東京ディズニーランドホテル「ディズニー美女と野獣ルーム」

客室数: 計52室
定員: 大人3~4名
広さ: 51m 2
料金(1室): 5万7700円~

 東京ディズニーランドに隣接する「東京ディズニーランドホテル」での館内も、新施設のオープンを記念したデコレーションに。「New Dreams, More Fun!!」のフラッグや、新オープンしたアトラクションのイラストがデコレーションされている。客室に備えつけられているペーパーバッグや、限定デザインのポストカード4枚もこの「New Dreams, More Fun!!」のデザインで提供する。

東京ディズニーランドホテルの館内も新施設のオープンを記念したデコレーションに

もともと吹き抜けに設置されている回転木馬のデコレーションも、実は美女と野獣がテーマ。この機会に改めてチェックしてみたい

チェックイン時に訪れるフロントは、感染症対策でスタンディングマーカーが提示されている。公式サイトから予約した場合はオンラインチェックインがお勧め

 同ホテルの全706室の客室のうち、52室はキャラクタールームの「ディズニー美女と野獣ルーム」。客室内は、豪華でクラシカル。壁紙はどれも凝っていて、特にデスクまわりなどにあるベルの好きな本がずらりと並んだ壁紙は、ルミエールやコグスワースがいたりとにぎやかだ。

 デスクに添えられたイスも、よく見ると足置きにされた犬の「サルタン」そのもので思わず笑顔になってしまう。東京ディズニーランドホテル特有の、壁のくぼみに作られた「アルコーヴ」も本がずらりと並んだ壁紙で飾られ、思う存分本が読めそうな豪華なスペースに仕上がっている。ベッドの足元を飾るベッドスローも本を読むベルのシルエットがデザインされ、本が好きなベルにとって夢のような空間が広がっている。

 ベッドのヘッドボードには、魔法のバラがステンドグラス風に表現され、じゅうたんにもバラの紋様が。天井には美女と野獣の城のボールルームをイメージしたシャンデリアが輝いている。よく見ると、シンプルな壁紙にも隠れルミエールやコグスワースがいるのでぜひチェックしてみよう。

 洗面所のガラスは「魔法の鏡」の形でなんとも豪華。壁紙もポット夫人たちが散りばめられている。バスルームのドアもステンドグラス風でとても美しい。アメニティキットはミッキーマウスやドナルドダックたちが描かれた東京ディズニーランドホテル共通のデザインだ。

 映画「美女と野獣」の城の中に紛れ込んだかのような豪華な客室に、映画の印象的なシーンが取り入れられた「ディズニー美女と野獣ルーム」は、パークで体験する「美女と野獣」の世界をさらに美しい思い出にしてくれる。主人公のベルになった気分で過ごすことができる部屋をゆったり楽しみたい。

 ディズニーホテルに宿泊したゲストが一般のゲストよりも15分早く入園できる「ハッピー15エントリー」は現在実施していないものの、ディズニーホテルに宿泊したゲストなら「1デーパスポート(入園日はチェックイン日を除く滞在日)」を1名につき1泊1枚、宿泊ホテルで購入できる。すでにチケットが売り切れの日もディズニーホテルに宿泊していれば購入できるので安心だ。ただし、年間パスポートや日付指定のないオープン券などでは入園できないので注意しよう。

 また、各ホテルの一部のカテゴリー(東京ディズニーランドホテルなら「コンシェルジュ」か「スイート」のみ)では、さらに入園時間指定パスポート(10月30日までにチェックインの場合は14時~、10月31日以降にチェックインの場合は12時~)も1名につき1枚購入できる。

 なお、10月1日から東京発着の旅行もGo To トラベルキャンペーンの対象になったが、ディズニーホテルも、旅行会社/オンライン旅行会社を通した予約であればGo To トラベルの対象となる一方、ディズニーホテルを直販する「東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト」からの予約はGo To トラベルキャンペーンの対象とならない。

「ディズニー美女と野獣ルーム」のようなディズニーホテルの人気が集中する部屋を土日に予約するのは厳しいが、旅行会社へまったく提供されていないわけではなく、まれに提供されてすぐに売り切れることの繰り返しだそうだ。また、Go To トラベルの地域共通クーポンで利用エリアに「千葉県」が含まれる有効期限内の電子クーポンや紙クーポンも、東京ディズニーセレブレーションホテルをのぞく、デラックスタイプのディズニーホテルの、多くのレストランで利用できる。こちらもぜひ有効に活用しよう。


クレジットソースリンク