2021/07/16 12:00 ウェザーニュース

今週に入って梅雨明けするエリアが増えてきました。長かった梅雨がようやく終わりを迎えたかと思えば、ゲリラ豪雨が増えるなど、何かと雨に悩まされる日々が続いています。

この時期は、空は晴れているのに雨が降っている気象現象も見られ、「天気雨」と呼ばれるほか、「狐(きつね)の嫁入り」という風雅な呼び名にもなっています。ウェザーニュースでは、この「晴れているのに、雨が降るときの表現は?」というアンケートを実施しました。

その結果、全国では「天気雨」が54%、「狐の嫁入り」が44%と、「天気雨」が多数派でしたが、地域別でみると関西では「狐の嫁入り」が83%と圧倒。北陸でも関西に近い福井・石川県が70%以上、東海・中国でも60%前後と、他の地域に比べて明らかな差が見られました。

西日本ではこの現象をなぜ「狐の嫁入り」と呼ぶのか、また、呼び方の地域性について、歳時記×食文化研究所の北野智子さんに考察していただきました。

『美しい日本語の辞典』(小学館)/『柳田国男監修 民俗学辞典』(東京堂出版)/『知識ゼロからの妖怪入門』(小松和彦・幻冬舎)/『俳句歳時記 第四版増補 冬』(角川学芸出版編)

クレジットソースリンク