WBFホテル&リゾーツは、「新大阪エリア最高層」となる地上32階建てのホテル「ホテルWBF新大阪スカイタワー」を1月18日に開業した

 WBFホテル&リゾーツは、「新大阪エリア最高層」となる地上32階建てのホテル「ホテルWBF新大阪スカイタワー」を1月18日に開業した。

 客室数は400室で、デザインコンセプトは「侘び寂び -Wabi Sabi and Shibui- 」。高い機能性と和のイメージを融合し、快適性や居住性を追求した客室と、五感を刺激するレストランやルーフトップバーなどが組み合わさったホテルだ。

1階レセプションフロア

「ホテルWBF新大阪スカイタワー」概要

開業日: 2020年1月18日
所在地: 大阪市淀川区西中島7-4-20
アクセス: 御堂筋線新大阪駅から徒歩約1分、JR新大阪駅から徒歩約5分
建物: 地上32階建て
客室数: 400室
Webサイト: ホテルWBF新大阪スカイタワー

レストラン&ルーフ トップ バー

レストラン「La Stella(ラ・ステラ)」

 最上階は、新大阪エリアで最高層というその展望を活かし、32階にレストラン「La Stella(ラ・ステラ)」、屋上にルーフ トップ バーを設けた。食事の提供は、和洋60種の朝食ビュッフェとディナーで、ドリンクやデザートをルーフトップバーに持って上がり、大阪の夜景を眺めながら楽しむこともできる。

オープニングレセプション

 内覧会を開催した1月14日には、関係者をレストランに招いてのレセプションも行なわれた。レセプションではWBFホールディングス代表をはじめ、設計や施工に関わった企業の代表らがあいさつし、また立食パーティとあわせてアーティストによるライブペイントが披露された。

 WBFホールディングス 代表取締役社長の近藤康生氏は、このプロジェクトが約4年前にスタートしたことを明かした。当時、急激に伸び始めたインバウンド需要を支えるホテルが圧倒的に不足しており、近藤氏にも「これからはホテルだ」という認識があったという。具体化したのは、大阪商工信用金庫のアイデアと仲介で新大阪にホテル用地確保の見通しが立ったことで、その後は日企設計による設計監修、日本国土開発による施工管理といったさまざまな縁と支援があり、ホテルの開業に至った。

 WBFグループでは、今後も大阪エリアでホテルの開業が続く。近藤氏はこれらも念頭に、「こうして立派な32階建ての、当社としても旗艦店となるホテルがオープンできました。現在、新大阪ならびに大阪エリアにはホテルが多く建ち、競争が激しくなっております。しかし我々は、1人でも多くのお客さまが楽しんで、選んでいただける遊び心のあるホテルづくりを目指しました。これからの厳しい競争のなかで、新大阪を代表するホテルと認識していただけるよう頑張ってまいりたいと思っています」と述べた。

WBFホールディングス株式会社 代表取締役社長 近藤康生氏

 続いて、大阪商工信用金庫 会長の片桐陽氏、設計監修を行なった日企設計 代表取締役の玉岡順石氏が祝辞を述べ、施工管理を担当した日本国土開発 建築事業本部副本部長の依田耕一氏が乾杯の音頭を取った。

大阪商工信用金庫 会長 片桐陽氏。「観光は今後日本の大きな産業の一つとなる。そのなかでも新大阪エリアは交通の要衝であり、このホテルは必要不可欠な存在となる」と述べた

「日本経済はまだ不安定だがホテル産業は成長分野。レジャー産業のような一過性のものではなく将来性がある」と話す、株式会社日企設計 代表取締役社長 玉岡順石氏

あいさつに続き、乾杯の音頭をとった日本国土開発株式会社 建築事業本部 副本部長 依田耕一氏

 レセプションでは、余興としてアーティストMOMOCO氏がライブペイントを披露した。MOMOCO氏は壁画、パッケージデザインなどさまざまな表現を行なうが、なかでも大きな壁面に大胆で躍動感のあるアートを短時間で描くライブペイントは見る人の心を惹きつける。今回は黒のキャンバスを使用し、建物の壁面塗装などに使用するローラーだけで「夜空にそびえ立つホテルWBF新大阪スカイタワー」を描きあげた。

ファンションデザイナーを経て、2017年より画家としての活動を行っているMOMOCO氏。新御堂筋沿いに建ち、青のLEDで夜空に浮かぶ姿を描いた。使用する色は白と青のみ。ローラーだけで一気に描き上げていく

 レセプションの締めくくりに、ホテル総支配人の森康氏があいさつした。

 森氏はこのホテルについて、2017年9月15日の着工から約2年4か月の建設期間を費やしたことに触れ、多くの関係者の力を結集し、また近隣にも迷惑をかけたとしたうえで、「(ホテル事業)は地域共生の事業ですので、地域の皆さまと協力しながら、新大阪地域、大阪の活性化に貢献していきたい」と述べた。

 今回のプロジェクトでは森氏自身が開発担当・総支配人を務めることで一貫した取り組みができたという。こうして開発時の意図に沿った「快適性、機能性、居住性を追求したホテル、また五感を刺激するレストランができました」と森氏。また、今後の抱負については、「お客さまのニーズをしっかりとらえて、常に(お客さまから)求められるようなホテルづくりをしていきたいと考えています」と述べた。

ホテルWBF新大阪スカイタワー 総支配人 森康氏

 インバウンドが旺盛な関西の都市部では、現在も相次いでホテルの開業が続いている。なかでも新大阪エリアは、関西国際空港にやってきた外国人が新幹線で全国に出かける出発点であり、また大阪に仕事やレジャーで訪れる日本人にとっても旅先の拠点として便利な位置にあるため、ここ数年大手ホテルブランドの進出が目立つ。そのなかでもホテルWBF新大阪スカイタワーは、駅からのアクセスのよさや新大阪エリア最高層からの眺めが楽しめるレストラン、ルーフトップバーなど、一歩抜きんでた存在といえるだろう。


クレジットソースリンク