[ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん]

自然の中でのアクティビティ体験を通し、地球環境を身近に考えるきっかけを与える新しいマウンテンリゾートの形を共創する包括的な取り組みを開始


2020年7月1日(水)に長野県大町市に開業した「ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」は、株式会社ゴールドウインが展開するブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」とコラボレーションし、自然の中でのアクティビティ体験を通し、地球環境を身近に考えるきっかけを与える、新しいマウンテンリゾートの形を共創する包括的な取り組みを開始いたします。この中長期的な取り組みは、雄大な自然を生かしたお客様への新しい形のライフスタイルのご提案をするとともに、大町市を中心とするエリア全体への地域貢献、地域活性化・その先の自然環境の保全や改善を目的としています。そのコラボレーションの第1弾として、これからの新たな働き方を模索している方々とそのご家族をターゲットにワーケーションプランを共創し、大町市のディスティネーションを活かした、THE NORTH FACE契約アスリート監修のアクティビティが体験できるプランを一般販売いたします。

「ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」は、豊かな自然、歴史、文化に恵まれた長野県大町市に位置し、立山黒部アルペンルートの玄関口からほど近い、手つかずの自然の中で過ごす最高の滞在体験ができる屈指のマウンテンリゾートです。ブランドコンセプトのひとつとして、人と人とのリアルヒューマンコネクションを重視しており、安心・安全のプロダクトとサービスを通じて、人々のあふれ出る笑顔を増やし、ブランドとのエンゲージによって喜びを創出する、地域のハブスポットとしての機能を果たすべく運営をしております。一方、「THE NORTH FACE」は、当ホテル付近の大町市扇沢と立山黒部アルペンルートでつながる富山県で創業されたルーツを持ち、その立山黒部アルペンルートのスタッフが着用するオリジナルの制服を提供しております。また、隣接する白馬村(長野県)では、豊富なアイテムを揃え四季を通じてアウトドアアクティビティの魅力を発信するショップ「THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA(ザ・ノース・フェイス グラビティ ハクバ)」を展開するなど、大町市を含む長野県大北エリアと親和性の高い取り組みを行っています。

■コラボレーションで提供する3つの価値
今回のコラボレーションで両者は下記3つの価値を提供します。
●家族で自然の中で過ごす時間を大切にしたライフスタイル
「ホリデイ・インリゾートブランド」のスタンダード、お子様を対象としたスイートルームや館内のキッズクラブの設置や12歳以下のお子様の添い寝と専用メニューからのお食事が無料となる「Kids Stay & Eat Free (キッズステイ&イートフリー)」に加え、ホテルオリジナルマスコットとの交流やご家族向けイベントなど、家族で滞在を楽しんでいただくためのサービスを多数ご用意しています。このようなサービスと、未来の地球を受け継ぐ子供たちを対象にした「THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOL」など展開する「THE NORTH FACE」の持つ、自然の中での豊富な知見を活かしたアクティビティアイデアと適したウェアやアイテムが連動し、お子様から大人まで家族みんなで自然の中で過ごす新しいライフスタイルを提案します。

●大町市の豊かな自然環境でのアウトドアアクティビティの提供
大町市周辺の豊かな自然環境は、四季折々のアウトドアアクティビティ体験が実現可能です。春は北アルプスの麓でのトレッキング、夏は湖でのSUP、秋はマウンテンバイクや紅葉に囲まれたキャンプ、冬はスキーやスノーシューなど、1年を通じ多種多様なアクティビティに適したフィールドが整っています。「THE NORTH FACE」を展開されるGOLDWIN創業時から所縁のある富山とアルペンルートを通じつながるこの大町のフィールドで、「THE NORTH FACE」のサポートのもとさらに幅広い層にアウトドアアクティビティの体験機会を提案します。

●地球環境を考えるサステイナブルな考え方
両者で共創する新しいマウンテンリゾートでは、 体験を通し地球環境について考えるきっかけを提供します。 アクティビティで使用するアイテムなども自然環境へ配慮し組み合わせ、 大町市で活動される企業や団体とのサステイナブルな取り組みも継続的に実施し、 一連の活動を通しこの豊かなフィールドを持つ大町市の地域活性化・環境保全も推進していきます。

