Amazonは3月9日、東海・甲信越・北陸・近畿地方を中心に「スーパーマーケットバロー」を239店舗展開するバローホールディングス(以下:バロー)と、生鮮食品のオンライン販売において協業し、東海地方における生鮮食品の最短2時間配送サービスを今夏を目途に開始予定であると発表した。「Amazonプライム会員」向けサービスとして、バローの実店舗で取り扱う生鮮食品を販売する。

同サービスの提供にあたり、Amazonとバローは、2021年の夏を目途に「Amazon.co.jp」のWebサイトおよび、「Amazonショッピングアプリ」上にバローのストアをオープンする。ストアで注文を受けると、バロー店内の専門スタッフが購入者に代わって商品を選び、Amazonの配送ネットワークにて配送する。今回の協業により、対象エリアの「Amazonプライム会員」は、バローの実店舗において普段から慣れ親しんでいる商品を「Amazon」上のバローのストアにおいてオンラインでも安心してご購入し、Amazonの配送ネットワークを通じて注文から最短2時間で受け取ることができるようになる。

サービスの提供地域は東海地方。まずは愛知県名古屋市の一部エリアにおいて開始し、配送エリアをその後順次拡大していく予定としている。東海地方におけるAmazonを通じた生鮮食品のオンライン販売・配送サービスの提供は初の試みとなる。また、バローとしても、愛知県において、一般の消費者が個人単位で利用でき、自宅において受け取ることのできるネットスーパーの展開は今回が初となる。

今回の取り組みに伴い、アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は、「地域に根差した企業であるバローとの取り組みを通じて、東海地方にお住まいのプライム会員のお客様に生鮮食品の最短当日配送サービスをご提供できるようになることを大変嬉しく思います。Amazonは今後もプライムの利便性向上を図るとともに、日々の生活に密接した生鮮食品のお買い物がより便利になるよう、サービスの向上に努めてまいります。」とコメントした。

バローホールディングスの田代 正美代表取締役会長兼社長は、「Amazonへの出店というかたちで、バローがお客様への新たなサービスを提供できることを大変嬉しく思います。Amazonプライム会員の皆様にも、いつもと変わらないバロー、あるいは初めてのバローでのお買い物を楽しんでいただき、食べて美味しい価値ある食材を食卓へお届けできるように、しっかりと準備を進めてまいります。」と述べた。

クレジットソースリンク