東洋経済オンライン

京都駅前に停車する高野山行き高速バス(筆者撮影)

9月半ば、京都で京阪の路線バスに乗車した際、車内の「京都~高野山高速バス直通便!」と大きく書かれたチラシが目にとまった。世界遺産に登録された寺社が点在する京都と、こちらも世界遺産に登録されている高野山(「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の1つ)を直通で結ぶバスが走っていることに驚いたのだ。

そういえば、夏に知床を訪れた際にも、女満別空港と知床探勝の中心ウトロを直通で結ぶバスが走っているのを見て、改めて世界遺産の集客力の底力を垣間見た気がした。そこで今回は、「世界遺産に直行する高速バス(および長距離バス)」にフォーカスしてみたい。

京都と高野山を2時間40分で結ぶバス

チラシが目にとまった京都と高野山を結ぶ直通バスは、実は昨年から運行を始めた路線である。昨年の初運行は9月18日から11月30日までの秋の観光シーズン限定であったが、今年もまったく同日程で季節運行されている。

京都駅の八条口を午前9時20分と15時10分の2便、高野山発も奥の院前を9時20分と16時発の2便、あわせて1日2往復を京阪バスと南海りんかんバスがそれぞれ1往復ずつ担当する。

京都から高野山まで鉄道で向かおうとすると、京都から大阪まではJR京都線、大阪で大阪環状線に乗り換え、新今宮で南海電車に乗車、高野線の終点極楽橋からケーブルカーに乗り、さらにそこでバスを乗り継いで、ようやく山上の宗教都市高野山にたどり着く。

(筆者撮影)

京都~大阪間を新快速、新今宮~極楽橋間で快速急行を使っても3時間ほどかかり、しかも4回の乗り換えは慣れないと気苦労をともなうものだ。

高速バスは京都駅前を出発すると、ほどなく上鳥羽出入口から第二京阪道路に入り、高速京田辺バス停に停車した後、近畿道、阪和道経由で、岸和田和泉ICから一般道に入り、高野山を目指す。片道2500円、WEBやコンビニでも予約可能だ。

10月の平日の朝、八条口の乗り場に行ってみると、9時20分発のバスに10人ほどの乗客が乗り込むところだった。京都も高野山も外国人に人気が高く、昨年は外国人客の利用も多かったとのことだが、今年はインバウンドがほぼ消滅していることから、すべて日本人であった。

高野山へは、京都便とまったく同じ時期に関西空港からの直通バスも走行しているし、高野山から途中の護摩壇山での乗り換えを挟んで、「紀伊山地の霊場と参詣道」の中心的な資産ともいえる熊野本宮大社を結ぶ路線バスもある。鉄道を使わなくても世界遺産の周遊ができるほど、バス路線の整備が進んでいるのだ。

また、高速バスではないが、奈良県の近鉄八木駅から十津川村、熊野本宮を経て、世界遺産の「新宮速玉大社」がある和歌山県新宮市までを結ぶ奈良交通の「八木新宮特急バス」は、一般道だけを走る路線バスの日本最長路線として、よくメディアにも取り上げられている。

世界遺産直行バスの老舗「石見銀山号」

こうした世界遺産への直行高速バスの嚆矢(こうし)のひとつが、広島駅と世界遺産「石見銀山とその文化的景観」の中心、大田市大森地区を結ぶ「石見銀山号」である。

バスは石見銀山の先、大田市のバスターミナルまで運行されており、1日2往復。午前便は広島駅を10時に出発するが、これは東海道新幹線の東京駅始発となる「のぞみ1号」(東京駅発6時00分、広島駅着9時49分)に接続する。

2007年に世界遺産登録された「石見銀山遺跡とその文化的景観」(写真:tenjou/PIXTA)

東京から石見銀山へは、羽田から出雲空港まで航空機を使えば一気に近くまで行けるが、出雲空港から公共交通を使おうとすると、バスでJR出雲市駅へ出て山陰線に乗り換え、大田市駅から石見銀山まで再び路線バスに乗り換える必要があるため、出雲空港行きの初便に乗っても、石見銀山到着は昼前後になる。乗り換えの少ない広島からの高速バスは、使い勝手のいい路線なのだ。