■THE NORTH FACE×ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん ワーケーションプランについて
都会の喧騒から離れた空気や水の澄んだマウンテンリゾートでの滞在に、北アルプスの自然の中で楽しめる特別なアクティビティの要素を加えることで、非日常のレジャー体験や体力向上の側面だけでなく、その前後のお仕事の効率性、創造性やモチベーションを向上させ、オンオフともに充実する「well-being」を実現するワーケーションプランをご用意しました。ホテルは、館内のどこにいても外の森を見渡せる設計になっており、自然を感じられる快適な環境のもと、リラックスしながらワークできるスポット(Wi-Fi、電源スポット完備)、オフタイムのリフレッシュメント(露天風呂、スパ、フィットネス等)も豊富にご用意しています。今後、ウィンターシーズンを見据えたファミリー向けの共創プランも計画をしており、お子様と一緒に楽しめるスノーハイク、ファミリースキーやスノーシュー体験などのプラン展開も予定しております。

▽滞在期間中に楽しめるアクティビティ ※下記2プランのうち1つを選択
●トレイルラン

THE NORTH FACE契約アスリート松永紘明選手監修の初心者向けコースです。全長4.5km、比較的高低差が少なく、運動経験のない方にも走行可能な穏やかなルートです。森の中を走り抜ける爽快さを体感し、リフレッシュいただく事ができます。

(C)国営アルプスあづみの公園

コース監修:THE NORTH FACE契約アスリート プロ・トレイルランナー 松永紘明

少年時代からプロのサッカー選手を目指し、そのトレーニングの一環として週に6日裏山を走る習慣を身につける。その後大学院卒業を期にプロ・トレイルランナーとしての活動を本格的に開始し、世界のレースで好成績を残し活躍している。持ち前のバイタリティで、大町市でランニングイベントを主催するなど、数々のアウトドアスポーツのイベントをプロデュース。その他、ウェブやSNSによる情報配信なども盛んに行っており、トレイルランニングの普及に努めるべく精力的に活動している。

●マウンテンバイク

THE NORTH FACE契約ガイド 布施智基が提案する子供から大人まで楽しめる初心者向けのコース。穏やかな傾斜と整備されたフィールドが特徴で、普段マウンテンバイクを乗り慣れていない方や、日頃運動をされない方も爽快に走り抜けていただくことが出来ます

(C)国営アルプスあづみの公園

コース監修: THE NORTH FACE契約ガイド 布施智基

10代でアメリカへ渡り、6年間の留学生活をフリーライドスノーボーディングに没頭。30代より白馬のガイドカンパニー「COLOR SPORT」に所属。ガイド業の開始と共にカメラを持ち始め、滑り手、ガイド、フォトグラファーを兼ねるマルチな活動を行う。2016年から4年連続で出かけたパタゴニア遠征記録などでも壮大な活動が伺える。雪のない季節もマウンテンバイクをはじめ、キャンプ、フライフィッシングなど一年を通してアウトドアを楽しんでいる。

【プラン詳細】
正式名称 :
【THE NORTH FACE × ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん】広大な自然を走り抜けるトレイルランプラン 1泊朝食付き
内容:
朝食付き宿泊 +国営アルプスあづみの公園でのアクティビティ体験 + The North Faceギアの無料レンタル
宿泊プランURL:
https://bit.ly/2GjZ1dj
※本プランにはGo To トラベルキャンペーンが適用されます

正式名称:
【THE NORTH FACE × ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん】マウンテンバイクで大自然を滑走する期間限定のプラン 1泊朝食付き
内容:
朝食付き宿泊 +国営アルプスあづみの公園でのアクティビティ体験 + The North Faceギアの無料レンタル
宿泊プランURL:
https://bit.ly/3mLGHtg
※本プランにはGo To トラベルキャンペーンが適用されます

<アスリートと一緒にトレイルラン!特別体験プラン>

THE NORTH FACEが契約しているプロ・トレイルランナー松永紘明と一緒に大自然の中を走り、リフレッシュしていただく特別プランです。初心者でも楽しんで参加できるコースで設計しているので安心してご体験いただけます。新型コロナウイルスの影響で運動不足になってしまった方にオススメのプラン。プロから直接始動を受けることができる貴重な機会です。3密を離れてゆっくりとリフレッシュしながらワーケーションをしたい方にぴったり。
【プラン詳細】
正式名称:
The North Face 契約アスリート松永選手と滑走するトレイルランイベント
内容:
ホテルでのご宿泊 + 松永選手のガイド付きトレイルランイベント+ The North Faceギアの無料レンタル
開催日:
11月7日(土)、12月5日(土)
宿泊プランURL:
https://bit.ly/3jIKN3e
※本プランにはGo To トラベルキャンペーンが適用されます
※本プランは必ず事前予約が必要です

