12月14日15時に開通を控えた東海環状自動車道 大野神戸IC~大垣西IC間が報道陣に公開された

 国土交通省とNEXCO中日本(中日本高速道路)名古屋支社は、12月14日15時に開通する東海環状自動車道(C3)の大野神戸IC(おおのごうどインターチェンジ)~大垣西(おおがきにし)IC間を事前公開した。

 東海環状道は、中京圏に位置し、新東名高速道路(E1A)と接続する豊田東JCT(愛知県)から、西側は新名神高速道路(E1A)に接続する新四日市JCT(三重県)まで中京圏をぐるりと囲むように計画された高規格幹線道路だ。

 愛知県、岐阜県、三重県、3県にまたがった延長約153kmは新東名、新名神のほか、東名・名神高速道路(E1)、中央自動車道(E19)、東海北陸自動車道(E41)といった中京圏から伸びる放射状道路を連結する機能を持つ。なお、今回で開通延長は約7割の100.4kmとなり、100kmを超えている。

 開通する大野神戸IC~大垣西ICの延長は7.6km。東海環状道は全線片側2車線、計4車線で計画されているが、今回この区間は上下線とも1車線ずつの対面通行となっていて、その工事はおおむね終了しており、あとは路面清掃などを残すのみとなっていた。

今回開通する大野神戸IC~大垣西IC間の延長は7.6km

大野神戸IC

大野神戸IC

 最初に見学した大野神戸ICは主に料金所付近。料金所は入口2レーン、出口3レーン。入口はどちらもETCレーンとして使用できるが、どちらのレーンにも通行券の自動発券機を備えている。なお、左ハンドル車用の発券機が設置されるのは左側の1レーンのみなので注意が必要だ。

 3レーンある出口のなかでETCレーンとして使用できるのは左端を除いた2レーンだが、1番右側のレーンはETC専用、中央のレーンは収受員も対応するレーン、一番左側のレーンはETC非対応で料金の精算機が設置されている。身体障害者手帳への対応は、収受員の対応だけでなくこの機械でも可能だ。

大野神戸ICは入口2レーン、出口3レーン

 なお、24時間体制で対応するために収受員ほか職員が利用する建物の後方には発電設備が備わっており、停電時、料金所およびその周辺の電気をまかなうようになっているとのことだ。

緊急時の電源を確保する発電設備

開通道路の設備について説明してくれた中日本高速道路株式会社 名古屋支社 岐阜工事事務所 所長の片寄学氏


クレジットソースリンク