石見銀山の世界遺産登録は2007年だが、登録の機運が盛り上がり注目されるようになった頃から、JR中国バスが広島から銀山への運行を始め、それが現在の石見銀山号(石見交通とイワミツアーの共同運行)に引き継がれている。

高速バスによるアクセスが重要な足となっているもう1つの世界遺産は、岐阜県の白川郷である。

白川郷では「合掌造り集落」が世界遺産登録されている(筆者撮影)

冬は雪に閉ざされ、秘境とも言われる荻町の合掌造り集落が富山県側の五箇山とともに世界遺産に登録されたことで、すぐ近くを東海北陸道のインターチェンジができ、それにともなって名古屋から直行の高速バスが運行されるように。現在1日8便が往復している。

筆者も昨年(2019年)白川郷を訪れた際には、名古屋からの高速バスを利用した。所要およそ2時間40分、運賃は片道4000円である。新型コロナウイルス流行前だったので、バス内にも外国人の姿が多かった。

名古屋と白川郷の中心となる荻町は、実は世界遺産の登録前からバスで結ばれていた。1966年に開業した、当時の国鉄バスと名鉄バスの名金急行線である。主に国道156号線沿いの集落ごとに停車していた長距離路線バスで、このバスの車掌が御母衣(みぼろ)ダム建設で沈む桜の木を沿線に移植、その沿道が「さくら道」と呼ばれるようになったエピソードでも知られた路線である。

白川郷のバス停(筆者撮影)

現在、荻町の集落の入口に造られた白川郷バスターミナルには、名古屋への高速バスのほか、金沢への高速バス、高山までの路線バス、富山側の五箇山から高岡までを結ぶ加越能バスの「世界遺産バス」など、各地へのバス路線網が充実し、インバウンドで観光客が殺到していた白川郷の公共交通の重責を担っている。

ほかにも世界遺産観光に便利なバスが目白押し

こうした路線のほか、2013年に世界遺産となった富士山へは、吉田口の五合目まで登山シーズンにバスタ新宿から中央道、富士スバルライン経由での高速バスが運行されているし(今年は登山の全面的な禁止で休止)、岩手県の平泉へは仙台駅前から一ノ関駅までの東日本急行バスが路線を延伸する形で、中尊寺の前まで一日数往復の運行を行っている。

中尊寺は東日本随一の平安仏教美術の宝庫としても知られる(ジャバ/PIXTA)

中尊寺へ鉄道を使う場合は、東北新幹線の停車駅である一ノ関駅から在来線に乗り換え平泉駅で降りたのち、さらにバスを乗り継ぐ必要があり、仙台からの直行バスは有効な移動手段となる。

さらに、冒頭で触れたように、知床への足として東京や名古屋からの玄関となる女満別空港から直行バスが運行されているのは、観光客にとってはありがたい路線であろう。この直行バスがないと、空港から網走駅まで行き、JR釧網線で知床斜里駅まで行って斜里バスの路線バスに乗り換えるという手間がかかる。

この「知床エアポートライナー」は、沿線に高速道路がないため一般道の走行だが、知床には札幌から高速バスが1往復乗り入れている。道央道と旭川紋別道を経由する斜里バスによる「イーグルライナー」である。

こちらは、小清水、斜里両町の住民も利用する都市間バスの性格も帯びているが、ウトロでは主要なホテルに巡回して停車するなど、観光客の利便性を図っている。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

札幌発の便は夜行で朝知床に着き、帰路はそのまま昼行便として折り返す変則的な運行だが、朝早く知床に着いて丸1日観光できるという点では、観光客には便利な路線だ。

高速道路網の充実と観光地としての世界遺産の認知、インバウンドの増加などで路線網を拡大した「世界遺産高速バス」。しばらくインバウンドは期待できないが、日本人観光客にも便利な路線として、今後の世界遺産登録地の拡大とともに、さらに増加する可能性がありそうだ。

クレジットソースリンク