■各社代表のメッセージ
●ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん 総支配人 巽 陽一(たつみ よういち)

未曾有の感染症が発生する以前より、長野県大町市という手つかずの自然が残されたポテンシャルを秘めたディスティネーションでIHG(R)として初めてのマウンテンリゾートを共に創造したいとGOLDWIN様にご相談させていただいており、包括的な取り組みが本イベントを皮切りに2社で実現できることを心から嬉しく思っています。マウンテンリゾートホテルとして、単なる宿泊だけでなく、「ホリデイ・インリゾート」ブランドが得意とするお子様連れのご家族を中心とした多様なゲストタイプに対し、広大な空間で、世界的感染症で大きく変わった人々のライフスタイル、ステイスタイルに適した高付加価値の「わくわくドキドキの発見と冒険が詰まった滞在体験」を提供できるよう地域のハブスポットとしての役割を担っていきたいと考えています。インターナショナルホテルチェーンとしてのノウハウを生かし、観光活性化、雇用機会の創出はもちろん、環境を保全しながら地域のサステイナブルな観光誘客を押し進めたい所存です。
GOLDWIN様はかねてより、白馬・大町にて環境保全活動、次世代育成等に先駆者として取り組まれています。我々は後発ではありますが、この大町市を中心に共に活動し周辺地域を豊かに盛り上げ、第一弾のワーケーション訴求に続き、今後も四季折々、多様なターゲット層に合わせた大町ならではの体験を含めた施策を展開していく予定でございますので、中長期的な我々の本活動にご注目いただけますと幸いです。

●株式会社ゴールドウイン THE NORTH FACE
第一事業部マーケティンググループ マネージャー 田中 博教(たなか ひろみち)

この度、ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん様と包括的な新しい取り組みを実施できることを嬉しく思います。2019年11月頃、IHG(R)として初めてのマウンテンリゾートを作りたいという想いを伺いました。信濃大町は弊社GOLDWINの創業の土地富山とも隣接しており、所縁のある土地です。私どもとしましてもこのエリアは大切な地域であり、一度お話しをお聞きし、弊社でサポートできることがあれば是非ご一緒しましょうとお話ししたのを覚えています。
第一弾のワーケーションプランでは、2つのアウトドアアクティビティをご提供しましたが、これからも四季・季節に応じた最適なアクティビティをご用意し、THE NORTH FACEのアスリートをお招きするなど、THE NORTH FACEにしかできない高い体験価値を生み出せればと思っております。
今回の協業に関しては、今後も信濃大町の素晴らしい自然がまだまだ多くの可能性引き出してくれそうだなと感じております。コロナ以降の新たな働き方、自然との向き合い方、生き方様々なものが変わりつつあると思いますが、ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん様とともに、私たちは自然・アウトドアを通じて皆様の日々の生活をより良いものにできるようサポートしてまいります。

【概 要】
名称:ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん
総支配人:巽 陽一
所 在 地:〒398-0001 長野県大町市平2020
電話番号:0261-22-1530
アクセス:
電車をご利用の場合
JR松本駅経由 松本駅→JR大糸線信濃大町駅下車後、タクシー又は路線バス日向山高原下車(約15分)
JR 長野駅経由 北陸新幹線長野駅→特急バス「ホリデイ・インリゾートくろよん」停留所下車
車をご利用の場合
東京よりお越しの場合
中央道にて長野道を経由し、安曇野IC→北アルプスパノラマ道路~県道大町扇沢線
関越道にて上信越道を経由し、長野IC→白馬長野有料道路~県道大町扇沢線
大阪よりお越しの場合
名神~中央道にて長野道を経由し、安曇野IC→北アルプスパノラマ道路~県道大町扇沢線
飛行機をご利用の場合
松本空港よりお車で所要時間約1.5時間 (交通事情による)

ホテル公式ホームページ:https://kuroyon.holidayinnresorts.com/
ご 予 約:0120-056-658(IHG・ANA・ホテルズ予約センター)

