ポスタービジュアル

44回目を迎える今回は、日本のまん中 愛知県にて開催。食品製造加工分野を始めとして、労働力不足・省人化を解決する自動化の最先端「エンジニアリング・ロボット・IoT分野」、HACCP導入に役立つ「衛生対策・管理分野」など全19分野に合計692社が出展。今回は愛知開催ということもあり、地元愛知県をはじめ中部・東海・北陸エリアからは124社が参加しています。

本展示会の特徴である商談率の高さもさることながら、出展社同士の商談も活発に行われ、食品製造業の事業所数・従業員数ともに全国トップランク(第2位※)を誇る産業首都・愛知での開催が、新たなビジネスを切り拓く機会創出の場となるよう努めてまいります。

そして最先端の製品、技術、サービスの展示と併せ、Withコロナ、アフターコロナの社会に対応した新たな発想力による食の技術の提案を通じて、食品産業界全体の発展に貢献する総合展示会を目指します。

また、政府・自治体・日本展示会協会策定の「COVID-19感染拡大予防ガイドライン」に則った「新しい開催様式」のもと、新型コロナウイルス感染症防止対策を主催者・出展社が一体となり徹底し、安心してご来場いただけます。

展示会場に集結する最新鋭の製品やサービス等が、来場される多くの皆様が新たな食ビジネスの創出や展開のチャンスを得られることを願っております。

FOOMA JAPAN 2021 (国際食品工業展)の特色・見どころ

1)食品製造業の事業所数・従業員数が全国トップランク(第2位※)産業首都・愛知で開催!

FOOMA JAPAN初の愛知県での開催!日本のまん中!中部国際空港に直結した立地。日本各地からアクセスしやすい日本最新の設備を誇る愛知スカイエキスポに692社の出展社が集結。

愛知スカイエキスポ初の単一展示会の全館使用となります。

※出典:(一社)食品産業センター 平成30年度版「食品産業統計年報」(2016年/従業員数4人以上の事業所)

2)Withコロナ・アフターコロナ時代の食品産業に新たな発想。

新型コロナウイルス感染症の影響により食生活の変化、デジタル化の進展、リモートワークの浸透によるライフスタイルの変化に伴う消費者ニーズの多様化・高度化に合わせ、食品製造現場でも自動化

 ・省人化・長期保存技術・衛生性・生産性の向上は喫緊の課題であり、新たな発想による製造加工へ向

けてのソリューション提案を通してビジネスの新たな発想の起点となる「場の創出」をしていきます。

3)最新・未来を提案するFOOMA JAPAN

エンジニアリング・ロボット・IoT分野の内、ロボットメーカ―をホールAに集中。課題解決に役立つ多様な製品が一堂にご覧いただけます。まさに食品ロボットファクトリー。またロボットから食産業の未来を解く「フードロボティクスセミナー」や「GFSI(世界食品安全イニシアティブ)セミナー」などFOOMA特別セミナーを開催し、食品関連業界のさらなる発展を後押しします。

 

2019会場風景012019会場風景01

2019会場風景022019会場風景02

4)FOOMA JAPANの新たな取り組み。「愛知ならではの地域連携企画」地元食材と出会う・食する!

 
新たな取り組みとして地域との連携により「食の見本市in知多半島」と題し、愛知県や知多半島の食材や加工食品などのBtoB商談見本市を開催します。また知多半島産食材を使用したレストラン 「C’est Bon Chita (セボン知多)」を特別オープン!

さらに、「アーカイブセミナー」「360°バーチャルツアー」「デジタルバイヤーズガイド」の導入など新たな時代に呼応した取り組みも行ってまいります。

5)FOOMA JAPAN初の愛知県での開催! 日本最新、愛知スカイエキスポ全館約60,000平方メートルを使用

愛知スカイエキスポAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)全館約60,000平方メートルを使って開催します。日本最新設備が整ったエキシビションセンターは、全会場でWi-Fiが利用可能。来場者にとって新しくきれいで便利な会場です。

また、中部国際空港に直結し、空港から徒歩5分という立地から日本の各都市からのアクセスが便利で日帰りも可能です。

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)外観Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)外観

 

 

FOOMA JAPAN 2021 (国際食品工業展) 開催概要

名  称:FOOMA JAPAN 2021 (国際食品工業展)

     2021International Food Machinery & Technology Exhibition

目  的:食品機械・装置及び関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層

     の発展に寄与することとし、「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、

     製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案する。

会  期:2021年6月1日(火)~4日(金)の4日間 10:00~17:00

会  場:愛知スカイエキスポ (Aichi Sky Expo 愛知県国際展示場)全館使用

     〒479-0881 愛知県常滑市セントレア5-10-1(中部国際空港(セントレア)に直結、徒歩5分)

規  模:692社/3,541単位(26,557.5平方メートル)(3/17現在)※出展社数は共同出展社を含む

来場者数:100,680人(2019年実績)

入 場 料:1,000円(税込)※事前登録者は無料。

※ FOOMA JAPAN 2021より完全来場事前登録制に変わります。

テ ー マ:発想力が食の未来を変えていく。

主  催:一般社団法人 日本食品機械工業会

後  援:経済産業省、農林水産省、厚生労働省、愛知県、日本貿易振興機構(順不同・予定) 

公式サイト:https://www.foomajapan.jp/

※来場者向けの情報公開、来場事前登録は4月1日(木)からとなります。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響等で、展示会の開催日時、場所、方法等に変更がある場合がありますので予めご了承ください。

