新型料理人オーディション番組「DRAGON CHEF 2021」

情熱を持った日本全国の若き料理人の登竜門・新型料理人オーディション番組「DRAGON CHEF 2021」が4月3日(土)、公式YouTubeチャンネル、公式Twitterライブの生配信で「サバイバルラウンド」へと進出する16人を発表する。

「DRAGON CHEF」とは、夢と情熱を持った40歳未満の料理人たちがNo.1の称号と優勝賞金1000万円を目指して龍が如く駆け上がる、いわば料理人の「M-1グランプリ」。ここでは、先日開催された東海・北陸エリア予選の模様をレポートする。

料理人人生をかけて勝負に臨んだ精鋭8人

名古屋市中区の「ニチエイ調理専門学校」で開催された同予選。出場者は東海・北陸の各県予選を突破した8名で、そのうち女性が3名。ジャンルは和食にフレンチ、イタリアン、スパニッシュ、フュージョンとさまざまで、どんな料理が生まれ、どんな戦いになるのか、まったく予測のつかない顔ぶれが揃った。

エリア予選の課題は、“神食材”「名古屋コーチン」「越前ガニ」「加賀れんこん」を使った三段重の“神弁当”。ニチエイ調理専門学校の調理室を使用し、2時間の制限時間内で持てる力のすべてを料理に込める。栄えある初代チャンピオンを目指し、自身の培った技術と感性を三段重に込めて戦う貴重な機会となった。

【写真】「名古屋コーチン」「越前ガニ」「加賀れんこん」を使った三段重の“神弁当”

“神弁当”を審査したのは、名古屋マリオットアソシアホテルの中国料理「梨杏」料理長・木下貞三氏、ニチエイ調理専門学校イタリア料理専任教授・篠田真理氏、“神食材”である名古屋コーチンの生産者・杉本康明氏の3人。そして、エリアアンバサダーを務めるお笑いコンビ・ニューヨークの2人も試食に参加した。

名古屋マリオットアソシアホテルの中国料理「梨杏」料理長・木下貞三氏
ニチエイ調理専門学校イタリア料理専任教授・篠田真理氏
“神食材”である名古屋コーチンの生産者・杉本康明氏

ニューヨークの2人はもちろん、名古屋コーチンの専門家である杉本、さらには料理のプロである木下や篠田までも「初めての味」という独創性にあふれる料理が数多く登場した、東海・北陸エリア予選。「少し火入れが甘いかな」「風味が少し弱い」といった繊細なジャッジコメントもあったが、すべての神弁当に笑顔がこぼれ、審査員たちは8名のシェフが込めた思いのすべてを堪能したようだ。

ニューヨークインタビュー

「M-1」同様に、「DRAGON CHEF」でも“審査の順番”が重要だと語ったニューヨーク

――ニューヨークのお2人は普段、料理を作ったりしますか?

【屋敷】たまにパスタ作ったりとか、自炊することはあります。

【嶋佐】 ぼくは一人暮らしをして15年ぐらい経ちますけど、まったくしたことがなくて、家には包丁や鍋、炊飯器など炊事用具は一切ないです。なので料理人さんのことはリスペクトしています。ありがたいですし、かっこいいです。やっぱ料理は大事です!

――予選をご覧になって特に印象に残った料理は?

【嶋佐】今回の東海・北陸エリア予選はフレンチの方が4名いたんで「フレンチうまっ」て思いましたね。フレンチ食べに行きたいですね、コロナが明けたら。最近、収入も増えてきたんでね(笑)。

【屋敷】フレンチと言ってもいろいろ種類がありましたね。同じフレンチでも全然違う料理で、それもびっくりしました。普段、フレンチを食べに行ったりしませんからね。今日、人生でいちばんフレンチ食べましたもん。

【嶋佐】今日のおかげで、コロナ明けたらフレンチしか行かないと思います(笑)。いや、全部おいしかったですけどね、フレンチもイタリアンも和食も。

【屋敷】ただ、それを審査するのは難しかったですね。ぼくほとんど差つけられなかったですもん(笑)。

――「M-1グランプリ」ではトップバッターを務めたこともあるお二人ですが、審査の順番は影響がありましたか?

【屋敷】トップバッターのほうがお腹が空いてるからおいしく感じるのかなと思ったりしていたんですけど、後半でお腹いっぱいになっても、意外と「あ、これはちょっと違った味や」とか「これ好きや」とかはわかりましたね。

【嶋佐】例えば和食の次に和食がくるのと、フレンチが続いた後に和食がくるのとかね。

【屋敷】それでいうと、7番目ぐらいで「インスタントラーメン」出てきたら一番点数高かったかもしんないっすね(笑)。

【嶋佐】いやぁでもほんと今日は、おいしい料理を食べさせていただき、最高でした!

【屋敷】ただただ、めっちゃおいしかったですね。

【嶋佐】しかも、今日は新しいギャグまでできたんでね(その模様はYouTubeにて)。これからはどんどん食レポの仕事でもやっていきますんで。

【屋敷】ダメダメ、意味わからんやん。

【嶋佐】「DRAGON CHEF」のためにも、はやらせていきたいと思います。

【屋敷】いや、はやりませんからね。

【嶋佐】ドラゴン、ボーノ!!

次のステージ、サバイバルラウンドに進むのはわずか16名。エントリーした761名の頂点に輝き、優勝賞金1000万円をゲットするのはどの料理人か。激戦のエリア予選の結果は4月3日(土)、「DRAGON CHEF 2021」公式YouTubeや公式Twitterの生配信にて発表される。

東海・北陸エリア予選の模様はYouTubeで視聴できる

クレジットソースリンク