ホリデイ・インホテルズ&リゾーツについて:
ホリデイ・インブランドは、1952年より世界中で、「Joy of Travel」をコンセプトにたくさんの旅行者たちをお迎えしてきました。グリーンのアイコニックなサインが特徴的なホリデイ・インホテルズは、心温まるサービスとコンテンポラリーなデザインでビジネス、レジャー、そしてファミリーに思い出に残る体験をお届けしています。ホリデイ・インホテルズでは、仕事や遊ぶために必要なアメニティをはじめ、子供は朝食無料となるフルサービスのレストラン、ミーティングやビジネス設備や快適にお過ごしいただけるパブリックエリアなど、ご旅行をより楽しいものにする設備をご用意しています。詳細は、IHG公式サイトwww.ihg.com または、ホリデイ・インブランド公式サイト:www.holidayinn.comをご覧ください。

IHG(R) / IHG・ANA・ホテルズグループジャパンについて:
IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ) は、下記の幅広いホテルブランドのポートフォリオを有する、インターナショナル企業です。
シックスセンシズ ホテルズ リゾーツ スパ, リージェント ホテルズ&リゾーツ, インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ, キンプトン ホテルズ&レストランツ, ホテル インディゴ, EVEN ホテルズ, HUALUXE ホテルズ&リゾーツ, クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ, voco™, ホリデイ・イン ホテルズ&リゾーツ, ホリデイ・イン エクスプレス, ホリデイ・イン クラブバケーションズ, avid ホテルズ, ステイブリッジ スイーツ, Atwell スイーツ, キャンドルウッド スイーツ
世界約100ヶ国に5,900ホテル、884,000室を展開するグローバルホテルオペレーターです。さらに、世界、約1,900軒のホテルが開発中となっています。また、IHGのロイヤリティプログラム、IHGリワーズクラブは、世界最大級のロイヤリティプログラムで、現在、世界1億人を超える会員の皆様に様々な特典をお楽しみいただいております。InterContinental Hotels Group PLCは、グループの持株会社であり、英国に設立、英国およびウェールズに登録されています。現在世界中のIHGホテル及びコーポレートオフィスには、400,000人を超えるIHGチームメンバーがおり、日々世界中から集まるお客様をお迎えしています。
日本国内では、2006年12月に、IHGとANAの業務提携によるジョイントベンチャー会社、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンを設立。2019年12月現在、国内33ホテル、約10,000室を展開しています。その内、9軒がインターコンチネンタル、19軒がANAクラウンプラザ、5軒がホリデイ・インのブランドの下に運営しています。また、2020年1月には新規ブランドとしてホテルインディゴ箱根強羅を開業。さらに2020年には、ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん、KIMPTON SHINJUKU TOKYO(キンプトン新宿東京)、2021年には、ホテルインディゴ犬山有楽苑、2022年にはインターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾートの開業を予定しております。
<2019年12月31日現在>
IHGグローバルサイト: www.ihg.com
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイト: www.anaihghotels.co.jp
IHGグループサイト: www.ihgplc.com

【株式会社ゴールドウイン概要】
歴史は、戦後まもなくの1951年富山県小矢部市にてメリヤス業を営む株式会社津澤莫大小(メリヤス)製造所を設立したことからはじまりました。立ち上げ翌年よりスポーツウエア専業メーカーとして事業を続け、東京オリンピックの前の年である1963年に社名を現在の株式会社ゴールドウインに改めました。古代ギリシャではオリンピックの勝者を「ゴールド・ウイナー」と呼称するのですが、選手たちに「ゴールド・ウイナー」になってほしいという想いからの社名変更でした。翌1964年の東京オリンピックではゴールドウイン製品が競技ユニフォームとして採用され、体操、バレーボール、レスリングをはじめとする、金メダリストの8割が当社のユニフォームを着用していました。 その後、エレッセ、ダンスキン、ザ・ノース・フェイス、ヘリーハンセン、スピードなど、世界の一流スポーツブランドと提携を結び、日本におけるスポーツ用品メーカーの地位を築いてまいりました。

【THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)概要】
THE NORTH FACEは1966年、米国のカリフォルニア州サンフランシスコで創業しました。高品質のグースダウンを惜しげもなく使用したクオリティの高いスリーピングバッグ、ダウンパーカの原形ともいえるシェラ・パーカ、世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」などが多くの方に受け入れられています。一切の妥協を許さず、高機能を追求し、テクノロジーの限界に挑戦し続けてきた世界のアウトドア・ブランドです。

企業プレスリリース詳細へ
(2020/11/02-21:16)

クレジットソースリンク