JR東海とJR東、静岡DCアフターキャンペーン 静岡の魅力を提案



トレインさんの鉄道フォト

©トレインさん

静岡県、JR東海、JR東日本は、2020年4月1日(水)から6月30日(火)にかけて、「静岡デスティネーションキャンペーンアフターキャンペーン」を開催します。2018年のプレキャンペーンから3年にわたり展開した静岡デスティネーションキャンペーンと同じく、「風景」「食」「歴史・文化」の3つをテーマに特別企画、観光列車、ウォーキングイベントなど静岡県の魅力を楽しめる旅を提案します。

特別企画は、久能山東照宮夜間特別拝観「天下泰平の竹あかり」を巡る着地型ツアーバスや願成就院特別拝観のほか、日本夜景遺産である岳南電車で、夜景観光士の乗務員による解説を受けながら車窓から工場夜景を眺める人気企画「夜景電車」なども実施します。

また、静岡県内各地のDC特別企画を楽しめる観光列車を8種類、計11列車を運行します。運行は、「しずおかグルメ列車~クロージング列車~」、「IZUCRAILE(伊豆クレイル)」、「サフィール踊り子」、「特急富士~富士山満喫トレイン~」、「ホビーのまち静岡トレイン」、「焼津ミナミマグロ満喫」号、「遠州三山風鈴まつり」、「アメイジングガーデン・浜名湖」です。

ウォーキングイベントは地域の自治体等と連携し、予約不要で気軽に参加できます。JR東海では「さわやかウォーキング」として、同キャンペーン記念コースを計12コース、JR東日本では「駅からハイキング」として同キャンペーン記念コースを伊豆地域で計5コース開催します。

また、フリープランの「ふじのくに家康公きっぷ」付き商品、特急「サフィール踊り子」利用商品、見どころ満載の同キャンペーンエスコートプランを各種、販売します。

なお、2月10日(月)からは、静岡県の観光情報やキャンペーン期間中に開催される特別企画・イベント情報等を掲載したガイドブックを、JR東海、JR東日本の主な駅や旅行会社などで順次配布します。このほか、「静岡DCフォトコンテスト」の応募作品等を活用したポスターを2種類作成し、JR東海とJR東日本の主な駅に掲出します。

観光地の玄関口として整備を進めてきた伊東線伊東駅の改装が2020年3月、完了します。伊東駅では、5月30日(土) に「伊豆クレイル」や「リゾート21キンメ電車」の車両を展示するイベントも開催予定です。


クレジットソースリンク