんもびっくり。

画像:anna

さらに中央の『KITCHEN(キッチン)』では、『MARKET』で販売している食材や食品を使った料理を購入することができます。ここで買った料理は量り売りのビオワインと共に奥のテーブル席でいただくこともできますし、テイクアウト用のボックスもあるのでランチやディナー用にテイクアウトするのもおすすめです。

<詳細情報>
MARKET(マーケット)・KITCHEN(キッチン)
場所:『GOOD NATURE STATION』1階
営業時間:10:00~20:00
定休日:施設に準ずる
詳細:MARKET(マーケット)https://goodnaturestation.com/shop/market/
KITCHEN(キッチン)https://goodnaturestation.com/shop/kitchen/

■18:00 カジュアルダイニングで女子会

1階 ERUTAN RESTAURANT/BAR (エルタンレストラン/バー)

画像:anna

本日のディナーは、イタリア・ミラノでオーナーシェフとして初の一つ星を獲得した徳吉洋二シェフ監修の料理やワインが楽しめるカジュアルダイニング『ERUTAN RESTAURANT/BAR(エルタンレストラン/バー)』で。
ランチ、カフェ、ディナーと好きな時間に好きな使い方で楽しむことができるダイニングです。

画像:anna

今日は土居さんもお友達と待ち合わせをしてディナーを楽しみます。
ディナーは四季折々の野菜を中心とした前菜やピザ、肉料理や魚料理などのアラカルトがメイン。ワインもイタリアを中心にセレクトされており、人気のナチュールワインも充実していているのでワイン好きにはたまりません。

<詳細情報>
ERUTAN RESTAURANT/BAR (エルタン レストラン/バー)
場所:『GOOD NATURE STATION』1階
電話番号:075-352-3714
営業時間:11:30~18:00(平日)、11:30~20:00(土・日曜・祝日)
定休日:施設に準ずる
予約:https://www.tablecheck.com/ja/shops/erutan/reserve

■もっと楽しみたい方は宿泊も!

画像:anna

さらに『GOOD NATURE STATION』を楽しみたい方は、4~9階『GOOD NATURE HOTEL』での宿泊もおすすめ。広々としたゲストルームは、天然木インテリアを基調としたナチュラル雰囲気の空間。また宿泊ゲストだけが参加できる朝ヨガやお寺での坐禅などアクティビティも充実しています。

画像:anna

今回は土居さんに『GOOD NATURE STATION』で一日、過ごしてもらいました! 京都の街中でのご褒美ステイで日々の疲れを癒しませんか?(文/コトカタリ研究所)

<施設情報>
GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)
住所:京都府京都市下京区河原町通四条下ル2丁目稲荷町318-6
最寄駅:京阪『祇園四条駅』/阪急『京都河原町駅』
電話:075-352-3712(代)
営業時間:店舗によって異なる
定休日:不定休
詳細:https://goodnaturestation.com
Instagram:https://www.instagram.com/good_nature_station/

※営業時間の短縮・臨時休業を実施している場合がございます。詳しくはGOOD NATURE STATIONホームページにてご確認ください。

【画像・参考】
※ GOOD NATURE STATION/張田 亜実/anna
※掲載商品はすべて税込価格です。

Sponsored by GOOD NATURE STATION


クレジットソースリンク