食品製造プロセスの上流から下流まであらゆる分野の製品や技術およびサービスなどが一堂に「食の技術」の総合トレードショーに相応しい出展社/692社が愛知スカイエキスポに集結。

分野別出展社数(共同出展社含む)と展示品

●原料処理  36社 1,350平方メートル

混合・攪拌・混練機、粉砕・分級・造粒機、ふるい機・網、乾燥機、殺菌装置、熱交換機、脱水機、ニーダー、ホモジナイザー、開袋機など

●食品製造・加工

「菓子・パン」 63社 3,375平方メートル

オーブン、ミキサー、焼成機、成形機、デポジッター、ドゥコンディショナー、 蒸し器、包・製あん機、コーティング機、テンパリング機、スライサー、製パンラインなど

「食肉・水産物」42社 2,595平方メートル

スライサー、カッター、チョッパー、ダイサー、テンダーライザー、ミキサー、成形機、ソーセージ・ハム充填機、ハンバーグ成形機、インジェクター、スタッファー、タンブラー、魚体処理機、燻煙・熟成室など

「麺類」 10社 420平方メートル

製麺機、即席麺製造プラント、パスタ製造機、餃子・ワンタン・焼売・包子製造装置、茹上機など

「調理食品」 33社 2,505平方メートル

オーブン、フライヤー、炒め機、蒸し機、焼成機、加熱攪拌機、炊飯機、寿司・おにぎり製造機器など

「飲料・乳製品」 15社 855平方メートル

飲料プラント、濾過装置、果汁飲料製造装置、搾汁機、飲料充填機、飲料滅菌装置、濃縮装置・乳化装置など

「農産物」 32社 1,132.5平方メートル

   野菜・果物洗浄機、精米機器、洗米機、カッター、スライサー、千切り機、皮むき・芯取り機、選別機、異物除去装置など

「豆腐」 5社 60平方メートル

豆腐プラント、豆乳プラント、脱臭機、フライヤー、油揚製造機、湯葉製造機、焼豆腐製造機、豆腐用型箱、納豆製造機など

「発酵・醸造」 2社 135平方メートル

蒸留装置、圧搾機、均質機、乳化装置、発酵用タンク、発酵室、製麹機など

「その他食品」 4社 52.5平方メートル

卵割機、ゆで卵殻剥機、油濾過機、油塗装置、食品用印刷機、高圧食品製造機など

●エンジニアリング・ロボット・IoT 55社 1,665平方メートル

ピッキングロボット、パレタイジングロボット、協働ロボット、システムインテグレーション、IoT/M2Mシステム、トレーサビリティ、RFID関連機器、EDI(電子商取引)対応システム、工場設計・設備エンジニアリング、HACCP管理システム、計測・制御システム、販売管理ソフト、生産管理・支援ソフトなど

●鮮度管理・品質保持 17社 690平方メートル

予冷・冷凍・冷却・凍結装置、解凍装置、チラー、冷蔵・保冷庫、貯蔵設備、紫外線・オゾン応用装置、殺菌・滅菌装置、空調装置など

●包装・充填 107社 5,460平方メートル

各種包装機器、充填機、計数・計量機、結束機、シーラー、インクジェットプリンター、印字機、ラベルシール機、包装資材など

●保管・搬送・移動 47社 1,432.5平方メートル

コンテナ、コンベア、ベルト、チェーン、リフト、選別機、運搬車両、ホース、ポンプ、タンクなど

●計測・分析・検査 36社 1,215平方メートル

 計測機器、分析機器、検査機器、検出機器、測定・試験機器、画像処理機器、センサー、異物検査・除去装置など

●衛生対策・管理 75社 1,710平方メートル

施設・容器・器具洗浄機器、機能水生成装置、クリーンルーム、シートキャッチャー、ユニフォーム、異物・害虫混入防止機器・装置、洗剤・薬剤、衛生資材など

●環境対策・リサイクル 40社 517.5平方メートル

排水処理装置、エネルギー有効利用システム、ごみ処理装置、コンポスト化機器・システム、乾燥機、再資源化処理装置・技術、減容機器、リサイクル機器、汚泥処理装置・技術など

●設備機器・技術・部品 63社 1,305平方メートル  

ボイラー、バルブ・継手、ノズル、タンク、ホース、モーター、潤滑油、添加剤、熱風発生機、膜および膜利用技術、フィルター、床材、監視カメラ、LED照明など

●情報サービス・団体 10社 82.5平方メートル

新聞・雑誌・書籍・映像、調査・研究・試験、団体・機関、自治体など

合計 692社 26,557.5平方メートル

※2021年3月17日現在

出展社数割合出展社数割合

食品製造加工分野内訳食品製造加工分野内訳

●ビジネスに役立つセミナー・シンポジウムをはじめイベントなど詳細はプレスリリースをご覧ください。

https://prtimes.jp/a/?f=d56459-20210318-5814.pdf

この度「FOOMA JAPAN 2021 (国際食品工業展)」に関する情報を提供している公式サイト( https://www.foomajapan.jp/)に、報道関係者向けの専用ページ「Press Room」を2021年3月18日(木)より開設し、プレスリリース、展示会のロゴデータや画像類、出展社情報など様々な情報提供を開始します。

▼名 称:「PressRoom」(FOOMA JAPAN公式サイト内)

▼URL :https://www.foomajapan.jp/pressroom/

▼コンテンツ内容:●プレスリリース●ロゴキット●写真・エレメント素材●出展社情報など

▼報道関係者共通ID: fooma2021press

▼報道関係者共通PW: Fjpr1m

 

クレジットソースリンク